« ★祝★40000アクセス突破!!(上毛電鉄デハ101/熊本電鉄モハ71) | トップページ | 【浜松工場のスイッチャー】協三工業15t半キャブ »

2010年3月15日 (月)

【浜松工場のスイッチャー】北陸重機20t/25t

 時刻表掲載の貨物列車の入換に従事する全国のスイッチャーを撮り終えたいま、私の中でホットなテーマは、いつ動くのか分からないスイッチャーの撮影です。以前の記事で取り上げたとおり、甲種・特大輸送時のみ稼動するスイッチャーは順次撮影してきましたが、最後に残ったのが西浜・沼津・常陸多賀です。いずれも運行頻度は1~3年に1回程度ですから、難儀なターゲットです。幸い、今年は特大の当たり年なのか、2010年3月に沼津発着の運行予定が確認できましたので、早速撮ってきました。そのときの様子は別途取り上げようと思います。

 今回取り上げるのは、沼津でのミッション達成後に向かった、浜松です。ここにも同じように、いつ動くのか分からないスイッチャーの巣窟、JR東海浜松工場があります。工場内で検査する車両の入換や、JR東海道本線←→工場間を入出場する車両の牽引のために入換機が必要、というわけです。

 3月某日朝に沼津で撮影後、新幹線で急行し、浜松駅前からバスで踏切前に着いたのが10:45頃。私の今までの経験では、車両工場は9~10時に開門して入換を開始するパターンが多かったのでどうかと思いましたが、まだ門は閉まっていました。とりあえず、開門まで工場周辺を観察しようと思い、雄踏街道を東に向かいます。すると、コーポレートカラーのオレンジ色を纏ったスイッチャーのキャブ内に、黄色いヘルメットの人影が! すぐにエンジンを吹かし始めました。撮り逃してなるものかとBダッシュで踏切まで戻りましたが、まだ門は閉まっていました。スイッチャーは、閉門したままの踏切まで一旦単機で接近した後、転線して車両を引き取りに奥の方へ行きました。

Hjlg20b_w_700_start

■写真1 L型スイッチャーが新幹線車両の入換を開始。

暫くしてまずやってきたのは、北陸重機製と思われるL型2軸機(写真1の左)。

Hjlg20b_w_700_pull2

■写真2 700系中間車4両編成を牽引して出場。

牽引している新幹線は700系中間車4両編成です。東海道新幹線の車両は、電気的には300系は3両1ユニット、700系は4両1ユニットで動きます。このときの700系は4両で出てきました。電気的な検査はユニット単位で行われることが多いようです。

Hjlg20b_w_700_pull

■写真3 北陸重機製の20tスイッチャー L9。

700系の入換に従事するL型2軸スイッチャー、L9。自重は20t、軌間は標準軌です。形態上は、99%北陸重機製といえるでしょう。北陸重機の車両は、通常楕円形の銘盤が付いていますが、この車両には見当たりません。もしかしたら帳簿上はアント工業製スイッチャーということになっているかもしれません。というのも、JR各社に移動機として納入されている北陸重機の車両は、アントの銘盤を付けていることがあるからです。
(読者のタムタキさんからの情報では、日車の銘盤をつけているとのことです)

Hjlg20b_w_700_push

■写真4 西側へ引き上げると、分岐器を切換え、工場へ戻る。

Configuration_east

■写真5 踏切より東側を望む。右手前に至る3線区間が、引上げ線
      写真中央から右へ分岐する狭軌の線路が、在来線工場との連絡線。

 入換が終わっても開門したままなので「次があるぞ」と期待していると、今度はオレンジ色のもう1両が同じように車両を引き取りに奥へと向かいました。

 ここで次のスイッチャーが来るまでの間に、この踏切(あえて名前は伏せます)周辺の線路の配線と役割について考察しておきます。この踏切は、単線並列の線路が2本通過しています。

Configuration_west

■写真6 踏切より西側を臨む。右の標準軌の線路が、東海道新幹線本線へ合流する入出場線。
      左に分岐する3線軌道が引き上げ線で、在来線車両が引き上げる際にも使用する。

北側の線路(写真6の右側)は、東海道新幹線の上り本線に接続する入出場線で、軌間は1,435mm(標準軌)になっています。通常は、営業運転用の16両編成が回送される線路です。いっぽう南側の線路(写真5の中央の線路、写真6では左へ分岐していく方)は、工場内入換時の引き上げ線(狭軌・標準軌)です。同時に、南側の工場から北側の新幹線工場への車両回送ルートとしても機能しています(標準軌のみ)。この3線区間の狭軌側は、以前、日本車輌製造豊川工場からJR浜松工場まで、在来線経由で新幹線車両を輸送していた時期に引き上げ線として使用されていました。このため、大物車に乗せたままの新幹線車体を、新幹線工場へ引き込めるよう、狭軌と標準軌の3線区間となっています。なお現在は、豊川からの新幹線は陸送ですので、この回送ルートはあまり使用されることはなく、写真の通り狭軌側のレールは錆びていました。

Kmlg25b_w_n700_start

■写真7 先程とは別のスイッチャーが動き出す!

 そんな風に考察していると次のスイッチャーがやってきました。こちらもL型2軸機です。

Kmlg25b_w_n700_pull

■写真8 N700系2両編成を牽引して出場。

N700系の入換に従事するL型2軸スイッチャーL11。25t機で、軌間は標準軌です。牽引しているのは先頭車と中間車1両です。

Kmlg25b_w_n700_pull2

■写真9 引き上げた後、左へ推進していく。

西側へ引き上げると、L9と同じように再び工場内へ推進していきました。N700系はボディマウント構造ですが、点検中のため台車や床下機器が露出しています。東海道新幹線の台車をじっくり観察できる場所は、全国でもこの踏切くらいしかないのではないでしょうか。

Kmlg25b_push

■写真10 北陸重機製の25tスイッチャー L11。

形態は、スイッチャーというより巨大なモーターカーといった風情です。こちらはしっかりとアントの銘盤がついています。

  • 形  式  : ANT200DB-25
  • 製造年月 : 2006年2月
  • 製造番号 : 0140
  • 自  重  : 25.9t

しかし、、、騙されてはいけません。この車両は、実際には北陸重機がアントへOEM供給した、油圧モーター駆動の入換動車なのです。皆さん、銘盤だけにとらわれないよう注意しましょう。油圧式のため、普通のディーゼル機関車のようなエンジン音がまったく聞こえず、静かに走行していたのが印象的でした。写真だと分かりませんが、動画を撮る方には面白い素材になるのではないでしょうか。

今回撮影したスイッチャーL9・L11は、いずれも前後に双頭連結器を備えているのが特徴で、新幹線の密着連結器と在来線の自動連結器どちらとも連結できます。このため3線区間では、新在どちらのの車両でも入換えることが出来ます。

 一連の入換が終わった11:40頃、一旦閉門しましたので、午後再び訪れることにして一時退散します。踏切周辺での長居は禁物です。

(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★祝★40000アクセス突破!!(上毛電鉄デハ101/熊本電鉄モハ71) | トップページ | 【浜松工場のスイッチャー】協三工業15t半キャブ »

 D.北陸重機のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

西浜では大変お世話になりました。
浜松工場のSW 2004年の公開時にL-5(遠望)とL-9を見ることが出来ましたその際の銘板ではL-9はH4.2月製 日本車両#3397でした。
逆サイドの写真しかなく排気筒の形状も変わっているのでもしかしたら番号を振り替えているかもしれませんが。

投稿: タムタキ | 2010年3月16日 (火) 22:01

タムタキさま、お待ちしていましたよnote
こちらこそ、西浜では貴重な情報ありがとうございます! 更に製造番号情報まで。
銘盤が日本車輌になっている可能性があるのですね。そういえば、番外録では、名古屋工場に納入された北陸重機20t機が、1993年日車製#3400とのことですので、番号の近さから同一ロットの可能性もありそうですね! また何か分かりましたら教えてください。

今回の訪問で発見したのは、記号番号の付番ルールです。Lの後ろの数字は、機械番号の最終桁になっていますね。

L6 … 06-28-01-006
L9 … 06-28-01-009
L11… 06-28-01-0011

写真を拡大してなんとか確認できましたcoldsweats01 これは国鉄の移動機の車体にペイントされている番号と同じ付番ルールですね。何か管理上のこだわりがあるのでしょうかね。

投稿: 社長 | 2010年3月16日 (火) 22:55

改めて写真を見直して見ると確かに北陸重機製ですね日車のOEMというのが以外で北陸重機のHPの納入リストにもないので変わった日車製という認識しかありませんでした。
調べてみたら鉄道番外録の記事の中にはっきりと書いてありました。
昨日は北府中に行ってきました社長さんに教えて頂いた通り協三工業製の貨車移動機が出て来ました、ありがとうございます。

投稿: タムタキ | 2010年3月24日 (水) 21:41

タムタキさんおはようございますrain
今朝、出勤前に千鳥東線を撮ろうと早起きしたのですが、冷たい雨が降っていたのでやめた社長ですwobbly

北陸重機OEM機、確かに納入実績には見当たらないですね。あのリストに全部載っているわけではないのでしょうね。宗吾参道の2軸機も載ってないですし…。

北府中、無事撮影されたのですね。来週はHD300らしいですが、組み合わせが面白そうですね。平日ですので私は行けませんがshock

投稿: 社長 | 2010年3月25日 (木) 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/47814840

この記事へのトラックバック一覧です: 【浜松工場のスイッチャー】北陸重機20t/25t:

« ★祝★40000アクセス突破!!(上毛電鉄デハ101/熊本電鉄モハ71) | トップページ | 【浜松工場のスイッチャー】協三工業15t半キャブ »