« ◆十和田観光電鉄◆ED301入換、そして夏仕様へ | トップページ | ★祝★65000アクセス突破!! 安中行東邦亜鉛号 »

2010年6月14日 (月)

◆京急デト15・16◆神奈川新町の入換

 近頃、土日は予定が詰まっていて中々思うように鉄道趣味に興じることができませんでしたが、6月13日は梅雨入り前最後の日曜日。天気も良いので、近場で楽しめるものを撮影することにしました。とはいうものの、前日に鉄道関係の催しに参加し、親睦会で6時間近く飲み続けたその翌朝。体調も万全ではないため、入換だけ撮ってさっさと帰ろうという、お気楽プランであります(笑)

 実は以前、とあるご縁で京急の方とお話しする機会がありました。毎週月・木曜日に運行されるという貨物電車「デト」のダイヤは、京急ファンには良く知られており、いまさら公表すべきものでもありませんが、その方とお話しする中で、実は日曜日の午前中にも動くという情報を入手していました。もちろん、動くといっても本線走行ではなく入換なのですが、至近距離のため撮影チャンスも多いハズ。朝一で神奈川新町へ向かうことにしました。

Kanagawa_shimmachi_righthalf
■新町検車区の西側にある電留線。東側(写真の左方)に検査施設がある。 2010年6月13日

 神奈川新町駅南西側に広がる新町検車区は、京浜急行の車両の検査修繕を担当する施設です。駅に近く車両の入換も頻繁に行われるため、地元の子供達にも人気のスポットのようです。上の方のお話では、デトの入換時刻は週によって異なるものの概ね9:30~10:30頃で、入換終了後は月曜午前中に出発するまで車庫の外で待機しているとのことでした。9:30に現地に到着した段階では上のような状態で、まだデトの姿は見当たりません。

1500_coming

デトが出てくるまでは入換を楽しみます。車両の入出場や、

N1000_washing

洗車がひっきりなしに行われます。そして10:30を過ぎた頃…

Deto1615start

遂にデトの出場です! 2010年6月現在、京急に現存する貨電はデト編成3本+クト2両。ここ新町検車区に常駐しているのは、通常デト11-12なのですが、現在は久里浜の工場で改造中ですので、デト15-16が常駐しています。改造の内容は、以前取り上げたデト17-18と同様です。

Deto1615coming
■デト16を先頭に出場。ヘッドライトや菱形パンタグラフも原形をとどめている。 2010年6月13日

1000形電車の廃車発生品を利用して製作されたデト形・デチ形ですが、デト17-18は既に界磁チョッパ制御に改造済、デト11-12は現在改造中です。したがって、デト15-16は、京急で唯一残る抵抗制御の貨電ということになります。運転台の右奥をよく見ると分かりますが、保線用車両と比較して黄色の色合いが異なっています。デトの方が山吹色に近い濃い色で、,赤帯の色もやや朱色がかっています。

Deto16_daisya

本線走行時とは異なり、車両の細部を至近距離で観察できるのが入換運転最大の魅力です。台車にも1000形の面影がありますし、なんといっても

Main  

床下に並んだ抵抗器がシンボリックです。

Deto1516turnback
■駅側で一旦停止し、今度はデト15を先頭に車庫へと戻る。

こちらは三崎口側に連結されているデト15。デト16とユニットを組む、パンタ無の車両です。引き通し線は山側床下にあるため、そこに繋がるジャンパケーブルの配置も15と16では逆になっています。

Deto1516_w_n1000
■出庫待ちの新1000形と並ぶ。

Deto1615leaving

車庫へと戻るときも含めると、一度の入換で海側山側両面を撮ることができます。

こういった入換の情報は、地元にでも住んでいない限りなかなか自力では分からないものです。ご教示いただいた方に、この場を借りてお礼申し上げます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆十和田観光電鉄◆ED301入換、そして夏仕様へ | トップページ | ★祝★65000アクセス突破!! 安中行東邦亜鉛号 »

▼私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

どうもです。神奈川新町の辺りも結構撮影できるんですね。数年前に通った時は「こんなとこにも車庫があるんか〜」と思っただけでした(笑)

だいぶ先の事ですが、8月末に平日休みが取れそうなのでデトを狙いに行こうと思っていたのでこの記事は参考になります。ありがとうございます。

投稿: RUIDO | 2010年6月15日 (火) 12:41

RUIDOさんこんばんは。コメントありがとうございます
昨夜は日本soccerカメルーン戦を見ていたので寝不足な社長です。

そうですね。新町は構内入換だけでも撮影チャンスがありますが、文庫や久里浜は駅まで出て来る時でないと撮れないのが難点です。

なお記事にも書きましたが、現在デト11-12は久里浜で改造中ですので、デト15-16が代走しています。もし、デト11-12が8月までに出場してしまうと、デト15-16は当分の間撮れなくなるかもしれません。ちょうど、スイッチャーの予備車を撮る苦労と同じですねcoldsweats01

もうご存知でしたらご容赦をsun

投稿: 社長 | 2010年6月15日 (火) 21:44

毎週月、木に走るデトのダイヤをよろしければ教えてください

投稿: A | 2010年6月20日 (日) 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/48624893

この記事へのトラックバック一覧です: ◆京急デト15・16◆神奈川新町の入換:

« ◆十和田観光電鉄◆ED301入換、そして夏仕様へ | トップページ | ★祝★65000アクセス突破!! 安中行東邦亜鉛号 »