« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

★祝★60000アクセス突破!! - 253系の終焉

S253x12_w_yokosojapan

■2010年6月一杯で成田エクスプレス運用から退く253系。 2009年11月、本八幡

 2000~2008年まで9年のあいだ総武線沿線に住んでいた割に、私にとって成田エクスプレス(253系)は、あまり馴染みがありません。と言っても、成田空港を利用していなかったわけではではありません。むしろこの時期は、年に1~2回は海外旅行をしていたくらいです。私が海外へ発つ場合、都営新宿線で本八幡に出て、京成八幡乗換えで空港へ直行するのが常でした。なぜなら、その方が運賃・所要時間の両面で、JR経由に勝っていたからです。

920円(船橋からは500円)という良心的な座席指定料金を設定している京成スカイライナーとは対照的に、成田エクスプレスは開業当初から強気な料金設定で話題を呼びました。

『海外旅行をする利用者は、既に出発前に旅費として十万円単位のお金を使っているので、千円程度の料金の差は問題にはならない。』

この発想が、JR側の高額料金設定の土台を成していました。最寄り駅と空港を乗り換え無しで往復できる利便性を考えれば妥当な料金、という判断だったのでしょう。

さて、253系は、車両そのものにこれといって技術的な特徴があるわけでもなく、趣味的に見てあまり興味を惹くネタがありません。強いて取り上げるとすれば、車体の基本設計が255系に流用されたことと、2002年の日韓W杯開催期間中の需要増にあわせて増備された車両が、205系から機器を流用したことくらいでしょうか。これらは、JRの系列としては珍しいことかもしれませんが、いずれも私鉄の車両にはよくあることです。

内装についても、当初はフランス製の固定クロスシートを装備していましたがこれが大変不評で、2002年の増備車ではリクライニングシートにモデルチェンジされています。

そんなわけで、253系引退と聞いても全く感傷的な気分にはなれないのですが、一つ興味深い情報を見つけました。

Musashino_s2055000

■253系増備車へ制御機器やモーターを供出し、VVVF制御に改造のうえ武蔵野線に転用された205系。 2009年9月、三郷

長野県の地域ローカル紙「北信ローカル新聞」によると、長野電鉄の旧型車両置き換え用として、253系に白羽の矢がたったとのことです。おそらく転用されるのは一部で、東武直通用に残る編成を除き、ほとんどが廃車になると思いますが。

ということで、機転が利くファンは、253系など見向きもせずに長野電鉄の2000系あたりを撮影しに出向くのではないでしょうか。置き換えられる、その前に…。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

◆JR東海◆名古屋工場のスイッチャー

Above

■JR東海 名古屋工場を遠望。 2010年5月27日、名古屋市中川区(黄金橋)

 JR東海名古屋工場は、笹島駅の南東側にある同社の基幹工場で、車両の各部検査や改造工事などを実施しています。また、東側には貨車の検査施設も併設しており(国鉄分割民営化以降は、場内の一部をJR貨物が借用)、工場内には電車、気動車、貨車と多種多様な車両を見ることができます。当然、検査前後には場内入換や車両の入出場も多く、入換用スイッチャーも2両配置されています。なおこの工場を含め、JRの車両工場に関しては、鉄道ピクトリアル2000年9月号 特集「JRの車両工場」に詳しい解説がありますので、興味のある方は読んでおいて損は無いと思います。

 これまでいくつかの車両工場で入換を撮ってきた経験を踏まえると、工場の入換は大抵の場合、午前中と午後の二部構成で、朝は10時頃からスタート、お昼休憩を挟んで午後は2時前後からスタートというパターンが多かったように記憶しています。今回は、他の地域にある専用線の撮影とかけ持ちする都合上、午後の入換を狙うことにしました。

Hj20b_nagoya_f

■北陸重機タイプの2軸機は予備機で、動車庫内で待機。

この工場に配置されているスイッチャーのうち1両は、北陸重機製と思われる2軸機 。鉄道番外録シリーズによれば、

  • 記号番号 : H5
  • 製造年  : 1993年(平成3年)
  • 製造所  : 日本車輌製造
  • 製造番号 : 3400
  • 機械番号 : 06-28-01-9001

なる車両がいることになっています。掲載写真を確認する限り北陸重機のOEMのようです。もう1両は外に出ていて、

Nj17b_nagoya_f

■こちらがメインで使用されれている2軸機。一見モーターカー風だが…

最近更新された新車です。この車両が導入される前は、協三工業の2軸機が使用されていました。手前の控車のような車両はその当時からのもので、鉄ピクの記事によれば、車掌車ヨ8000形を改造した車両とのことです。

14時を過ぎると入換が始まりましたが、奥の方で断続的に電車を牽引・推進するだけで、中々撮れる場所まで出てきてはくれません。入換を行う番線や編成の長さによっては、

Nj17b_w_s313x2

このくらい手前まで出てくることもありますが、

Nj17b_pushing_s313x2

すぐに奥の方へ車両を押し込んでしまいます。そうこうしている内に…

Dd51822

■名古屋タからやってきたDD51 822。入換で工場寄りの番線へ転線する。

DD51形822号機が単機で現れました。この車両は、南四日市から笹島を経由し名古屋貨物ターミナルまで2082レ~2080レを牽引した機関車です。名古屋タでお役御免となり、笹島へ戻ってきました。これは何かの伏線でしょうか。

Nj17b_w_fcx3

スイッチャーの方は電車の入換を終えて、今度はJR貨物の検査施設で貨車の入換を開始します。フライアッシュのホキやトキ、コキなどを入換えると…

Nj17b_w_toki25000

遂に工場から外へ出てきました! 後ろのトキには、工場で削正されたと思われる車輪が積み込まれていますので、JR貨物と貨車の授受を行うために出場したものと思われます。

Nj17b_at_sasajima

車輪を積んだトキと空コキ(おそらく検査出場)を笹島駅の授受線へ留置すると、しばし小休止。観察のチャンスです。

Nj17b

■JR東海名古屋工場の入換機、HTM270。

  • 機械形式 : HTM270
  • 車台番号 : T01B-2001
  • 自   重 : 17.1t
  • 出   力 : 270ps
  • 最高速度 : 40km/h
  • 製造年月 : 2009年(平成21年)1月
  • 製造所  : 日本除雪機製作所
  • 製造番号 : K2010
  • 機械番号 : 06-28-01-9002

日本除雪機製作所製ということで、ロータリー車を製作しているメーカーの規格型のようです。稼動時の音が独特で、以前撮影した浜松工場の油圧式移動機と同じ音がしたので、おそらく油圧駆動ではないかと思いますがどうでしょうか。機械番号は、冒頭で紹介した北陸重機タイプの日車スイッチャーに続く連番になっています。 

※2010年5月29日追記 日本除雪機製作所のホームページで調べたところ、やはり油圧駆動のようです。

Nj17b_coupler

■HTM270の2エンド側に装備されている双頭連結器。

なかなか見ることが出来ない2エンド側。連結器は双頭で、連結相手に合わせて密着連結器と自動連結器を切り替えて使用することが出来ます。また高さも調整可能なようです。

Kiha85_from_nagoya_vehicle_center

細部を観察できて満足していると、名古屋車両所からキハ85形1両が出場してきました。運転台の無い2エンド側を先頭にして(左向きに)進んでいきます。もしや?と思い、陸橋の反対側へBダッシュしてスタンバイすると…

Nj17b_to_next

スイッチャーは工場へ戻ると見せかけて…

Nj17b_pushing_kiha85

先程お隣りの車両所から出場したキハを牽引し引き上げ、工場内へ推進します。これまでスイッチャーによる貨車の入換は何度か見てきましたが、車両所から工場への入換は初見です。工場奥にキハ85を押し込むと、スイッチャーは動車庫へ戻り、最後に…

Dd51822_w_toki25000_koki

■笹島駅構内で試運転を行う、コキ+トキ。

単機で待機していたDD51が、先程授受線に留置されたコキ+トキを引き連れて試運転を開始。DD51がわざわざ笹島へ送り込まれてきたのはこのためだったのでしょう。

JR貨物の車両授受に加えて、JR東海の車両所との間で旅客車両の授受も行われる、活気ある車両工場でした。比較的頻繁に動いているようですので、今度は予備機を狙いたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

★トワイライトゾーン?★清洲の モ

Kiyozu_entrance

東海道本線の車窓から見えることもあり、もはやトワイライトゾーンでもなんでもないほど有名な、清洲の保線車両群。JRとの連絡部分はレールが撤去されており、孤立状態の謎の施設と化している。(2010年1月24日撮影)

Kiyozu_3sw

留置されているのはJR東海 建設工事部の保線車各種。

Kiyozu_dokishin6

■JR東海 建設工務部 土軌振-6

ダイハツディーゼル社製のバラストコンパクター。

Kiyozu_dokita05

■JR東海 建設工務部 土軌タ-05

MATISA社製のバラストスイーパー。上のバラストコンパクターと組み合せて使用されるようです。MATISAはスイスの保線車両メーカーで、私鉄を中心に納入例も少なくないようです。

Kiyozu_doshamo300

■JR東海 建設工務部 土車モ-300

松山重車輛工業社製のモーターカー。

  • 型 式 : MJK-MR766
  • 自 重 : 17t
  • 製造年月 : 1992年(平成4年)2月 
  • 製造番号 : 102277
  • 牽 引 : 120t
  • 最高速度 : 50km/h

Kiyozu_tmc200

■記号番号不詳

富士重工製TMC-200と同型のモーターカー。

動くことはあるのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

◆十和田観光電鉄◆ED402試運転

 バスとの衝突事故で機関車1両が廃車となり、予備車がなくなっていた八戸臨海鉄道に、JRからの譲渡車(DD16形)が増備され活躍を始めたのが、昨年12月。本来であれば2009年度内には撮影したいところでしたが、普段はなかなか稼動することの無い特大輸送が、年明けから年度末にかけて集中したため、それらの撮影に奔走していました。結局、日祝以外毎日動いている八戸臨海鉄道の訪問は後回しになり、2010年5月1日(土)になってしまいました。

天気もよさそうなので、わざわざレンタサイクルのあるホテルに泊まり、繰り出してみると…

Hachinohe_rinkai

始発便が来ません。本来土曜日は運行日の筈。終点の北沼駅に向けて線路沿いを走っていると保線の方にお会いしたので、事情を聞いてみました。5日まで全便運休とのこと。おそらく工場そのものは24時間稼動と思われますが、連休中の出荷は止まるようです。

しかし、転んでもただでは起きません。貨物列車の連休中の運休はよくあること。実はこういう事態を想定して、保険をかけておきました。それは、近隣の三沢と十和田市を結んでいる十和田観光電鉄の撮影です。二年前の同じ時期に家族旅行で十和田湖を訪れた際、沿道から電気機関車の運行を目撃していたため、同じ時期に行けば何か起きるのではないかといった期待がありました。仮に何も起きなくても、沿線には桜の名所がたくさんありますし、この日はすぐ近くの七戸で南部縦貫鉄道の保存車両イベントも催されています。つまり、保険の保険も万全であり、全く無駄足にならないプラン、というわけです。

三沢経由で車庫のある七百駅に着いたのが11時前。駅に進入する直前に車庫が見えますが、扉が開いて中には電気機関車の姿がありました。しかも機関車の前に3名のスタッフが待機しています。これは何かあるぞと思い下車することに。

旅客列車同士の交換が終わると、スタッフ2名が三沢寄りにある分岐器に細工をします。本線上の分岐器はスプリングポイントですから、常時定位側に開通しています。入換をするためには、一時的に反位側に固定する必要があります。

Ed402_a_shichihyaku_coming

作業が終わると、電気機関車がおもむろに姿を現します。

Ed402_a_shichihyaku_side

■十和田観光電鉄ED400形ED402(クリックで拡大) 2010年5月1日

現れたのは、2台配置されている電気機関車のうちの新しい方です。入換が見られるだけでもかなり幸運でしょう。

  • 形 式  : ED400形
  • 記号番号 : ED402
  • 運転整備重量: 35t
  • 全 長 : 10,950mm
  • 幅   : 2,700mm
  • 高 さ : 4,257mm
  • 出 力 : 90kVA × 4
  • 引張力: 4,400kg
  • 製造年  : 1962年(昭和37年)
  • 製造所  : 川崎車輛
  • 製造番号 : 241
  • 制御装置 : 電磁空気単位スイッチ式
  • 制動装置 : EL14A、発電制動付
  • 台 車  : 川車613(国鉄DT21と同型)

Ed402_makersplate

■ED402のメーカーズプレート

川崎車輛で戦後に製作された電気機関車は注目すべき存在です。日立や東芝、三菱、東洋電機、日本車輌といった各大手メーカーは、規格型を量産して各社に納入していますが、川崎製の戦後の電気機関車は他に例がありません。

もっとも、製鉄所や鉱山など鉄道事業者以外に納入された機関車や、輸出分まで含めて網羅的に調査している人は、私の知る限りまだいませんので、もしかしたらどこかでひっそりと同型機が活躍しているかもしれません。

Ed402_zenkendate

■ED402の全般検査標記

全般検査は平成22年4月に実施済、次回検査が平成30年4月となっています。つまり、この機関車は全検直後ということになります。

Ed402_a_shichihyaku_moving

ED402は三沢方向に向かって動き出します。このまま行ってしまうのかと一瞬不安がよぎりますが、

Ed402_a_shichihyaku_waiting

信号設備の都合で一旦三沢行ホームに入線します。 この機会を利用して運転士から情報収集しみてると、これから11:06発で三沢まで1往復し、午後は13:00発で今度は十和田市まで1往復するとのこと。時計を見るともう11:04で時間がありませんので、一先ずこのまま見送ることにします。

Ed402_to_misawa_f

三沢に向けて、発車!

Ed402_to_misawa_b

この機関車が戻ってくるまでの間に、撮影場所を見つけておかなくてはなりません。幸い、駅から歩いて15分ほどの場所に、拓けた農地と日当たりの良い好ましい場所がありました。線路沿いに雑草が生え放題でしたが、除草剤を撒いてあるのか全て枯れています。5分ほどで草刈りをし、待機します。

Ed402_a_shichihyaku_f

■三沢-七百間で試運転中のED402 2010年5月1日、柳沢-七百

Ed402_a_shichihyaku_b

■同上、後追い

試運転の目的は聞けませんでしたが、全検直後ということで検査後の試運転と解釈することもできます。ただ、十和田観光電鉄は鉄道ファン向けのチャーター運行(有料)を実施することで知られており、そのための準備とも考えられます。チャーター運行は冬季(12月~3月)は実施されないこと、またこの機関車の全検が4月であったことを考えると、これから秋までの間のチャーター運行に備えているのかもしれません。

さて、午後の試運転までは若干時間がありますので、沿線名物の桜と一緒に撮ってみることにします。十和田観光電鉄と言えば、真っ先に思い浮かぶのが三本木農業高校の正門前の桜。早速行ってみると、駅前に障害物があり、鉄道と一緒に撮るのは難しそうです。結局、線路沿いに桜並木が続く北里大学駅周辺に移りました。今年は4月の気候が安定せず、特に下旬に寒い日が続いたため、まだつぼみの状態なのがとても残念です。

Ed402_w_sakura1

■開花直前の桜を横目に試運転を行う、ED402  2010年5月1日、北里大学前-工業高校前

なんとか開花している木を探して歩くこと10分、

Ed402_w_sakura2b

十和田市からの返しは多少まともになりました。

7702f_a_kitasatounv

桜花を後にする7700形電車「観桜号」。結局この日撮影を終えたのは14時過ぎで、南部縦貫鉄道のイベント終了時刻は15時だったため、1日のイベント参加は諦めました。2~3日の二日間、レールバス乗車体験イベントがあるため、そちらに参加することにして、この日は八戸のホテルに引き上げました。

(つづく)

【参考】

  • 杉田 肇「私鉄の電気機関車」『鉄道ピクトリアル』電気車研究会、1984年7月。
  • 大幡 哲海「私鉄電気機関車の現勢」『鉄道ピクトリアル』電気車研究会、1984年7月。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

★祝★55000アクセス突破!!(青森民鉄桜づくし - 十和田観光 弘南 津軽)

Ed402_w_sakura2b
■桜花を横目に試運転を行う、十和田観光電鉄ED402 2010年5月1日、工業高校前-北里大学前

Konan_7037f_w_sakura_a_hirokoshita
■さくらまつりで賑わう弘前の、弘南鉄道7000系 2010年5月3日、弘高下-弘前学院大前

Tsugaru_dd352_w_sakura_a_ashinopark
■桜のトンネルをゆく、津軽鉄道DD352牽引の客車列車 2010年5月4日、芦野公園

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »