« 【くろがね線を読み解く】第28回 ■60t積 熱塊カバー台車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第30回 ■車体掲出の記章・記号類について »

2009年9月 1日 (火)

【くろがね線を読み解く】第29回 ■60t積 ホットコイル用台車


60t_6006_2
■熱延コイル輸送用車両 トF60-6 

 くろがね線で使用されている、ホットコイル輸送用2軸ボギー台車。荷重は60tで、1台あたり27.3tのホットコイルを2個積載可能。上の車両は戸畑地区構内専用であったが、現在はくろがね線で使用されている。通常の3個積載可能な車両に比べて輸送力がないことから、あまり積極的には使用されていないようである。2009年春~夏の時点では、後述の110t積車両(コイルを4個積載可能)とペアで使用されている姿もよく見かける。

  • 荷重:60t
  • 自重:18.6t (18~20t前後で車両により異なる)
  • 車軸配置:2-2
  • 形式:60B-2B
  • 全長:不明
  • 幅:不明
  • 高さ:不明
  • 製造年:昭和34年
  • 製造所:富士車輌

製鉄所向けの貨車を数多く手がける富士車輌製の車両。同種の車両には日車製や協三工業製などもある。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第28回 ■60t積 熱塊カバー台車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第30回 ■車体掲出の記章・記号類について »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/46070997

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第29回 ■60t積 ホットコイル用台車:

« 【くろがね線を読み解く】第28回 ■60t積 熱塊カバー台車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第30回 ■車体掲出の記章・記号類について »