2019年3月31日 (日)

■JR九州大村線■春の訪れ

190330_seasideliner_sakura

週末の土曜日は長崎を訪ねました。路面電車の長崎電気軌道が保有する動態保存車両150形151号、700形701号、1050形1051号の3両が、維持困難のため今年度末で引退するのを記念して、続行運転のパレードがあるというので撮りに行きました。その様子は別途紹介しますが、今回は長崎市内から長崎空港へ向かう途中で見つけた、さくら撮影スポットを紹介します。

長崎空港は、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、長崎市内には無く、長崎と佐世保の中間付近に位置する大村市にあります。中心の大村駅は、長崎と佐世保を大村線経由で連絡している快速シーサイドライナーの停車駅でもあります。ひねくれ者の私は、空港リムジンバスで直行するのが面白くないので、長崎駅から快速シーサイドライナーで大村駅下車、空港へ向かう途中で撮影を楽しむことにしました。大村駅から空港へは毎時2本の路線バスで所要約10分ですので、アクセスは問題ありません。

諫早から大村まで前面展望していると、お立ち台のような神社の境内がみつかり、背後の山に桜が咲いていることが分かりましたので、ガラガラと大きい鞄を転がしながら、目的地へ。草刈りがしっかりなされているので、良い絵になりました。キャパも横並びで20人分くらいありそうです。この神社の下の交差点付近にバス停があります。今回の長崎訪問は、2001年5月以来ですから18年ぶりですが、次回訪ねるときは帰りにここで撮影するのをデフォルトにしても面白いかもしれません。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

【くろがね線を読み解く】第286回 ■八幡地区の横持レール貨車

 世界遺産の旧本事務所眺望スペースの前には、製造が終わり発送される前の様々な製品を積んだ貨車が留置されている。

Railgreen01

製品の中でもレールはポピュラーで、25m定尺レールは、3軸ボギー台車を持つ80t積の長物車(台車の心皿が車体の台枠とは分離しているので、大物車の一種?)に積載されている。

通常、レールの端面は無着色だが、製品によっては赤や青、緑色に着色されていることがある。

Railgreen02

何度も訪問していると、このようなレールに遭遇することもある。

Railgreen03

50N LD と陽刻があるので転炉で製鋼された50Nレールということになる。2019年2月製造。社紋はマルエス・フジエスの新日鉄時代のまま変わっていない。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

◆阿武隈急行◆新系列AB900形電車登場

 2019年3月3日日曜日、早朝に武蔵野線で東京メトロ東西線用(元有楽町線用)07系電車の甲種輸送を撮影後、一路北へと向かいました。

Ab90001

福島駅で、福島交通・阿武隈急行両鉄道全線が乗り降り自由となるフリー切符を購入し、梁川車両基地を訪ねたところ、先日金沢八景のJTREC横浜事業所から甲種輸送された新型車AB900系電車を早速見ることができました。新顔は、以前A417系電車が留置されていた線路上にいました。JR東日本E721系や仙台空港鉄道SAT721系、青い森鉄道青い森703系の仲間ですね。

Ab90002

車体は前面パーツを除きステンレス無塗装で味気ない気がしますが、よく見ると、社名の左側に記されたコーポレートマークが8100系電車の緑・青・白のイメージカラーですね。

Ab90003

M車T車の向きも、A417系とは異なりJR車(E721系)と揃えてあります。この車両、全般検査や重要部検査はJR東日本郡山総合車両センターに委託するのでしょうか。なんとなくそんな気がします。

A8100

AB900系の営業運転開始は今年の夏頃らしいですが、車両数が少ないので、この8100系は数年であっという間に置き換えられてしまうかもしれませんね。単一車種の鉄道路線は、新旧両系列が同時に存在する時期が、乗るのも撮るのも一番楽しいですから、そんな限られた時間を楽しみたいと思います。8100系を1~2本国鉄色にしてくれたら尚嬉しいですが…。いや、意外と似合うと思うんですよね(笑)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

◆新金線経由の貨物列車1091レ◆京成タウンバス追っかけ2

 人間ドック受診日は終日出勤扱いとなりますが、空いていれば半日もかからないので、残りの時間は、元気ならば活動が可能です。以前の記事で、京成タウンバス新宿線を活用した1091レ追っかけをレポートしましたが、このバス路線は新金線のルートに近いところを通るので、新金線内で撮ることもできます。

Ef652095_hosoda

隅田川を出て、金町で機回ししてスイッチバックしてきた1091レを細田踏切で撮影。かつては有名な撮影地でしたが、6~8年ほど前でしょうか、踏切に障害検知装置が設置された際に、線路のすぐ脇に発光器が建てられ、画角が大幅に制限されてしまいました。ですので現在では、手持ち1名、脚立を使って2名程度しかマトモに撮ることはできません。が、人がいなければ早い者勝ちでこのように撮れます。この日は、EF65形2095号機が牽引してきました。

撮影後、並走する道路を走るバスに乗り小岩駅北口下車、総武線で本八幡へ向かい、

Ef652095_mywt

新小岩で再びスイッチバックしてきた、千葉貨物行1091レを、先回りして2回目。以前の記事のように、常磐線→総武線ではなく、新金線→総武線を選択するメリットとしては、新金線内のみエンドが逆になるので、わずか1時間足らずの間に両エンドとも順光で撮れることですかね。1091レは、常磐線・新金線・総武線、どこで撮っても順光になる貴重な列車でしたので、今週末のダイヤ改正で新金線を通らなくなるのは寂しいですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

【くろがね線を読み解く】第285回 ■150mレール輸送列車21両編成

 2019年2月24日日曜日、黒崎を定刻に発車した150mレール輸送列車(170レ→8090レ)は、21両編成であった。

170re_19022401
■黒崎発北九州タ行170列車。牽引機はEH500-47。   2019年2月24日

内訳は、JR東日本大宮新幹線保線技術センター向けの東鷲宮行9両+JR東海東京駅品川保線区向けの東京タ行3両(50mレール)+浜松レールセンター向けの西浜松行9両であった。

8090re_19022402
■北九州タ発相模貨物、東京タ行8090列車。牽引機はEF66-118、セノハチの補機はEF67 105。   2019年2月24日

昨夏の豪雨災害で山陽本線が不通になったものの、復旧後には8090列車の広島タ→西条間の瀬野八後部補機がEF67充当に変わっているとの情報を得て、広島まで足を延ばした。土砂崩れの爪痕残る番堂原第四踏切付近で、バイパスの歩道より俯瞰すると、21両編成を牽引機のEF66含めギリギリ入れることができた。八本松変電所も被害を受けたが復旧している。この区間は2019年2月現在でも全列車が徐行運転しているため、通過時刻が所定のダイヤとは若干異なっている。150mレール輸送が西浜松行のみだった2015年度にはよく見られた8090レ21両編成も、2016年3月以降に向け先が増えてからは、かなり運行頻度が下がっている。しかし、例年であればあまり運行されない2月に毎週発送があり、21両編成も見られることを考えると、災害で不通だった期間の分を追加で納品している可能性も考えられる。もう来週末はダイヤ改正だが、ダイヤや機関車の運用がどう変化するのか、大変興味深い。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

【くろがね線を読み解く】第284回 ■スペースワールド跡地にて

190228_kurogane_awspaceworld

 先月、所用で九州へ行った際に1日だけ時間ができたので、くろがね線を訪ねることにした。経験的に、低頻度運転の日でも昼の1往復はあるはずだ。

八幡駅で黒崎発の150mレール輸送列車170レ(北九州タより8090レに継送)21両編成を撮影後、レンタサイクルで八幡地区を巡り、西八幡で貨車を観察後、世界遺産眺望スペースにも寄ってみた。するとどうだろう、機関区には、くろがね線で使用されている電気機関車(85ED-1形)と後部補機のディーゼル機関車(70DD-3形)の姿が見えなかった。姿が見えないということは、八幡のヤード内で入換中か、戸畑行が発車した後ということになる。入換の汽笛の音は聞こえないので運行を確信、戸畑から戻ってくるタイミングを見計らって、スペースワールド立体駐車場が解体されて更地になった場所へ向かい、八幡行を迎え撃つことができた。長編成ならば、橋梁から出てくる構図が狙えるかもしれない。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

★S社のスイッチャー★北陸重機重連No.15の小変化と異種重連

 四日市の近鉄塩浜駅近くにある石油元売会社S社の製油所には、JR貨物塩浜駅から専用側線が引き込まれており、石油製品が貨車で発送されています。専用側線内の車両入換は、日通が所有するスイッチャーによって行われます。

No15_14_2018new01

 2018年末仕事納めのあと、青春18きっぷで東海道を下り、四日市に一泊してスイッチャーを撮ってきました。2017年から2018年にかけて、改造のため近鉄塩浜検修車庫に入場していた北陸重機工業製のスイッチャーNo.14が出場し、No.15と再び重連を組んで運用を始めたので、遅まきながら訪ねたというわけです。塩浜駅では、上写真手前の製油所側先頭がNo.14(2018年出場)、駅側がNo.15(2017年出場)の順になります。

No15_14_2018new02

塩浜駅を出発し製油所へ向かう石油貨車(空車)編成。ここではDD51重連との並びがお馴染みの光景でしたが、JR貨物の本線貨物列車もDF200牽引のものが増えてきました。DF200は、北海道の石油輸送全廃で余剰となり、川重兵庫で軽軸重化改造のうえ200番台に区分され愛知機関区所属になった車両が充当されています。

No15_14_2018new04

製油所から石油を積載した貨車を引き出す際に先頭になるのが、上写真手前のNo.15です。

No15_14_2018new05

2018年末の四日市訪問の収穫は、二つあります。一つ目が上写真。右奥をよく見ると、東急電鉄から養老鉄道へ譲渡された元東急7700系電車が庫から顔を出しているのが見えるでしょうか。この時の7700系はちょうど、塩浜検修車庫での養老鉄道向け改造工事を終え、近畿車輌製の標準軌用仮台車を履いて、牽引用電車モトを連結し待機している状態でした。スイッチャーとのツーショットは貴重です。

養老鉄道への発送(塩浜→桑名)は2019年1月4日深夜に実施されています。今後も、全般検査などで7700系が塩浜検修車庫まで来ることがあれば、また近鉄モト+東急電車の走行シーンが見られるのでしょうか。

●2018年出場のNo.14と、実は小変化したNo.15

No15_14_2018new03

 2018年に出場したNo.14は、2017年出場のNo.15と外観上の大きな差異はありません。LEDライト装備は入場前からですので、ボディの緑色部分が泡緑色に変わったくらいです。強いて変更点をあげれば、煙突の先端が延長されて直角に曲がった向きが、No.15とは逆であることくらいです。

……と、言いたいところですが、実はなんと2018年に出場したのとは異なる方、すなわち2017年出場のNo.15にも、小変化があったのです。この記事の3枚目の写真をよく観察すると、分かるかもしれません。これが二つ目の収穫ですね。

No15_14_2018new11

いきなり答えになりますが、No.15の直角に曲がった煙突の先には、煙を拡散せず特定の方向に流すための板が取り付けられていたのです。この板は、2017年にNo.15が出場した際には存在しなかったので、出場後に取り付けられたものですね。

No15_14_2018new12

反対側から見るともっと分かりやすいでしょうか。どこかのDIYショップにでも売ってそうな金具で取り付けてありますね(笑) No.14の方にはまだ付いていないので、今後どうなるか興味深いです。

●No.14不在時の、日立製作所製スイッチャーとの異種重連運用

 2017年には、No.14不在時にNo.15と日立製作所製No.11による異種メーカー製スイッチャー重連運用が見られました。

北陸重機重連の場合、BP・MRPなどブレーキ管の引き通し以外に、エンジン制御系のジャンパ連結器も接続しているため、重連総括制御が可能で、実際にしています。この記事の写真2枚目、4枚目を見ると分かるのですが、駅に向かう際も製油所に向かう際も、運転士がキャブの中に乗っているのは駅寄りのスイッチャーだけで、製油所寄りのスイッチャーのキャブの中は無人です。でもエンジン音はしますし煙もはくので、重連総括運転をしていますね。

これに対し、異種重連の場合はどうでしょう。

No15_14_2018new13

日立と北陸重機の重連時は、両方のスイッチャーに運転士が乗っているのが分かります。異なる角度からの写真も見てみましょう。

No15_14_2018new15

日立のキャブにも1人、

No15_14_2018new14

後ろの北陸重機のキャブの中にも1人いますね。それでは、気になる連結部を見てみましょう。

No11no15_doubletraction

この通り、BPの引き通しのみで、MR管や制御系のケーブルは一切接続されていません。つまり重連総括制御が構造上できないため、運転士2人により協調運転をしているわけです。連結した貨車を含めた貫通ブレーキ(自動空気ブレーキ)だけは、一方の機関車から一律で制御できますが(SL+DLの重連と同じ)、MR管の接続がないので重連機関車のみの単独ブレーキが総括制御できず、少し使い勝手が悪くなりそうですね。

日立のNo.11の運転台にはブレーキ弁は1個しかないのですが、たしかブレーキ弁の下の方にレバーがあり、ブレーキホースへの空気の経路を絶ち単独ブレーキとしても使用できるようになっていたと思います(若干、記憶が曖昧ですが)。日立同士の重連ならば、機関車だけの単独ブレーキとして使えると思いますが、異種重連の場合はこのレバーは無意味な装備となりそうです。

Hitachi25tb_incab

レバーってどんなもの?という興味のある方のために、日立製スイッチャー(某保存車)のキャブの中を見てみましょう。上の金色がブレーキ弁で、下の白いレバーが今は閉塞状態で単独ブレーキ、時計回りに90度回し解放で貫通ブレーキ(自動空気ブレーキ)です。

他所の専用鉄道では、レバーを解放し自動ブレーキ弁として使用している例もありますので、こちらの記事などで確認してみてください。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2)

2019年2月14日 (木)

■京葉線新木場-蘇我間開業30周年■記念ヘッドマーク付列車運行中

 昨年の記事で京葉線新木場延伸開業に言及しましたが、2019年1月現在、記念ヘッドマーク付の列車が運行中です。

Keiyo30ans

京葉線は、もともと京成が路線新設を計画し免許申請までしていた区間に、後から国鉄が東京外環状線と称する貨物線(のちの東海道貨物線東京タ-浜川崎-鶴見間、武蔵野線、京葉線)を計画し、これと入れ替わりで京成が身を引いた結果、最終的に国鉄の旅客営業路線として開業したという経緯があります。国鉄京葉線の沿線に、京成の子会社であるオリエンタルランドが運営する東京ディズニーランドがあるのは、その名残です。

Keiyo30anshm

ヘッドマークは、再来週2月28日まで掲出される予定です。該当は1編成のみで、毎日運行しているわけではありませんので、狙うならお早めに。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

■TRAIN SUITE四季島■常磐線・武蔵野線を走行

 運行日や運行ルートも謎に満ちた、JR東日本のクルーズ列車「TRAIN SUITE 四季島」。土曜日に出かけた際に偶然出会った方に、近所に来るという話を聞き、時刻も教えてもらえたので、今日は少しだけ出かけることにしました。

20190211_4season1

2019年2月11日は、常磐線を上ってくるスジでした。Twitterで目撃情報をチェックすると、友部駅ホームの電光掲示板に表示された発車時刻「10:49」というのが聞いたのとドンピシャだったので、安心して待つことができました(疑っていたわけではありません(^^ゞ)。 東邦号を時々撮る馴染みの場所で1回、更に新松戸で乗り換え…

20190211_4season2

船橋法典で2回目。この日は武蔵野線・京葉線経由で房総方面へ向かうコースだったようです。小田急複々線化完了時のダイヤ改正で、常磐緩行線の日中12分ヘッドだったパターンダイヤが10分ヘッドに変わり、同じ10分ヘッドの武蔵野線と接続が良くなったお蔭で実現した、短区間追っかけ。四季島をちゃんと撮ったのは今回が初めてかもしれません。今度は景色の綺麗な場所でも撮ってみたいですね。

それにしても、前面は見れば見るほど、某汎用人型決戦兵器に似ていますね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

★門司港レトロトロッコ★桜の季節

 2018年3月31日に門司港を訪ねました。主目的は、翌朝にHD300形にリプレイスされた大牟田の入換を見物することでしたが、ちょうど桜の時期に重なったので、以前から気になっていた場所へ向かうことにしました。

20180331_mojikoretro1

目当てのレトロ地区付近の桜並木はもう散りかけていましたが、諦めずにノーフォーク広場まで向かうと、線路沿いと斜面に綺麗に咲いていました。

20180331_mojikoretro2

JR貨物の終点、外浜駅付近も僅かながら散らずに咲いたまま残っていました。なかなかこの時期に九州に来ることがないので、やっと撮れたかという感じですが、同じ日に小倉地区の桜並木も撮れたので、実りある旅行になりました。門司港の北九州銀行レトロラインは、平成30年7月豪雨で雨ヶ窪付近が土砂崩れを起こし、一時不通になっていました。今年の運行は来月から開始するようですので、機会があれば再訪したいですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

«■常磐・総武線のEF65形貨物列車■2日連続の国鉄色PF続行運転