« 【くろがね線を読み解く】第77回■110t積 ホットコイル用台車 | トップページ | ◆大井川鉄道C5644◆タイ国鉄仕様 最後の力走 »

2010年8月19日 (木)

【くろがね線を読み解く】第78回■くろがね羊羹

 読者の皆様は、「スピナ」という会社をご存知だろうか。Y製鐵所の鉄道をよく観察している奇特な方にとってはお馴染みの名称であるが、北九州の住民を除けば、一般にはあまり知られていないのではないだろうか。

株式会社スピナは、1952年(昭和27年)9月1日に設立した八幡製鐵ビルディング株式会社をルーツとする。元々は、Y製鐵所関連の不動産事業や、従業員輸送用の構内バス、タクシー、その他福利厚生関係の運営を担う子会社であった[1]

Kuroganeyokan

そのスピナの商業レジャー部が現在販売しているのが、「くろがね羊かん」である。大正時代末期、当時まだ官営であったY製鐵所において、従業員のカロリー補給用の菓子として開発されたのが始まりである。製鐵所が開発した食料品というのも、なかなか珍しい。

JR小倉駅構内の売店などで販売されているこの羊かんは、特選小倉・特選抹茶・特選黒糖など5種類の異なるバリエーションが楽しめるパッケージになっている。5個入り¥1,500-也。私が一番気に入ったのは、

Kuroganeyokan_tokusen_maccha

特選抹茶。ほどよい甘さとボリュームに好感が持てる。ぜひ一度、ご賞味あれ。

【脚注】

  1. 2006年に西鉄に買収され、2010年8月現在では100%子会社となっている。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第77回■110t積 ホットコイル用台車 | トップページ | ◆大井川鉄道C5644◆タイ国鉄仕様 最後の力走 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/49192890

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第78回■くろがね羊羹:

« 【くろがね線を読み解く】第77回■110t積 ホットコイル用台車 | トップページ | ◆大井川鉄道C5644◆タイ国鉄仕様 最後の力走 »