« ★祝★100000アクセス突破!! 終焉迫る南九州の485系 | トップページ | ★祝★105000アクセス突破!! 焼島ワム 6789レ最終便 »

2010年10月 4日 (月)

【くろがね線を読み解く】第85回■編成の研究(鉄屑台車)

Nyn_ppcoming

 鉄スクラップを積載した編成は、八幡から戸畑へ向かう列車にのみ見受けられる。これに使用される貨車は、40t積2軸ボギー無蓋車や、15t積2軸無蓋車、25t積2軸ボギーダンプカーなどが使用される。

また時折、コイルの切れ端と思われる鉄板が輸送されることがあるが、

Nyn_80t_slimboard_2

このようなものは上の写真のように、スラブを輸送する平台車に積載される。輸送時には必ずといっていいほど機関車次位に連結されているのが特徴である。

40t_fe

この日の編成は、機関車次位に鉄板搭載平台車、その後に鉄スクラップを積載した40t積2軸ボギー台車が連結されていた。

 

Fe_w_d704_2

最後尾まですべて鉄スクラップで統一されているのは珍しい。  

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★祝★100000アクセス突破!! 終焉迫る南九州の485系 | トップページ | ★祝★105000アクセス突破!! 焼島ワム 6789レ最終便 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/49317263

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第85回■編成の研究(鉄屑台車):

« ★祝★100000アクセス突破!! 終焉迫る南九州の485系 | トップページ | ★祝★105000アクセス突破!! 焼島ワム 6789レ最終便 »