« ◆専用線入門◆スイッチャーの動きを先読みする | トップページ | ▲三菱化学▲酸化エチレン輸送 »

2010年2月19日 (金)

多気★特大輸送★スイッチャーを捕らえる!

 全国各地の専用線の稼動時刻は、スイッチャーファンが最も興味を抱く情報です。貨物時刻表に掲載されている定期列車・臨時列車の発着に伴う入換時刻であれば、JR貨物が荷主向けに公表している「荷役線出入線時刻」が参考になります。私の経験では、この時刻の1~2時間程度前に現地を訪れて待っていれば、ほぼ確実にスイッチャーの動くところをとらえることができます。何と言ってもオフィシャルデータですから、ダイヤ改正にも迅速に対応できます。

さて、そんな方法で全国の専用線を撮影し終えても、まだ撮りきれないスイッチャーがあります。一つは、甲種・特大輸送時のみ稼動するスイッチャー、もう一つは製鉄所などの事業所内でのみ稼動する機関車です。今回は、特大輸送時のみ稼動するスイッチャーの撮影例として、紀勢本線多気駅に接続する、変圧器メーカーD社専用線を取り上げます。

 特大輸送では、積荷の重さや編成の組成によっては運行速度が45km/h以下に制限されるため、昼間に営業列車の合間を縫ってダイヤを設定することが困難なことが多く、結果的に深夜帯に臨時ダイヤを設定して輸送することが多くなります。発駅を夜に出ることが多いため、輸送車両が工場から専用線を通って駅まで引き出されるのは、発日の明るい時間帯か早ければ前日ということになります。甲種・特大輸送情報は月刊鉄道趣味誌にも掲載されることがあり、情報そのものは比較的容易に入手できます。むしろ問題になるのは、仮に稼働日を知っていても、平日に会社勤めでは休みを取らないと訪問することができない、という点でしょう。

 そんなわけで、今回紹介するのは「逆転の発想」。すなわち、自分が休める日に動くかどうかだけを事前にチェックして狙い撃ちする方法です。

●輸送パターンを知る

 前述の通り、特大輸送にはダイヤ上の制約が多いため、一度設定した臨時ダイヤは何度も使いまわす傾向があります。つまり、雑誌のバックナンバー等で過去の運行ダイヤが分かれば、大まかなスジを知ることはできます。最近ではブログ等の過去情報も一助となるでしょう。今回狙った多気では、当駅常備のシキ800形を使用した特大輸送が2月5日深夜から2月7日にかけて実施されていました。行先は岐阜貨物ターミナルです。

これまでのシキ800の運行情報を分析すると、多気~稲沢間の往復はほぼ固定ダイヤでした。往路は、多気を23時前後に出て稲沢には翌日早朝着。復路は、稲沢を夕方に出て多気には23時前後に到着します。また、シキが着駅に着いてから荷を降ろして返空が発車するまでに最低2日程度を要していることも分かりました。この分析結果を今回のケースに当てはめると、推定輸送スケジュールは以下のようになります。(ちなみにこの情報は雑誌未掲載でした)

  • 2/5 23時頃 多気発車
  • 2/6 早朝   稲沢着
  •     深夜   稲沢発
  • 2/7 早朝   岐阜貨物ターミナル着、荷役開始
  • 2/8 終日   荷役
  •     深夜   返空が岐阜貨物ターミナルを発車?
  • 2/9 早朝   稲沢着?
  •     夕方   稲沢発?
  •  深夜   多気着?
  • 2/10 朝    スイッチャーにより、シキ車は専用線を通ってD社の工場へ引き込まれる?

このように考察していくと、稲沢の発車が1日遅れてくれれば多気着が2/10となり、スイッチャーの稼動が期待できる2/11は祝日ですから、狙わない手はない、ということになります。

●運行履歴の収集

 いくら推測しても、実際に期待通りに動いてくれなければ、採らぬ狸の皮算用です。ネットの掲示板やブログ、知人の情報等により、運行履歴を集めます。今回は、2/10の夕方の段階で、岐阜貨物ターミナルから稲沢へシキ800が輸送されたことをキャッチしました。上で?マークをつけている部分が、2/9早朝ではなく2/10午前中になっていたのがラッキーでした。昼過ぎまでに稲沢に着いたシキは、間違いなく夕方出発して深夜に多気に到着するはずです。この考察により、2/11朝のスイッチャーの稼動が確実になりました。

●行動開始!!

 動くと決まれば行動に移さなければなりません。D社工場-多気駅間の入換は朝9時頃には行われると予想されますので、翌2/11の始発の新幹線で東京から名古屋へ向かっていては、とても間に合いません。ムーンライトながら亡き今、頼りになるのは夜行バスです。早速ネットでドリーム号の空席情報をチェックしてみると…

  • ドリーム名古屋1号 空席1
  • ドリーム名古屋3号 満席
  • ドリーム名古屋5号 満席

これは私に「多気へ行け」という啓示でしょうか(笑) 速攻で予約。ドリーム名古屋1号の名古屋駅着は6時過ぎ、JRを乗り継ぐと多気着は9時過ぎになりますのでNGです。出費が増えることになりますが、名古屋から近鉄の名阪特急始発を利用し、津でJRに乗り換えます。このコースなら8時過ぎには多気に着けます。

●そして撮影

 多気駅で下車すると、予想通り東側の側線にシキ800+ヨ8625が停車していました。推測が当たるとやはり嬉しいものです。この2両については、以前春日井の特大の記事で紹介しましたので画像は割愛します。改札通過時に、念のため今日入換があることと大まかな入換時刻を確認のうえ、専用線のロケハンを兼ねてD社の工場へと向かいます。1.5km程歩くと最深部に到達しました。

Td_d351_in_plnt
■D社専用線の終端部でアイドリング中のD351(許可を得て撮影)

 スイッチャーを眺められる工事現場(空き地)にはブルドーザーが停車しており、中に人がいるのが見えましたので、挨拶をして撮影許可を得ました。この時点で8:46でしたが、スイッチャーは既にアイドリング中でいつでも発車できる状態でした。撮り逃してはまずいと思い、俯瞰気味に撮れる場所へと戻ります。

Td_d351_2end
■工場から単機で現れたスイッチャー。  2010年2月11日

9時になると汽笛が聞こえ、ほどなくスイッチャーの近づく音が聞こえてきます。この専用線には、途中1箇所だけ遮断機付の踏切があり、ここを通過する際はボタン操作で踏切を作動させるために一旦停止しますので、撮影のチャンスです。

Td_d351_1end
■駅の南側で停車  2010年2月11日

 多気駅に向かったスイッチャーは、駅構内の手前で停車します。この車両の詳細については、以前の記事「日車凸型BB」でご確認ください。沿線には、地元の親子らしき二人連れ以外は全く人がおらず、好きなように撮影が出来ました。入換担当の運送会社の方も時間に余裕があるような雰囲気でしたので、邪魔にならない範囲でお話をしてみようと思いました。

 まず挨拶をし、シキ車を工場へ引き込む時刻を聞いてみたところ、9:55頃とのことでした。ちなみに土日はもっと早く9:37頃だそうです。東京から夜行バスではるばるやって来たことを伝えると、動くのをどうやって知ったのかと聞かれました。上に書いたような推測の手順を簡潔に説明したところ、

「最近はインターネットじゃねぇ」

と感心半分、呆れ半分のリアクション(苦笑)

「俺もたまーに見るけど、インターネットのアレ、掲示板ちゅうの? 書いてある事ほとんど間違っとるよ。想像力豊かというんか、よっぽど好きなんやろねぇ。」

アレとは多分、某巨大掲示板のことでしょう。私も、そこを情報源にすることはほとんどありませんが、同感です。

その後、シキへの連結作業が始まるまでのおよそ十分間、変圧器輸送にまつわる貴重なお話を伺うことが出来、大変有意義な時間となりました。次回稼働日を教えていただいた後、現場を後にして俯瞰ポイントへ戻ります。駅からその場所への途中にも、手前に田圃、背景に山が入るポイントがありましたが、なぜか俯瞰したい気分でしたので(笑)その場所はパス。

Td_d351_w_shiki800_w_yo_top
■シキ車+ヨを牽引して工場へ戻るスイッチャー

10時過ぎてもなかなかやってこないのでどうしたのかと思いましたが、10:15頃やってきました。今回はシキ800のC梁(落とし込み式)の返却回送ですから、荷を落とし込むための梁が車体中央に見えます。写真のすぐ左に踏切があり、例によって遮断機を下ろすために一旦停止します。

Td_d351_w_shiki800_w_yo_back

■シキ車+ヨを牽引して工場へ戻るスイッチャー

すると、先程の入換担当の方が

「東京からやってきた褒美や」

と言って素敵なプレゼントを下さいました。宝にします!

 稼働日は分かっいても、なかなか撮影に行くことが出来ない特大輸送。あまり運には恵まれないことの多い私は、運の無さを努力で補って見事ゲットしました。この記事の情報が、今後訪問される方にとって多少なりとも参考になれば幸いです。

★注意

 最近アクセス数が増えているので念のために述べておきますが、本記事はあくまでも2010年2月の撮影記録に過ぎません。当たり前の話ですが、情報の活用は自己責任でお願いします。仮に、本記事の情報を参考にして不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負いませんのであしからずご了承ください。 特に時刻については、甲種・特大輸送時のみ稼動する専用線のダイヤなど、あってないようなものですからねぇ(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆専用線入門◆スイッチャーの動きを先読みする | トップページ | ▲三菱化学▲酸化エチレン輸送 »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

 A.日車のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
奥野さんのブログではたまに書き込ませて頂いているひさしと申します。
先日は西浜で挨拶もせずに失礼致しました。
本日発売の雑誌を見まして、うまく日程が組めたら多気に行こうかと考えています。

この専用線も小山同様、撮影地が多く嬉しい悲鳴をあげてしまいそうなロケーションですね。
沼津も動く模様ですが沼津は撮影地が少なそうなので悩みどころです…。

投稿: ひさし | 2010年2月21日 (日) 00:19

ひさしさん、こんにちは。早速のコメントありがとうございます。こちらこそ、失礼しました。
実はこの土日は仙台方面へ遠征していたため、20日発売の月刊誌はまだ未読ですsweat02 本日退社後、チェックしてみようかと思います。沼津も動くのですか。楽しみです。

投稿: 社長 | 2010年2月22日 (月) 12:39

ひさしさま、こんにちは。
月刊誌をチェックしました。中々あちこち忙しく動くようですね。撮影地、私は車両研究派ですので、最悪、機関車の形式写真さえ撮れれば、動かなくてもいいやという感じですsmile
ちなみにもう来週の多気ですが、上の本文で伺った際は、奥野さんのパターンとは異なり出発当日朝に引き出すと聞きました。もちろん「直前になって変わることもあるからな」とは言われていますので、お約束はできませんが…。

投稿: 社長 | 2010年2月23日 (火) 16:15

こんばんは。
わざわざ情報をありがとうございます。
私は自身の仕事の都合で返却日に訪問する予定です。
発走は見てみたいですが、なかなか予想が難しいみたいですね…。

以上沼津のネットカフェから失礼致しました(笑)

投稿: ひさし | 2010年2月24日 (水) 18:11

ひさしさま
コメントありがとうございます。そうですか、返却を狙うのですね。確かに仰るように、返却時の方が動く日を特定しやすいかもしれませんね。

あれ…でも今回はシキ611だったかな? そうすると他所から持ってくるので返却ではなくて送り込みになるのでしょうか。うろ覚えです。
いずれにしろ、沼津も含め、うまくいくと良いですねwink

投稿: 社長 | 2010年2月24日 (水) 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/47610877

この記事へのトラックバック一覧です: 多気★特大輸送★スイッチャーを捕らえる!:

« ◆専用線入門◆スイッチャーの動きを先読みする | トップページ | ▲三菱化学▲酸化エチレン輸送 »