« 【くろがね線を読み解く】第48回 ■単線化による廃線跡-新中原 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第50回■第一操車場 »

2009年10月28日 (水)

【くろがね線を読み解く】第49回■閉塞信号機(消灯)

Nys_signal_4_yahata_2  Nys_signal_4_tobata
スペースワールド駐車場付近に設置されている閉塞信号機。

 くろがね線の線路は、いくつかの閉塞区間に区切られているが、その分界点には色灯式信号機と打子式ATS地上子が設置されている。以前機関車の記事で解説したように、くろがね線ではATSは稼動しているが、閉塞信号機の一部には、写真のように消灯しているものがある。

これらはいずれも、スペースワールド駐車場付近に設置されている閉塞信号機である。左の写真は、八幡の第二操車場に向かう列車に対して設置されている三灯式信号機で、その左下にある反対を向いたものが右の写真の二灯式信号機である。

Nys_e8501_w_100tfc_2
■前述の閉塞信号機付近を通過して戸畑へ向かう貨物列車。 2009年9月

列車の接近が近づくと、外方に設けられた出発信号機や閉塞信号機は青く点灯し、場内信号機は黄色く点灯する。しかし、列車の運行がないときは常時消灯しており、赤く点灯することはない。一見すると廃止されているようだが、きちんと機能しているようである。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第48回 ■単線化による廃線跡-新中原 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第50回■第一操車場 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/46610503

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第49回■閉塞信号機(消灯):

« 【くろがね線を読み解く】第48回 ■単線化による廃線跡-新中原 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第50回■第一操車場 »