« ★190000アクセス突破★流鉄3000形若葉号引退 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第91回■某製鉄所のトピードカー被災 »

2011年5月16日 (月)

★南四日市のスイッチャー★今は無き予備機の予備 ニチユ15t

 南四日市を連絡駅とする専用線は数多くありましたが、最後まで残っていたのが化学メーカーM社専用線とJ社専用線です。これらの入換用として活躍していたのは、総合物流メーカーS社のスイッチャーです。

Nylr15b_of
■山九のスイッチャーDB15 1961年日本輸送機製、製番883002  2010年2月

中でも、予備機のニチユの15t機は稼動頻度が低いことで知られていました。かくいう私も貨車を牽いて動くところを撮影したことはありません。 このDB15は、1961年にS社に新製配置されて以来、ずっとこの駅に連絡する専用線で活躍していました。2008年3月にM社が貨車出荷を終了してからは、残ったJ社専用線で稼動することもなく駅構内に留置されていました。その後、2010年夏までに撤去されています。

Nylr15b_uof
■非公式側は連結棒を下におろしたスタイルで留置    2010年2月

では、朝日新聞社『世界の鉄道’70』より、この車両のスペックを明らかにしてみましょう。

  • 記号番号 :  DB15
  • 形   式 :  DL15-HC-1067
  • 製造年  :  1961年(昭和36年)
  • 製造所  :  日本輸送機
  • 自   重 :  15t
  • 車軸配置 :  B
  • 動輪径  :  860mm
  • 全   長 :  6,050mm
  • 幅     :  2,570mm
  • 高   さ :  3,300mm
  • エンジン :  日野自動車製 DA59C
  • 液体変速機: 岡村製作所製 CRM2016
  • 動力伝達方式:ロット
  • 最高速度:  20.6km/h

エンジンにはトラック用の汎用品が採用されています。イニシャルコストのみならずメンテナンスコストの低減をも狙っていたのでしょう。同時代に製造された日車や日立のスイッチャーの多くは、国鉄のディーゼルカーと同様に神鋼造機DMH17系のエンジンを搭載していましたので、先見性があったと言えるのでしょうか。岡村製作所のトルコンは、ニチユやカトーなどの小型移動機によく採用されているようです。 

Nylr15b_uob

2エンド側からも形態をチェック。南四日市駅は、留置貨車がない場合は鉄道敷地外から望遠でスイッチャーを撮影することができるのも魅力のひとつです。

●正月恒例の注連飾り

 毎年年末年始には、全国の専用線で安全祈願のために注連飾りをつけたスイッチャーを見ることができますが、ここ南四日市も例外ではありません。

Nylr15b_shimekazari
■妻面に注連飾りを取り付けたDB15。年末年始限定の姿である。  2008年12月

というわけで、とっておきの写真をご覧に入れましょう。3年前の年末に撮影した、注連飾り付ニチユ15tです。

Nylr15b_shimekazari_f

ニチユのロット駆動のスイッチャーというだけでも珍しい存在なのに、さらに注連飾りを着けているとは…、レアですねぇ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★190000アクセス突破★流鉄3000形若葉号引退 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第91回■某製鉄所のトピードカー被災 »

 H.ニチユのスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/51690183

この記事へのトラックバック一覧です: ★南四日市のスイッチャー★今は無き予備機の予備 ニチユ15t:

« ★190000アクセス突破★流鉄3000形若葉号引退 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第91回■某製鉄所のトピードカー被災 »