2019年2月16日 (土)

★S社のスイッチャー★北陸重機重連No.15の小変化と異種重連

 四日市の近鉄塩浜駅近くにある石油元売会社S社の製油所には、JR貨物塩浜駅から専用側線が引き込まれており、石油製品が貨車で発送されています。専用側線内の車両入換は、日通が所有するスイッチャーによって行われます。

No15_14_2018new01

 2018年末仕事納めのあと、青春18きっぷで東海道を下り、四日市に一泊してスイッチャーを撮ってきました。2017年から2018年にかけて、改造のため近鉄塩浜検修車庫に入場していた北陸重機工業製のスイッチャーNo.14が出場し、No.15と再び重連を組んで運用を始めたので、遅まきながら訪ねたというわけです。塩浜駅では、上写真手前の製油所側先頭がNo.14(2018年出場)、駅側がNo.15(2017年出場)の順になります。

No15_14_2018new02

塩浜駅を出発し製油所へ向かう石油貨車(空車)編成。ここではDD51重連との並びがお馴染みの光景でしたが、JR貨物の本線貨物列車もDF200牽引のものが増えてきました。DF200は、北海道の石油輸送全廃で余剰となり、川重兵庫で軽軸重化改造のうえ200番台に区分され愛知機関区所属になった車両が充当されています。

No15_14_2018new04

製油所から石油を積載した貨車を引き出す際に先頭になるのが、上写真手前のNo.15です。

No15_14_2018new05

2018年末の四日市訪問の収穫は、二つあります。一つ目が上写真。右奥をよく見ると、東急電鉄から養老鉄道へ譲渡された元東急7700系電車が庫から顔を出しているのが見えるでしょうか。この時の7700系はちょうど、塩浜検修車庫での養老鉄道向け改造工事を終え、近畿車輌製の標準軌用仮台車を履いて、牽引用電車モトを連結し待機している状態でした。スイッチャーとのツーショットは貴重です。

養老鉄道への発送(塩浜→桑名)は2019年1月4日深夜に実施されています。今後も、全般検査などで7700系が塩浜検修車庫まで来ることがあれば、また近鉄モト+東急電車の走行シーンが見られるのでしょうか。

●2018年出場のNo.14と、実は小変化したNo.15

No15_14_2018new03

 2018年に出場したNo.14は、2017年出場のNo.15と外観上の大きな差異はありません。LEDライト装備は入場前からですので、ボディの緑色部分が泡緑色に変わったくらいです。強いて変更点をあげれば、煙突の先端が延長されて直角に曲がった向きが、No.15とは逆であることくらいです。

……と、言いたいところですが、実はなんと2018年に出場したのとは異なる方、すなわち2017年出場のNo.15にも、小変化があったのです。この記事の3枚目の写真をよく観察すると、分かるかもしれません。これが二つ目の収穫ですね。

No15_14_2018new11

いきなり答えになりますが、No.15の直角に曲がった煙突の先には、煙を拡散せず特定の方向に流すための板が取り付けられていたのです。この板は、2017年にNo.15が出場した際には存在しなかったので、出場後に取り付けられたものですね。

No15_14_2018new12

反対側から見るともっと分かりやすいでしょうか。どこかのDIYショップにでも売ってそうな金具で取り付けてありますね(笑) No.14の方にはまだ付いていないので、今後どうなるか興味深いです。

●No.14不在時の、日立製作所製スイッチャーとの異種重連運用

 2017年には、No.14不在時にNo.15と日立製作所製No.11による異種メーカー製スイッチャー重連運用が見られました。

北陸重機重連の場合、BP・MRPなどブレーキ管の引き通し以外に、エンジン制御系のジャンパ連結器も接続しているため、重連総括制御が可能で、実際にしています。この記事の写真2枚目、4枚目を見ると分かるのですが、駅に向かう際も製油所に向かう際も、運転士がキャブの中に乗っているのは駅寄りのスイッチャーだけで、製油所寄りのスイッチャーのキャブの中は無人です。でもエンジン音はしますし煙もはくので、重連総括運転をしていますね。

これに対し、異種重連の場合はどうでしょう。

No15_14_2018new13

日立と北陸重機の重連時は、両方のスイッチャーに運転士が乗っているのが分かります。異なる角度からの写真も見てみましょう。

No15_14_2018new15

日立のキャブにも1人、

No15_14_2018new14

後ろの北陸重機のキャブの中にも1人いますね。それでは、気になる連結部を見てみましょう。

No11no15_doubletraction

この通り、BPの引き通しのみで、MR管や制御系のケーブルは一切接続されていません。つまり重連総括制御が構造上できないため、運転士2人により協調運転をしているわけです。連結した貨車を含めた貫通ブレーキ(自動空気ブレーキ)だけは、一方の機関車から一律で制御できますが(SL+DLの重連と同じ)、MR管の接続がないので重連機関車のみの単独ブレーキが総括制御できず、少し使い勝手が悪くなりそうですね。

日立のNo.11の運転台にはブレーキ弁は1個しかないのですが、たしかブレーキ弁の下の方にレバーがあり、ブレーキホースへの空気の経路を絶ち単独ブレーキとしても使用できるようになっていたと思います(若干、記憶が曖昧ですが)。日立同士の重連ならば、機関車だけの単独ブレーキとして使えると思いますが、異種重連の場合はこのレバーは無意味な装備となりそうです。

Hitachi25tb_incab

レバーってどんなもの?という興味のある方のために、日立製スイッチャー(某保存車)のキャブの中を見てみましょう。上の金色がブレーキ弁で、下の白いレバーが今は閉塞状態で単独ブレーキ、時計回りに90度回し解放で貫通ブレーキ(自動空気ブレーキ)です。

他所の専用鉄道では、レバーを解放し自動ブレーキ弁として使用している例もありますので、こちらの記事などで確認してみてください。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2)

2019年2月14日 (木)

■京葉線新木場-蘇我間開業30周年■記念ヘッドマーク付列車運行中

 昨年の記事で京葉線新木場延伸開業に言及しましたが、2019年1月現在、記念ヘッドマーク付の列車が運行中です。

Keiyo30ans

京葉線は、もともと京成が路線新設を計画し免許申請までしていた区間に、後から国鉄が東京外環状線と称する貨物線(のちの東海道貨物線東京タ-浜川崎-鶴見間、武蔵野線、京葉線)を計画し、これと入れ替わりで京成が身を引いた結果、最終的に国鉄の旅客営業路線として開業したという経緯があります。国鉄京葉線の沿線に、京成の子会社であるオリエンタルランドが運営する東京ディズニーランドがあるのは、その名残です。

Keiyo30anshm

ヘッドマークは、再来週2月28日まで掲出される予定です。該当は1編成のみで、毎日運行しているわけではありませんので、狙うならお早めに。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

■TRAIN SUITE四季島■常磐線・武蔵野線を走行

 運行日や運行ルートも謎に満ちた、JR東日本のクルーズ列車「TRAIN SUITE 四季島」。土曜日に出かけた際に偶然出会った方に、近所に来るという話を聞き、時刻も教えてもらえたので、今日は少しだけ出かけることにしました。

20190211_4season1

2019年2月11日は、常磐線を上ってくるスジでした。Twitterで目撃情報をチェックすると、友部駅ホームの電光掲示板に表示された発車時刻「10:49」というのが聞いたのとドンピシャだったので、安心して待つことができました(疑っていたわけではありません(^^ゞ)。 東邦号を時々撮る馴染みの場所で1回、更に新松戸で乗り換え…

20190211_4season2

船橋法典で2回目。この日は武蔵野線・京葉線経由で房総方面へ向かうコースだったようです。小田急複々線化完了時のダイヤ改正で、常磐緩行線の日中12分ヘッドだったパターンダイヤが10分ヘッドに変わり、同じ10分ヘッドの武蔵野線と接続が良くなったお蔭で実現した、短区間追っかけ。四季島をちゃんと撮ったのは今回が初めてかもしれません。今度は景色の綺麗な場所でも撮ってみたいですね。

それにしても、前面は見れば見るほど、某汎用人型決戦兵器に似ていますね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

★門司港レトロトロッコ★桜の季節

 2018年3月31日に門司港を訪ねました。主目的は、翌朝にHD300形にリプレイスされた大牟田の入換を見物することでしたが、ちょうど桜の時期に重なったので、以前から気になっていた場所へ向かうことにしました。

20180331_mojikoretro1

目当てのレトロ地区付近の桜並木はもう散りかけていましたが、諦めずにノーフォーク広場まで向かうと、線路沿いと斜面に綺麗に咲いていました。

20180331_mojikoretro2

JR貨物の終点、外浜駅付近も僅かながら散らずに咲いたまま残っていました。なかなかこの時期に九州に来ることがないので、やっと撮れたかという感じですが、同じ日に小倉地区の桜並木も撮れたので、実りある旅行になりました。門司港の北九州銀行レトロラインは、平成30年7月豪雨で雨ヶ窪付近が土砂崩れを起こし、一時不通になっていました。今年の運行は来月から開始するようですので、機会があれば再訪したいですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

■常磐・総武線のEF65形貨物列車■2日連続の国鉄色PF続行運転

 ここ一か月間、インフルエンザが流行っていますね。私の周りでも、同じ事業部のメンバーが代わる代わるダウンしています。私自身は昨年11月下旬に予防接種を受けた効果なのか、いまのところ罹患していないようです。が、スキトラした相手がインフルでダウンしていくので、もう2か月以上有休を取ることができない状態です。先週木曜日も、本来は休む予定だったのですが、私しか対応できない依頼が来てしまったので、午後半日出勤して対応しました。

Ef65213919013101

 先週1月31日木曜日は午前中に小岩にいました。総武線沿線に出たのは、およそ6~7分差で立て続けにやってくる1093レと1091レが両方とも国鉄色PFだったためです。まず、鹿島サッカースタジアム(神栖)行1093レには2139号機が充当。

Ef65209119013102

後続の千葉貨物行1091レには2091号機が充当。この列車の特徴は千葉貨物寄り3~4両目に食品関係の荷が載っていることです。「千葉製粉」のホッパーコンテナUT20A5000番台は小麦粉専用なのですが、稀に「向後スターチ」の水飴専用ホッパーコンテナUT9A5000番台が載っており目を惹きます。もちろん、水飴は毎日ではありません。

Ef65209119013103

この日は3両目と4両目に積載。銀色が千葉製粉、スキッド(台座)のみ緑が向後スターチです。千葉製粉は、京葉臨海鉄道食品北駅(既に廃駅)から分岐する専用線の荷主で、貨物好きはすぐにピンとくるかもしれません。コンテナの行先は東青森とのことなので、納品先は山崎製パン十和田工場かもしれません。確証はありませんがそう考える根拠は、もう一つの重要取引先である(まるちゃん 赤いきつねと緑のたぬきで有名な)東洋水産の工場が青森には無いからです。向後スターチは総武本線干潟駅近くに旭工場がありますね。直線距離では県境を跨いで神栖に行った方が近い場所ですが(苦笑)、現状のように千葉貨物までトラックで運んだ方が、どう考えてもリードタイムは好転しそうですね。

Ef65209219020101

2月1日金曜日は、本来休めるはずだった前日午後に出勤したので、その分という建てつけで午前中に休みを取り、常磐線沿線へ。千葉貨物行の1091レを狙うと、今度は2092号機でした。ここは定員1名のエグい場所で足場も悪いため、集団で近寄るのは控えましょう。ケーブルの影無くマトモに撮れるのは夏・冬のみです。夏は両パン引き、冬は中パンでベスポジです。それ以外の条件ではどこでシャッターを切っても串パンか車体に影がかかります。春・秋は画面左上に見えるケーブルの影が車体中央にかかるため、曇らない限りどこでシャッターを切ってもNGです。要するに撮影地ではありません。

ちょうど駅間中央のため、駅まで歩くと25~30分かかってしまうのですが、徒歩10分でとあるバス停に行けます。そこからバスに乗り、とあるバス停で降りると徒歩5分でここに着けます。

Ef65209119020102

前日も撮影した場所で、前日と同じ列車を撮ります。まずは1093レ。この列車は前日の1091レに充当された機関車が当たるので、順当な流れで2091号機になります。

Ef65209219020103

その数分後に予定通り1091レが2092号機牽引で来ました。常磐線で撮ったのを先回りして総武線でも撮れます。前述のバスは途中、新金線の有名撮影地「細田踏切」のすぐ脇を通るので、新金線沿線へ先回りすることもできますし、高砂で京成に乗り換えれば京成八幡から本八幡へ移動して前面に陽がまわる角度でも撮れます(この日は時間の制約から本八幡・下総中山へは行きませんでしたが)。色々と使い勝手の良い路線ですが、1091レが来月のダイヤ改正で新金線・総武本線を通らなくなるらしいので、いまとなってはあまり役に立たない情報かもしれません(苦笑)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

【くろがね線を読み解く】第283回 ■8090列車と8087列車

 黒崎発の150mレール輸送列車170レ(北九州タより8090レに継送)は、行先が越中島貨物の場合、相模貨物から当日の8087レに継送されて新小岩まで運行される。これらの列車は、2016年3月のダイヤ改正で登場して以降、何度かブログ記事にも登場しているが、今回は未発表の写真を何点か紹介する。

150m_ef6626_160904
■8090レは、西浜松行に代表される21両編成が最長。EF66 26牽引。    2016年9月4日、岩国-広島タ

 8090レの運行開始当初は、吹田機関区のEF66形やEF200形電気機関車が割り当てられることも多かった。

150m_ef66124_160605_0040
■相模貨物発新小岩信行8087レは、8090レの牽引機が新鶴見まで担当することが多い。  2016年6月5日、相模貨物-大船

必ずというわけではないが、越中島貨物行は関東に日曜日にやってくることが多かったので、午後に時間があるときは平塚や小田原方面に出向く機会もあった。

150m_ef2002_160710_0036
■EF200-2牽引の8090レ。EF200の充当は、もはや過去帳入りしつつある。     2016年7月10日、熱海-小田原

8090レは山陽・東海道本線の試運転をEF200が担当したこともあり、やはり運行開始当初に頻繁に見られたEF200形との組み合わせがしっくりくる。

150m_ef6633_161120_3245r
■EF66 33牽引の8090レ。                    2016年11月20日、熱海-小田原

機会は少ないものの、EF66形0番台が充当されることもあった。

150m_ef6633_2_161120_3324
■EF66 33牽引の相模貨物発新小岩信行8087レ。             2016年11月20日、熱海-小田原

最近EF66形0番台牽引シーンを見ていないが、もうなくなってしまったのだろうか。

150m_ef66121_170212_3115
■EF66 121牽引の8090レ。富士山バックは冬場の快晴の日が美しい    2017年2月12日、三島-熱海

最近は、EF66形100番台が充当されることが多い気がする。

150m_ef66121a_170212_3135
■EF66 121牽引の8087レ。                    2017年2月12日、大船-横浜羽沢

昨年2018年は、中国地方の豪雨により山陽本線が長期間不通になっていたため、8090レの運行回数も前年比較で激減している。毎年1月~3月ダイヤ改正までの間は運行回数の減る8090レであるが、夏の輸送不足分を補うような動きを見せるのか、興味深い。

150m_ef652088_190120
■EF65 2088牽引の8087レ。                  2019年1月20日、新座タ-越谷タ

2016年3月ダイヤ改正で運行開始した、相模貨物発新小岩信行8087レは、当初は新鶴見から先は新鶴見機関区のEF210形電気機関車が牽引していたが、2017年3月ダイヤ改正以降は新鶴見機関区のEF65形が充当されることが多い。先日、EF65PFに代わって以降初めて撮る機会があった。今後国鉄色が増えてくれば、再チャレンジしてみたい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2)

2019年1月27日 (日)

【くろがね線を読み解く】第282回 ■4番扉前からの遠望

 運河の対岸から僅かに見えるY製鐵所小倉地区であるが、接岸している船舶がおらず、対岸に障害物が置かれていない場合に限り、編成を正面寄りから撮れる場所がある。知る人ぞ知る、4番扉の前である。

D506bousen01

私が見に行った日は、D506がビレット積載貨車1両を推進して、横持用ストックヤードへやってきた。

D506bousen02

長編成だと、最後尾の機関車が見える前に先頭の貨車が柱の陰に隠れてしまうため、貨車1両でないと収まらない。

D506bousen03

貨車を切り離し、単機で戻るD506。

D506bousen04

普段の場所へ追いかけて移動して見ると、このようなアングルとなる。日立製機関車D506とD503の違いについては、以前紹介したが、同じアングルで比較されたい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

■JR貨物EF65PF■広島更新色2127号機

 JR貨物所属のEF65形電気機関車のうち、広島車両所で更新工事を施行された車両は前面貫通扉が黄土色に塗装され「広島更新色」として親しまれています。もう残り1両となりましたが、先週土日に常磐線と総武本線を日中に走行する運用に就いていたので、近所で撮ってきました。

Ef6521271091180113

13日土曜日は、隅田川発千葉貨物行の1091列車に、

Ef6521271093180114

14日日曜日は、越谷貨物ターミナル発鹿島サッカースタジアム(神栖)行1093列車に充当。運よく近場を休日の明るい時間帯に走ってくれたのは有難かったです。

1091列車の方は、来る3月のダイヤ改正で新金線経由から武蔵野線経由に変更され、現状の金町・新小岩での2回のスイッチバックが越谷タでの1回で済むようになるとの情報があります。もしその通りになれば、日中の新金線の貨物列車が、また一つ姿を消すことになりますね。上りは現状通り新金線経由のままのようですが。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

【くろがね線を読み解く】第281回 ■小倉地区の機関車D108

 Y製鐵所小倉地区の機関車の中から、今回はD108を紹介する。

D108_skk01

D108は、Y製鐵所小倉地区で唯一の、日立製2軸機関車である。1970年に小倉製鉄所へ新製配置された25t機で、以来余所へ転出することなく活躍を続けている。2016年に見かけた際は、上のように住友金属物流の前身であるエスケイケイ物流の塗装(クリーム色と紫色、台枠ゼブラ)のまま使用されていた。一見するとロッド駆動の丸屋根の規格型に見えるが、キャブ妻面中央の窓間に3つ目の窓があるなど、カスタマイズ部分も見受けられる。

D108_skk02

後位側からみても、やはり両窓間に3つ目の窓がある。諸元は以下の通り。

  • 記号番号 : D108
  • 製造年月 : 1970年4月
  • 製造者  : 日立製作所
  • 製造番号 : 13110
  • 自  重  : 25t
  • 車軸配置 : B
  • 最終動力伝達方式:ロッド駆動
  • エンジン : ニイガタDMH17C (180PS/1500RPM)
  • 液体変速機:ニイガタDB115
    ※エンジンは竣工時のもの。後年になり機関換装している可能性もある。

D108_skk03

小倉地区の2軸の機関車は、4軸の機関車とは運用が異なるようで、岸壁の見える場所まで出てきてくれることはほとんどない。2015~16年頃に、異なるタイミングで現地を訪問した複数のウォッチャーから目撃報告が集中した時期があり、おそらく4軸の機関車が検査や故障等の理由により運用を離脱していて、代走していたのではないかと思われる。かくいう私も、ビレット積載貨車1両を入れ換えている場面を2016年に撮影している。

D108_ywt01

2017年に入ってから、Y製鐵所戸畑・八幡両地区の機関車に似た4色塗装へ変更され、ボンネット両脇の台枠上に手すりが増設された。それを除くと外観に大きな変化はないが、他の新塗装の機関車にあるキャブ側面の社名標記が、このD108には無い。

D108_ywt02

前面から。ボンネット先端にLEDライトが2灯取り付けられたようだ。当初より製鉄所向けの機関車のため、端梁には貫通ブレーキのコックすら存在せず、のっぺりしている。小倉製鉄所は、かつて国鉄小倉駅から分岐する専用鉄道を所内に引き込んでおり(末期は浜小倉駅分岐)、貨車で原材料の受入れや製品の発送を行っていた。国鉄貨車を入れ換えるので、ブレーキホース取付有無はともかく、貫通ブレーキは装備していても不思議はなさそうだが、この機関車を含めて所内の全機関車が未装備のようである。

●住友金属工業小倉製鉄所専用鉄道廃線跡

 小倉製鉄所専用鉄道は、トワイライトゾーンマニュアル6によると少なくとも1983年(昭和58年)まで国鉄浜小倉駅分岐扱いで取り扱いを継続していた。国鉄と製鉄所の間の貨車の授受線のあった場所は、山陽新幹線と国道199号線の下敷きになり痕跡はあまり残っていないが、山陽新幹線と国道199号の間に残る細長い敷地に住友金属物流(現 日鉄住金物流西日本支店八幡営業所)の事務所があったり、住金小倉の不動産部門としての役割を担っていた小倉興産の建物(24号館)があったり、よく見れば跡地を転用したと思われる痕跡も散見される。また西小倉駅の北出口の跨線橋の下にあるスペースは、授受線の南側の一部で、そこから浜小倉駅に向かって訓練用の線路や資材置き場、JR九州小倉き電区などが帯状に連なっている。これも跡地の転用かもしれない。

当の専用鉄道本線はというと、国道が専用鉄道をオーバークロスする形で建設されたので、鹿児島本線から小倉製鉄所に向けて単線分のトンネルが用意され、2018年現在でも当時を偲ぶことができる。トンネル入口は、鹿児島本線西小倉駅上り線ホームの博多寄り先端から辛うじて見える。出口は社有地内にあるが、見通しが良いので下のように遠望することはできる。

Kokura_senyoutetudou

●留意事項

 聞くところによると、機関車を正面から見るアングルの場所は2017年度下半期頃から立ち入りが厳しくなっている模様で、樹木伐採による死角の除去(見える化)、フェンスの向こう側を通りがかった所員から注意されデジカメのSDカード初期化、テナントスタッフによる巡回声掛け注意、監視カメラ設置など規制が強化されているとの情報もある。機関車は他の場所でも撮れるので、近付かないのが無難であろう。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

★150万アクセス突破★臨9794列車

 以前も紹介した配給列車(配6794列車)は原則日曜日運休なのですが、今日はなぜか運転されていました。

Ef652117eh50072

日野に用事があったので帰りに西国分寺に寄り、キャッチ。EF65形2117号機がEH500形27号機を回送する列車ですが、配給ではなく臨9794列車という臨時貨物列車なのだそうです。なかなか奥が深いですね。

 さて弊ブログ、150万アクセスを超えたものの、昨年秋頃から1日当たりのアクセス数が徐々に減っています。背景には、速報ではブログはTwitterにかなわないので使い分けが進んでいることが挙げられると思います。専用線の情報も、最近ではGoogleで検索するよりTwitterで検索した方が最新情報を得られることが多いです。さりとて、もともとこのブログは速報記事を出すような使い方はしていないので、今までと変わらず、深さと構成で差別化を図っていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

«◆ドイツ鉄道◆151形電気機関車