« 【くろがね線を読み解く】第54回■15t積 有蓋車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第56回■一操での後部補機入換 »

2009年11月 4日 (水)

【くろがね線を読み解く】第55回■一操での本務機入換

1styard_1st_sw

■第一操車場における、くろがね線本務機の入換手順。

 第一操車場に到着する貨物列車の多くは、85ED-1形電気機関車と、70DD-3形ディーゼル機関車のプッシュプルで運ばれてくる。到着線(上の構内配線図では到着三番線)に貨物列車が入線すると、本務機となる85ED-1形は、運転台からの操作で貨車を自動的に解放する。身軽になった機関車は、一旦工場側へ引き上げ、スイッチバックして回行線を走行する。いわゆる「機回し」である。八幡側まで進んだ後、再びスイッチバックして発送線(上図では発送七番線)に入線し、留置されている貨車と連結する。

Nyt_1styard_e8501sw_start
■回行線に入り、機回しをはじめたE8501。進行方向側(左側)の旋回灯が点灯している。工場側の一操信号所付近にて。

Nyt_1styard_e8501sw_d628
■回行線を走行中のE8501。発送七番線に停車中のD628を追い越す。

Nyt_1styard_e8501sw_end
■再びスイッチバックし、発送七番線に入線するE8501。右の貨車と連結するところ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、すべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

|

« 【くろがね線を読み解く】第54回■15t積 有蓋車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第56回■一操での後部補機入換 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/46675009

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第55回■一操での本務機入換:

« 【くろがね線を読み解く】第54回■15t積 有蓋車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第56回■一操での後部補機入換 »