« ★東芝★府中事業所のスイッチャー | トップページ | ■万葉線デ7072■元祖アニマル電車を偲んで »

2010年7月12日 (月)

★神奈川臨海鉄道★浮島町 J社のスイッチャー

 神奈川臨海鉄道浮島線の浮島町駅には、石油メーカーT社K工場100号地専用側線が接続しており、タキ車により北関東・南東北向けの石油が出荷されています。いっぽう、同じ駅の1ブロック東側にも、もう1本分岐していく線路があります。こちらは、J社の関東支店メンテナンスセンターへ至る線路です。

Ukishima_jot_2

■J社関東支店メンテナンスセンターの一角。  2009年7月

メンテナンスセンターは、J社が保有する石油貨車の点検や、タンク内部の洗浄を行うための施設です。検査対象の貨車は、神奈川臨海鉄道川崎貨物駅から当施設まで回送され、点検・洗浄が行われます。往復共に神奈川臨海鉄道の機関車が牽引しますが、施設内の貨車の移動には専用のスイッチャーが使用されています。

Nslg15bc_2 Ukishima_jot_no46_2end

■J社関東支店メンテナンスセンターのスイッチャー、No46。昭和55年日車製、製番3145。

ここに配置されているスイッチャーは、日車の規格型15t機です。1980年に新製配置されて以来、他へ移動することなくずっとこの場所で活躍を続けています。川崎の臨海地区ではこれまで、製鉄所や専用線の廃止に伴い、スイッチャーが頻繁に移動を繰り返してきました。そんな中、一度も移動していないスイッチャーというのは珍しい存在ではないでしょうか。

こんな拠点ですが、予備機が配置されているのかどうか、気になるところです。以前この車両が検査入りした時期には、代替機として、お隣の石油メーカーT社の移動機(DL-6)が使用されていたとの記録があります。DL-6は、1970年新潟鉄工製の25t B型機、しかもロッド駆動です。まだ現役なのでしょうか。それを確認する意味でも、上の車両が検査入りする時期に、また訪れてみたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★東芝★府中事業所のスイッチャー | トップページ | ■万葉線デ7072■元祖アニマル電車を偲んで »

▼A.日車のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/48862993

この記事へのトラックバック一覧です: ★神奈川臨海鉄道★浮島町 J社のスイッチャー:

« ★東芝★府中事業所のスイッチャー | トップページ | ■万葉線デ7072■元祖アニマル電車を偲んで »