« 【くろがね線を読み解く】第7回 ■最後尾の緩急車は本当に「ブレーキ用」なのか? | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第9回 ■車体塗色について »

2009年7月 6日 (月)

【くろがね線を読み解く】第8回 ■屋上機器の形態変化について

 くろがね線の車両の形態変化を正確に把握するのは、容易なことではない。ごく僅かながら、書籍等で紹介されている情報を寄せ集めるのが、精一杯である。とはいえ、85ED-1形と70DD-3形については、まだ比較的情報が集めやすいようだ。

◆集電装置

 1986年の段階では、85ED-1形電気機関車の形態は竣工時の図面の通りで、見比べても変わったところは見当たらない[1]。ただし戸畑行・八幡行いずれの列車も、2基搭載している集電装置のうち戸畑側(1エンド側)のものしか使用していないことが分かる。1992~93年の記録[2]には、運行中の写真(1993年10月撮影)、機関区で待機中の写真(1992年11月撮影)があるが、いずれも1エンド側のみ使用状態で、2エンド側のものは常時畳んだままである。その後2007年4月の写真[3]では、常時畳んでいた2エンド側のものは既に撤去されていることも分かる。

◆無線アンテナ

Ny_ir_e8502_2 Ny_ir_e8501 Nyir_d705

(左)E8502 屋根中央に誘導無線アンテナ、カメラとエアコンの間に鳥居状の新型アンテナを搭載。 
(中)E8501 新型アンテナの左側に、蝿叩き状の八木アンテナを追設。 
(右)D705  E8501同様、新型アンテナの左に八木アンテナを追設。

 1986年の記録[1]では、85ED-1形・70DD-3形共に、屋根中央に誘導無線アンテナが搭載されている。形は長方形で、水平方向へ広がるタイプ。これが1992年時点[2]では、京浜急行や京成電鉄などで使用されている、垂直方向に起立する小判形のものに更新されている。また85ED-1形竣工時の図面や1986年時点[1]では、運転室上のITVカメラとエアコンの間には何も設置されていなかったが、1992年の記録[2]では、神社の鳥居のようなアンテナが取り付けられている。この新型アンテナは現在も存置されており、緩急車を務める70DD-3形にも設置されている。さらに2007年4月の写真[3]では、上記新型アンテナの向かって左側(1・4位側)に、別途小型の八木アンテナが追設されている。この小型アンテナは2008年現在、E8501とD704、D705の3両に搭載されていることが確認できているが、E8502には未搭載である。無線に関して何らかの仕様変更(追加)が行われた可能性が高く、もしかしたら無線で操縦できる操作範囲も拡大しているのかもしれない。

【脚注】

  1. DVD『製鉄所・鉱山の機関車』ないねん出版。専用線・スイッチャー研究界の大御所・岩堀春夫氏主宰「ないねん出版」の作品で、記録時間は短いがくろがね線の列車も登場する。撮影当時(1986年12月11日)はまだ複線で、緩急車も45DD形が使用されていた頃である。
  2. 『レイルマガジン』㈱ネコ・パブリッシング、1994年7月号。
  3. 名取 紀之「新日鉄「くろがね線」瞥見。(上・下)」、『編集長敬白』㈱ネコ・パブリッシング、2007年4月12~13日。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村

【注意】
 本記事掲載の写真は、特記のない限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第7回 ■最後尾の緩急車は本当に「ブレーキ用」なのか? | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第9回 ■車体塗色について »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/45554335

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第8回 ■屋上機器の形態変化について:

« 【くろがね線を読み解く】第7回 ■最後尾の緩急車は本当に「ブレーキ用」なのか? | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第9回 ■車体塗色について »