« ◆JR西日本◆吹田工場のバッテリーロコ | トップページ | ★祝★115000アクセス突破!! 大井川鐵道井川線の絶景 »

2010年10月27日 (水)

◆JR貨物◆広島車両所のスイッチャー レインボーGOとEB66

 大阪は吹田工場の公開イベントでバッテリーロコを撮影した翌朝、次なるターゲット広島車両所へと向かいました。ここでも、吹田から遅れること1日、公開イベントが開催されるのです。

Hiroshima_ivent_gate
■年1回開催されるJR貨物フェスティバル広島車両所公開  2010年10月24日

朝8時過ぎには入場ゲート前に着きましたが、雨にも関わらずこの人出です。並ばなければならない理由もありませんので、開場前に隣接するDIYショップの駐車場へお邪魔することにします。入口に守衛さんがいますので、もちろん許可を得て入ります。

駐車場からは、車両所の南側が俯瞰できるのです。

Ky20b_w_hikae
■控車を連結した広島車両所の入換用スイッチャー

以前来たときには、手前にコキ車が並んでいて足回りがうまく撮影できませんでしたが、今度はバッチリです。

Ky20b
■協三工業製20t機。 機械番号06-28-01-304

協三工業の平凡なスイッチャー(貨車移動機)ですが、最近では貴重な存在になってきました。

さてここで、国鉄の貨車移動機について考察してみましょう。国鉄の貨車移動機の機械番号は、すべて 06-28-01-nXX と付番されており、nは鉄道管理局毎に固有の番号、XXは一連番号になっています。鉄道管理局は全国に10以上ありましたから、当然nは0~9の数字10個では足りません。そこで、隣接する管理局間で同一番号を使用しないことを条件に、重複が認められていました。

かような事情から、機械番号は製造番号とは異なり重複があります。このため、番号が同一だからと言って同一車両と決めてかかるのはやや問題があります。特に民営化後、唯一の広域会社となったJR貨物に所属する車両は、移動機の転配範囲も全国にわたりますから注意が必要です。東北で使用されていた車両が神奈川県や富山県に移動した、といった事例は現在でもあります。

304号は、かつて金沢鉄道管理局の魚津駅で入換に使用されていましたが、上の写真の304が同じ車両なのかどうかは分かりません。

Wamu80000_hiroshima

次に、広島ならではの貨車を撮影。西岡山まで部品を輸送する緑色のワム80000です。

Ky10b_w_eb661_w_eh50071
■家族連れに人気のレインボーGO 背後は門司から運んできたEH500-70  2010年10月24日

いよいよ会場に入り、本命のスイッチャーを撮影します。このレインボーGOは、 年1回の公開イベントの時にしか走行しない貴重なスイッチャーなのです。ごく稀に、上の朱色のスイッチャーの代替機として走行しているという報告がありますが、狙って撮影するのはまず不可能でしょう。イベントの時を狙うのが懸命ですね。EH500とのツーショットもイベント限定です。

Ky10b_w_eb661

おそらく、日本で最も派手なスイッチャーなのではないでしょうか。前頭部ボンネットには、機関車ト○マスのような顔が付いており、不気味です。

開場直後は小雨だったため、30km/h以上と思しきかなりの高速で運転していました。しかし雨が激しくなると、さすがに危険を感じたのか、15km/h程度まで速度を落としていました。

Eb661_w_ky10b_oposite

こちらがEB661。このアトラクション?の主役です。つばめのヘッドマークは、大きさが若干小柄なのでレプリカでしょうか。

Rainbow_2i

元は、昭和44年協三工業製の10t貨車移動機です。半キャブと呼ばれているタイプですね。派手な塗装ではありますが、私は結構好きです。

Rainbow_4i

2エンド側は客車と連結しているはずですが、ご覧のようになぜか客車側の連結器がありません。これはどういうこと???

Renketsuki

実は、客車側には柴田式自動連結器は存在しません。棒連結器の穴に、スイッチャーの自連のピンを差し込んでいるように見えます。これはかなり変わっていますね。もっとも、連結器に関する著書の多い石本祐吉氏によれば、通常の自連でも重さを負担している場所はピンだそうですから、問題は無いのかもしれません。

あいにくの雨で、撮影条件にはかなり苦しみましたが、東京から遠路遥々かけつけただけの成果は残せたと思います。

なお、レンガ倉庫の貨物ホームから撮影した別アングルの写真を投稿したところ、レイルマガジンのRMニュースに採用されましたので、こちらにも報告しておきます。

【JR貨】広島車両所公開の話題

◆2010年11月20日追記

 レイルマガジン2011年1月号の「NEWS SCRAMBLE」に、RMニュースの写真が採用されたようです。142ページです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆JR西日本◆吹田工場のバッテリーロコ | トップページ | ★祝★115000アクセス突破!! 大井川鐵道井川線の絶景 »

 C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

トロッコ・保存鉄道」カテゴリの記事

コメント

初めてお便りします。数回 レールマガジンのトワイライトゾーンに、記事中で登場した 北陸の「I」です。国鉄20t移動機 かなり動きが有ったと思いますが、06−28−01−304 私は1984.9.24に 速星にて撮影してます。協三48年です。

ちなみに 北陸鉄道管理局ではなく 金沢鉄道管理局が正当ですので よろしくお願いします。 今後とも、楽しみに拝見させて頂きます。

投稿: モビリオ | 2010年10月28日 (木) 10:45

モビリオさんはじめまして

84年に速星ですか。魚津のものとはおそらく同じでしょうね。
広島の車両はどうでしょうか。
そういえば広島支社管内には、件の304以外にも、米子303、伯耆大山305のように、300番台の車両が結構残っていますね。305は長野工場製だったと記憶していますが。

#確かに仰るとおり金沢ですね。寝る寸前に書いたので筆が滑ってしまいましたhappy02

投稿: 社長 | 2010年10月28日 (木) 12:51

こんにちは。土曜日の吹田ではほんの少しでしたがお疲れ様でした。

広車協三20t…やはり会場とは離れたところでしたか。後ろに写っている EF81(伏木でナンバープレートが売られていたヤツ)との塗装の差がすごいですね…

緑ワム…こいつ動いているんですかね。8866レに連結されている話は聞きませんが…緑トラとともに気になる貨車です。

広車協三10t…派手ですね!結構面白いですがト○マスは要らん気が…

投稿: RUIDO | 2010年10月28日 (木) 15:16

RUIDOさん 吹田ではお疲れさまでした。

緑ワムの車票には
8010 広島タ 6708 西岡山

列車指定表示票には
8010 8866レ

と記載されていましたよ。

投稿: 社長 | 2010年10月29日 (金) 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/49863664

この記事へのトラックバック一覧です: ◆JR貨物◆広島車両所のスイッチャー レインボーGOとEB66:

« ◆JR西日本◆吹田工場のバッテリーロコ | トップページ | ★祝★115000アクセス突破!! 大井川鐵道井川線の絶景 »