« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

フルコースで楽しむ★とうてつ電車まつり2011年夏★

 2010年12月の東北新幹線新青森延伸以降、経営環境の悪化が懸念されていた十和田観光電鉄。2011年3月11日に発生した東日本大震災以降は、鉄道網が断絶した影響もあり、観光客が激減したといいます。そんな状況を打開するために企画されたのが、今回紹介するイベント『とうてつ電車まつり2011年夏』です。普段は、類似のイベントが年一回11月に実施されていますが、今年は7月の3連休(16~18日)に内容をボリュームアップして開催されることになりました。この連休は、ちょうどJR東日本が発売中の、新幹線を含めて全線が1日乗り放題となる割引切符『東日本パス』(¥10,000-)の有効期間内であり、集客にはもってこいのタイミングです。十和田観光電鉄自身も『よりみちきっぷ』なる1日乗車券を発売していました。

 せっかくイベントを開催していただけるのですから、前泊して朝から二日間にわたり楽しむことにしました。前日は、震災復旧後の八戸臨海鉄道を撮影後、三沢駅の待ち時間を利用して『古牧温泉 元湯』で汗を流し(¥300也)、よりみちきっぷを2枚(2日分)購入してから、十和田市中心部のホテルに泊まりました(二連泊で総額¥5,980-という格安プラン)。

 さて、イベントのメニューは次の通りです。フランス料理のフルコースに譬えてみました。

Le menu d'aujourd'hui (ムニュ・ドジュールデュイ = 本日のメニュー)

  1. Les Entrées (アントレ=前菜)
              イベント前の電機入換
  2. Les Poissons (ポワッソン = 魚料理)
              凸+□おもしろ列車
  3. Les Sorbets  (ソルベ = お口直しのシャーベット)
              七百車両区での撮影会
  4. Les Viandes   (ヴィアンド = 肉料理)
              貨物列車復活運転、凸+□おもしろ列車2、旧型電車臨時運転
  5. Les Fromages (フロマージュ=食後のチーズ)
              旧型電車解説
  6. Les Desserts (デセール=デザート)
                               
    イベント後の電車入換

1.Les Entrées … イベント前の電機入換

 イベントの前菜といえば、もちろん列車組成のための入換です。17日は朝一番で十和田市内のホテルを出発し、1日乗り放題のよりみちきっぷを使用して三沢まで1往復しながら沿線の状況を確認しました。しかし、撮影地に三脚等を見かけることもなかったため、場所取りに精を出すより入換から楽しんだ方が得策と判断しました。

 七百で下車し、入換撮影ポイントである用水路の対岸でスタンバイ。

Ivent_01
■七百車両区内で並ぶED402(左)とED301(右)  2011年7月17日 

列車の発車時刻は9:55ですが、8時半を過ぎた頃でしょうか、

Ivent_02

ED301がトラ302形1両を切り離しておもむろに工場から出場し、トラ301形を牽引して三沢方へ引き上げます。

Ivent_03

方向転換してモハ3401形が待機している線路へ入線し…

Ivent_03a

連結しました。これで午前中のイベントの準備は完了です。

Ivent_04

 ED301とED402が2両並ぶと、その大きさの違いが良く分かります。手前のED301は、以前の記事で言及したように、原型となった同じ日立製の機関車(20~25t機)が他の私鉄や専用線向けに納入されていました。特筆すべきは住友金属鉱山別子鉱業所の20t機(ED101~103)で、他の25t機とほぼ共通の車体を持ちながらナローゲージ(762mm)用の台車を履いていました。十和田観光電鉄のED301は30t機であり、車体の大きさは住友別子の20t機より一回り大きいのですが、車体の大きさに対して相対的に台枠がかなり高い位置にあり腰高な印象を受けます。それに合わせるように端梁も縦に長くなっています。にもかかわらず、屋根高さ(レール面上)は低く、本来ナロー向けの車両だったのではないかと疑いたくなるほどです。

 十和田観光電鉄は、1922年9月にナローゲージ(762mm)で開業し、1951年6月に電化・拡軌工事を実施したとされています。しかし、渡邊肇著「日本製機関車製造銘板・番号集成」、沖田祐作著「機関車表 私設企業編」によれば、ED301は1951年5月8日に認可されており、実はナロー時代に既に納入されていたことが窺えます。こう考えると、車体サイズとの関連を探りたくなるところですね。

2.Les Poissons … 凸+□おもしろ列車

 凸+□おもしろ列車の第一弾は、七百-十和田市間で1往復運転されます。機関車が貨車を牽引するところを、連結された電車から眺めることができるという趣向です。一応乗ることもできますが、もちろんこれはカッコ付きのネタで、実態は撮影用の列車ですね。

Ivent_11
■七百発十和田市行き。モハ3401+トラ301+ED301  2011年7月17日 

まずは十和田市行きの編成から。東西方向に走っている十和田観光電鉄線は、どいういうわけかほとんどの架線柱が南側に設置されているため、電線など障害物を避けるためには北側から撮ることになります。自ずと逆光になりますが、

Ivent_12

七百への返しは綺麗になりました。

3.Les Sorbets … 七百車両区での撮影会

 イベントの合間のお口直しは、車両区内での撮影会です。

Ivent_13
■七百車両区内で並ぶ希少車両たち      2011年7月17日

イベントの主役達が横並びになった姿を撮影することができます。参加者が多いため10分毎の入替制となりました。左のホームには入場待ち行列が見えます。

Ivent_14

南側から順に、旧型電車の、モハ3401形と、モハ3603形が並び、

Ivent_15

北側にはED402形とED301形が並びます。天気がコロコロ変わるので撮影する方も大変です。こういったお膳立て形のイベントはあまり来る機会がないのですが、首都圏の大手私鉄のイベントのように人が殺到して険悪ムードが漂うようなこともなく、のんびりと撮影することできました。もちろん一部には、入替制にもかかわらずなかなか場所を譲らない困った参加者もいたようですが(苦笑)

4.Les Viandes … 貨物列車復活運転、凸+□おもしろ列車2、旧型電車臨時運転

 いよいよ本日のメインディッシュです。

Ivent_16a
■三沢行き。ED301+トラ301+トラ302+ED402  2011年7月17日

まずは電気機関車プッシュプルによる貨物列車復活運転。トラよりワムのほうが過去の実態には合っている気がしますが、贅沢は言っていられません。

Ivent_16

三沢からの返しは見上げる感じで。すぐに次の列車が来るため、移動する余裕はありません。移動先で場所が確保できなかったら、それはそれで困りますし…。

Ivent_17
■三沢行き。ED402+モハ3401+ED301     2011年7月17日

午前中に引き続き凸+□おもしろ列車の第二弾。今度は電車を電気機関車でサンドイッチ。ED301と402の連結順序も逆にして、なかなかにくい演出です。

Ivent_17b

この時間になると三沢からの返しの方が順光です。やはりED301が先頭になった方がバランスが良いですね。

Ivent_32
■三沢行き。 モハ3603+モハ3401      2011年7月18日

最後は旧型電車臨時運転。このように踏切の近くで撮ったり、

Ivent_35
■十和田市行き。                   2011年7月18日

陸橋の歩道から俯瞰してみたり、

Ivent_34
■三沢行き。      2011年7月18日

逆俯瞰も楽しんで、

Ivent_36
■七百行き。                     2011年7月18日

夕暮れの後追いも。急行も復活運転し、「急」の種別マークも掲出。

Ivent_31
■三沢行き急行。    2011年7月17日

個人的には三沢駅付近の古牧温泉内を走る併用軌道風の区間が好みです。いかにも元ナローゲージという雰囲気が良いですね。17日は乗車もして、吊掛音を存分に楽しみました。1997年3月に友人と訪れた際は、まだ東急のステンレス電車は入線しておらず、現在の保存電車が主力だった気がしますが、10年以上たってもまだ吊掛電車が動態保存されているのは嬉しい限りです。

5.Les Fromages … 旧型電車解説

Ivent_33 Ivent_37
■午後の七百駅構内は形式写真撮影に都合が良い。  2011年7月18日

Jamper

モハ3601形(左)とモハ3401形(右)の非公式側連結部。公式側には電気関係の引き通し線が、非公式側には空気関係の引き通し管が設けられています。ご覧の通り、ブレーキ管は連結されていますが、釣り合い管は連結されていません。

6.Les Desserts …  イベント後の電車入換

 食後のデザートは、イベント終了後の入換です。よく学校の運動会で「家に帰るまでが運動会だ」と教師がお約束のスピーチをしますが、さしづめ「入換が終わるまでがイベントだ」といったところでしょうか。

Ivent_41
■七百駅へ入線する旧型電車。         2011年7月18日

臨時の旧型電車が七百駅に入線します。

Ivent_42

午後の七百駅は日当たりが大変良く、足元に雑草などの障害物も無いため、車両の写真を撮るには好都合です。

Ivent_44

七百車両区内には、電気機関車が重連でトラ2両を連結し待機中。実はこの編成は朝からこの状態でした。なにか予定していない非公式なイベントでもあるのかと思い気になっていました。

Ivent_43

それを横目に、到着した電車が三沢側へ引き上げ、

Ivent_45a

転線して車両区へ入ります。行先表示が「七百」から「回送」へと変わっています。

Ivent_45

結局、このあと電気機関車のパンタグラフは2両とも降ろされ、何事も起きずにイベントは静かに終わりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

★215000アクセス突破★C61+C57 SLググっとぐんまみなかみ号

C6120_w_c57180_w_banmono_nobori
■C6120+C57180+ばんえつ物語用12系6連   2011年7月2日

 今回は下り列車を動画撮影のため、写真は上りだけです。この後渋川で追い抜いてもう1度撮れますが、安中の入換を撮影するためパス。今後も色々と企画されているようで楽しみです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

【八戸臨海鉄道】震災復旧1ヶ月後の様子

 連休を利用して、東日本大震災後6月上旬に復旧した八戸臨海鉄道の様子を見てきました。金曜夕方仕事を終え、はやて179号で一路八戸駅へ。22時前の到着ですからもうJR八戸線の運行は終了していますが、八戸駅22:10発の中心街行き最終バスには間に合います。泊まったのは出張で何度も利用している某有名ホテル。無料貸し自転車があって素泊まり¥4,500-の格安プランがあれば、迷う余地は無いでしょう。飲み屋街にも近く、八戸在住の友人と落ち合うにもちょうどよい場所です。

Dd563_to_kitanuma_2
■操業再開した精錬所を後に北沼駅へと向かう 2011年7月16日

翌朝沿線へ繰り出してみると、この日は正午過ぎの1往復しか走らないことが判明。やはり操業を再開したとはいえ、フル操業ではないようです。仕方がないので沿線の状況を確認したり精錬所のテルハを眺めたりして時間をつぶしました。

Dd563_to_kitanuma2

昼過ぎ、定刻でやってきた15列車。「がんばろう!!八戸」のヘッドマークを掲出していました。ヘッドマークは片側1枚分しかありませんが、終着駅で付け替えて八戸貨物行き16列車の先頭にもきちんと付きました。

Dd563_infrontof_mabechirv
■16列車を牽引するDD56 3  2011年7月16日、北沼-八戸貨物

 牽引機のDD56 3は1981年に川崎重工によって製作された機関車で、1970年汽車会社製のDD56 1、2号機とはスペックが異なります。DD561、562の自重は56.0tですが、本機は1t軽く55tとなっています。また外観上も、ボンネット側面のラジエーターグリルの大きさや、点検蓋の上の通気口の有無などが異なります。本機は、ラジエーター大、通気口なし(ルーバー)です。

良い機会なので川重の資料をベースに諸元を確認しておくことにします。(不足するデータについてのみ、鉄道ピクトリアル2007年12月号を参照)

【諸 元】

  • 記号番号 : DD56 3
  • 全  長  : 13,600mm
  • 幅     : 2,846mm
  • 高  さ  : 3,935mm
  • 自  重  : 55.0t
  • 機関出力 : 500ps×2基
  • 機関型式 : DMF31SB
  • 液体変速機: DS1.2/1.35
  • 製造所  : 川崎重工
  • 製造番号 : 4083

●臨海鉄道周辺の状況

 八戸臨海鉄道の路線の大半は内陸部のため、仙台臨海鉄道のような大規模な軌道の損壊は無かったようです。津波の被害は海沿いに集中しており、内陸部については国土交通省東北地方整備局の資料

東北地方太平洋沖地震における河川関係施設の被害状況(第1報)』 ※pdfファイル

にもあるとおり、馬淵川を遡上してきた津波によって馬淵大堰(河口堰)が損壊した程度で、津波が川の土手を越えたり決壊することは無かったようです。私の友人は新井田川の川沿いに住んでいるのですが、台地の上なので「ウチの被害は花瓶が倒れたくらいかな」と言っていました。とはいえ、海岸沿いの火力発電所が停止したため、しばらくの間停電していたそうですが。

 いっぽう、臨海工場が多く立地する八戸臨海鉄道北沼駅周辺は、やはり相当な被害があったようです。震災直後の現地の映像がyoutubeにもあがっていますが、津波の水そのものよりも、流されてきた船や自動車によって街や道路が破壊されていることに注目すべきでしょう。

Sinsan

 臨海鉄道と新産業都市は関係が深いですが、これは北沼駅裏手にある青森県新産都市会館です。この通り1階部分は津波により窓ガラスがすべて割れており、ベニヤ板を張り付けて風雨をしのいでいます。手前にあるコンクリート製の門や鉄柵も破壊されています。

Kitanuma_coast_2

これも北沼駅周辺の海沿いです。写真右手が八戸港で、津波で流された船が激突したと思われる箇所が深くえぐられています。左奥に見えるダンプのいる場所が、北沼駅から更に先へ続いている製紙メーカーM社専用線の踏切です。船があと30メートル北に動いていたら、専用線が破壊されていたかもしれません。

Kitanuma_deadkoki Kitanuma_deadkokidaisya
■細かく切断され解体待ちのコキ車(左)と、その台車(右) 2011年7月16日

北沼駅の北東側に広がる空き地には、津波に流され使用不能になったコキ車の台枠が大量に積み重ねられていました。解体しやすいように4つに切断されています。その隣には、コキ車の台車も大量に留置。見た目は使えそうでも潮に浸かっていたら原則解体処分でしょうね。

●精錬所のテルハ

Hachinohe_seiren_scape

 八戸臨海鉄道の沿線にある非鉄金属メーカーH社の精錬所では、工程間輸送のためにテルハが使用されています。私などは、動く産業遺産と高く評価しているのですが、産業機械を見慣れた方にとっては珍しくもなんともない代物だそうです(苦笑) 上の写真は、とあるコンビニの駐車場からの眺めで、右側の三角屋根の建屋から左下の建屋に向けて、半製品が輸送されています。

Hachinohe_seiren_2xstart

おや? 何やら怪しげな鍋が現れました!

Hachinohe_seiren_2x

鍋は2台あり、よく見るとジャンパケーブルのようなもので繋がれています。

Hachinohe_seiren_2xthrough

重連の「釜」は懸垂式モノレールに近い動き方でスルリスルリと左へ移動していきます。

Hachinohe_seiren_2xup

左端に到達して数秒が経過すると…

Hachinohe_seiren_2xdown

今度は下へ降りていきます。降りた鍋は4~5分後に再び上昇し、右の建屋に戻ります。

この精錬所も津波の影響でしばらく操業を停止していたと聞きます。文句も言わず黙々と動き続けるテルハの鍋に、復興の兆しを見た気がします。今度はDD16形が運行される日に来訪してみたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

★210000アクセス突破★九州新幹線 熊本総合車両所の入換

Kyusyu_kumamoto_shinkansen_ant
■800系新幹線の入換風景。手前の黄色はアント工業製の入換用移動機。 2011年6月5日、JR九州熊本総合車両所

 東日本大震災のため、関東ではまったく話題にならない九州新幹線の全通。しかし、その輸送実績は堅調に伸びているようです。ホントかウソかは分かりませんが、原発事故の影響で観光客の西志向が強まっているとの報道もありました。ハウステンボスの黒字化とあわせ、何かと話題です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »