« 【くろがね線を読み解く】第3回 ■70DD-3形 (D704) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第5回 ■くろがね線とは? »

2009年6月30日 (火)

【くろがね線を読み解く】第4回 ■45DD-12形 (D442)

45dd12_d442_oside

■チキ車を入換中の45DD-12形D442 (公式側)  2010年8月某日(火)、西八幡

 Y製鐵所の八幡地区に導入された構内用DHL(液体式ディーゼル機関車)。

  • 運転整備重量:45t
  • 車軸配置:B-B
  • 全長:13,300mm
  • 幅 : 2,700mm
  • 高さ: 3,750mm
  • 機関: DMF31SB (500ps)
  • 変速機:DBG138
  • 台車: 組立溶接台枠
  • 最高速度: 33.8km/h
  • 製造所:日立製作所

 さきに登場していた、同じ日立製作所製の45DD-9~11形と比較して、全長が伸び、運転室屋根形状jも丸形から台形のものに変更された。日立製作所でのメーカー型式はHG-45BB。1エンド側にエンジンを1機搭載し、2エンド側にラジエーターを配置するタイプで、日立のセンターキャブの1個エンジン機関車である。

前後妻面には遮熱板が貼り付けられ、高熱物を積載する貨車の牽引や高熱場所への接近にも耐えうる仕様となっている。その他、進行方向表示灯、旋回灯、警音器(ミュージックホーン)の搭載も他の構内用機関車と同様である。2・3位側には簡易運転台が設けられ、自動開放シリンダーの装備とあいまって入換運転のワンマン化が実現している。

Nyy_d442_09spr

■D442の非公式側。機関車は簡易運転台に乗り込んだ運転士により遠隔操縦される。  2009年3月

 形式名「45DD-xx」の「45」は運転整備重量(t)を表し、「xx」は製造所が変わったりモデルチェンジが行われる度に進められていく番号のようである。中には、製造所・車体の形態・エンジン出力いずれもまったく同じであるにもかかわらず、エンジンや液体変速機のメーカーが異なるだけで番号を区別している例もあり、形式の付与にあたっては性能の相違に対する強いこだわりが感じられる。

 本機関車の現在の主な用途は、JR線を介して発送するレールの輸送である。Y製鐵所専用鉄道は、JR鹿児島本線黒崎駅構内の旧西八幡駅部分でJR線と接続しており、レールの発送がある際はこの機関車を目にする機会もあろう。なお岩国駅接続の製紙メーカーN社専用鉄道で使用されているスイッチャー「No3」は、元45DD-12形で、本機関車と同一ロットで製作された姉妹機である。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村

【注意】
 本記事掲載の写真は、特記のない限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第3回 ■70DD-3形 (D704) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第5回 ■くろがね線とは? »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/45497429

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第4回 ■45DD-12形 (D442):

« 【くろがね線を読み解く】第3回 ■70DD-3形 (D704) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第5回 ■くろがね線とは? »