« 【くろがね線を読み解く】第31回 ■ナンバープレート | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第33回 ■所属区名札 »

2009年9月 6日 (日)

【くろがね線を読み解く】第32回 ■社紋

Nyt_d625_sideboard

■ディーゼル機関車D.625の車体側面に記されている、記章・記号類。上段中央が社紋。

Y製鐵所の機関車の車体側面には、N社の社紋が取り付けられている。これらの車両が導入された当時の地方鉄道法では、地方鉄道建設規程の中で、車輌には必ず「所属鉄道ノ名称又ハ記章(社紋)を標記すること」が定められていた。N社の炭滓線は地方鉄道ではなく国鉄線に接続する専用鉄道であり、厳密には地方鉄道法に直接縛られることはなかったと思われるが、これに準ずるものとして慣習的に社紋を掲出していたものと思われる。

なお、地方鉄道建設規程・専用鉄道規程いずれも、1987年4月に運輸省令・普通鉄道構造規則が施行されると同時に、これに統合される形で廃止されている。普通鉄道構造規則では、第210条において、車両に記号番号を記すことが義務付けられているが、社名または記章の掲出義務は廃止された。現行法令「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」も同様である。

(続く)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第31回 ■ナンバープレート | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第33回 ■所属区名札 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/46134417

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第32回 ■社紋:

« 【くろがね線を読み解く】第31回 ■ナンバープレート | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第33回 ■所属区名札 »