« ★大阪市営地下鉄★緑木のバッテリーロコ | トップページ | ★祝★125000アクセス突破!! 南部縦貫鉄道キハの運転 »

2010年11月27日 (土)

車輌メーカーT社にお邪魔しました。

 2010年11月27日といえば、春日井発の特大貨物の入換が実施される日です。しかし今回の記事のテーマは、残念ながら専用線ではありません。期待された方には申し訳ありませんが、ご了承ください。

 本日は、故あって神奈川県のとある車輌メーカーにお邪魔しました。ここで行われる講演会に参加するためです。

既にレイルマガジン誌などで発表されているのでご存知の方も多いと思いますが、このメーカーで保存されていた、日本初のステンレス電車・東急デハ5201と、日本初のオールステンレス車両・デハ7052及び設計関連図面が、今年5月、産業考古学会「推薦産業遺産第82号」に認定されました。本日の催しは、これを受けての認定記念講演会です。

産業考古学会 推薦産業遺産 認定記念講演会

「日本におけるステンレス車両の産業遺産認定とその意義」

 まず初めに、産業考古学会鉄道分科会主査より簡単な挨拶があり、続いて「産業遺産認定の意義」と題した基調講演が行われました。

「産業遺産は黙して何も語らないが、その声を聞くことができるのは私たちなのである」

このお言葉が大変印象的でした。

後半は、車輌メーカーT社の技術開発室長による講演「ステンレス車両の技術の系譜」、続いて技術開発室開発企画部長による車両保存に関する講演が行われました。

日本国内で活躍してきたステンレス車両の変遷については、既に多くの方がご存知の様子で、講演もそれを前提にした内容になっていました。興味を惹いたのが、BUDD社からの技術移転にまつわるお話です。私は鉄道趣味誌で読んだ程度の知識しか持ち合わせていなかったので、大変勉強になりました。ただ、キハ35形900番台や205系をはじめとする国鉄のステンレス車両について、(技術的なイノベーションがあまり無かったためか)説明の時間が短く、少し残念でした。

Memorial2 Memorial1
■見学時にいただいた、横浜製作所歴史記念館の案内パンフレット

2時間あまりの講演会が終わると、その後は見学会です。認定産業遺産を自分の目で確かめてこそ、その価値を見出せるというわけです。参加した皆さん、それぞれ思い思いにデハを眺めたり触ったり、メーカーの方に解説を求めたりと、楽しんでいる様子でした。

デハの反対側を眺めてみると、工場構内ですから当然出場待ちの車両がわんさか並んでいるわけですが、詳細は割愛します。無論、入換用スイッチャーもオレンジ色の車両が2台。メーカーのとある方に質問してみると、

「こんなふうに2台とも順光で綺麗に撮れる位置に並んでいるのは珍しいですよ」

とのことでした。目に止まったのがD-502の塗装。以前は、オレンジ色の車体に、白い文字で「T○KYU CAR C○RP」と大きく書かれていましたが、よく観察してみると、かなりんからの譲渡車同様のオレンジ色に緑帯に塗り変わっていました。ヘッドライトが緑色に塗られているので、やや違和感があります。メーカーの方にうかがったところ、今年塗り替えたとのことでした。

スイッチャーついでに、車両搬出・搬入時の運転方法や苦労話についても伺いました。輸出用の車両は、駅前の大きな踏切を渡って港まで陸送するそうですが、車両を通すために、わざわざ京急の架線の高さを踏切の部分だけ高くしてあるという驚きのエピソードも。

そして最後は懇親会。初対面の方が多かったですが、和やかな雰囲気で進みました。春日井の特大輸送の撮影を優先するべきか、少し迷った時期もありましたが、こちらの催しに参加して正解でした。

U
工場奥に保管されている廃車体。   2009年、敷地外より撮影

余談ですが、工場の裏手にこのような車両が保存されています。どうも聞いた感じでは、保存はしたいが予算がつかないような雰囲気でした。このまま朽ち果てていくのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★大阪市営地下鉄★緑木のバッテリーロコ | トップページ | ★祝★125000アクセス突破!! 南部縦貫鉄道キハの運転 »

▼私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事