« Y製鐵所の鉄道(目次) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第14回 ■90t積 防水フード付台車 »

2009年7月13日 (月)

【くろがね線を読み解く】第13回 ■60DD-3形 (D620)

D6202012
■60DD-3形 D620  2012年7月

 昭和48~50年にかけて日本車輌製造で9両が製造されたDHL(液体式ディーゼル機関車)。戸畑地区の構内輸送合理化のために登場した 60DD-3形 の最終タイプで、寸法・エンジン出力等のスペックは他の60DD-3形と同一である。無線操縦装置は未搭載で、将来の設置に備えて準備工事済とされた点が特徴。現在では他機同様に搭載されている。写真のとおり、ヤード内での入換時は線路脇に降りた運転士により遠隔操縦が行われている。

【60DD-3形の製番対応表】
記号番号 製造番号 備考
D603 3091 量産型の1号機。以降、全ての車両が無線操縦装置を搭載
D604 3092
D605 3093
D606 3094
D607 3199 この車両以降、運転室にエアコンを搭載
D608 3200
D609 3201
D620 3202 この車両以降、無線操縦装置は準備工事で落成
D621 3203

なお、試作機である60DD-1形(D601)と60DD-2形(D602)の製番はそれぞれ、3030、3052である。

【参考】

  • 『日車の車輌史』<戦後産業車両 輸出車両編>、鉄道史資料保存会編、日本車輌鉄道同好部、1999年。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村

【注意】
 本記事掲載の写真は、特記のない限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« Y製鐵所の鉄道(目次) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第14回 ■90t積 防水フード付台車 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 A.日車のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/45627477

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第13回 ■60DD-3形 (D620):

« Y製鐵所の鉄道(目次) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第14回 ■90t積 防水フード付台車 »