« ★祝★45000アクセス突破!!(新緑の都電荒川線) | トップページ | ★東京都交通局★馬込のバッテリーロコ(車両編) »

2010年3月31日 (水)

▲三菱化学▲酸化エチレン輸送 - 検査回送

 奥野谷浜-塩浜間で液化酸化エチレン輸送に使用されているタンクコンテナの検査は、安治川口で行われている。検査の際は、塩浜-安治川口間で貨車の回送が行われる。往復ともにタンクコンテナに酸化エチレンは充填されていないため本旨からは外れるが、興味深い列車なので紹介する。

●塩浜-安治川口

Ajikawa_in_shiohama_2
■塩浜に留置される安治川口行きのコキ200

 検査に出されるタンクコンテナは、コキ車に積載されたまま昼の小ヤードの入換で引き出されたあと塩浜に留置される。

Ajikawa_5384_shiohama_2
■塩浜で発車待ちの5284レに連結される、安治川口行のコキ車

留置されたコキ車は、後日以降塩浜から石油系タキ車の連なる5284列車に併結され、稲沢へ向かう。

Ajikawa_5384_miyamado_2
■一路稲沢へ向かう5284レ。 塩浜-四日市

稲沢から梅小路までは8865列車に継送、梅小路から安治川口までは1883列車に継送される。

Ajikawa_8865_ominagaoka_2
■稲沢発梅小路行8865レ。酸化エチレンのコキ車は通常は機関車次位。 近江長岡-醒ヶ井

  • 5284列車 塩浜12:46発 → 稲沢15:31着
  • 8865列車 稲沢9:04発 → 梅小路11:55着
  • 1883列車 梅小路14:02発 → 安治川口16:27着

Dd51x2_w_eox6_a_shiratori_3

■安治川口からの返却コキ車を連結した5381レ。傍目には普段の列車と変わらない。 白鳥信号場

 検査後の返却については、安治川口から1182列車に併結され、梅小路から8864列車に継送されて稲沢に至る。以降は「稲沢-四日市」「四日市-塩浜」の各項に記載した通り、5381列車・251列車と継送されて塩浜に戻る。

  • 1182列車 安治川口11:16発 → 梅小路13:26着
  • 8864列車 梅小路18:32発 → 稲沢21:35着
  • 5381列車 稲沢9:18発 → 四日市11:26着
  • 251列車  四日市12:18発 → 塩浜12:26着

塩浜に戻った車両は、駅のヤード内で切り離されてしまい小ヤードへは向かわないので、四日市事業所専用線には入らない。これは、奥野谷浜発の車両とは異なり荷を積んでいないためと思われる。その日の午後ないし後日、奥野谷浜行の返空が小ヤードから塩浜に到着すると、検査済み車両は稲沢寄りに連結され、一緒に奥野谷浜へ戻る運用になっている。

 なお上記回送途上の8865/8864列車は、黒崎-西浜松のレール輸送用チキ車のほか、ワム、コキ、トキ、シキなど日によって連結される貨車が異なり、大変興味深い。貨物ターミナル間の直行系コンテナ列車が幅を利かせている昨今、こうした雑多な貨物列車は我々ファンにとって魅力的な存在である。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★祝★45000アクセス突破!!(新緑の都電荒川線) | トップページ | ★東京都交通局★馬込のバッテリーロコ(車両編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/47955515

この記事へのトラックバック一覧です: ▲三菱化学▲酸化エチレン輸送 - 検査回送:

« ★祝★45000アクセス突破!!(新緑の都電荒川線) | トップページ | ★東京都交通局★馬込のバッテリーロコ(車両編) »