« 【くろがね線を読み解く】第93回■M製鉄所への転属車D610 | トップページ | ★230000アクセス突破★営団地下鉄3000系保存車 広尾行き »

2011年8月28日 (日)

★東京総合車両センターのスイッチャー★重連で活躍

 2011年8月27日土曜日、今年も例年通りJR東日本2011夏休みフェア『東京総合車両センター 一般公開』が開催されました。上越線のSL2往復走行&すれ違いイベントに行こうかどうしようか迷いましたが、群馬の天気が悪そうなのでこちらに決めました。

Ooi_entrance

入口で案内図を受け取り、早速スイッチャーがいそうな場所へ向かいます。

E231_yamanotekuha

途中には山手線用E231系が細切れにされて留置されていました。こういった車両は、イベント終了後に組成されることが多いため、入換への期待が高まります。

Sw_143_e217

車両展示コーナーには、東側から順に、E217系、クモヤ143、スイッチャー重連、ミュートレイン、中央線用E233系、EF510北斗星、185系復刻湘南色が並べられていました。

Kumoya143

電車界のスイッチャーとも言える、クモヤ143形事業用電車クモヤ143-1。展示スペースではない場所にもう1両いました。

Ooi_sw_x2

そして今回の主役。大井工場のスイッチャーです。何の都合かは分かりませんが2両が重連を組むような形で留置されています。デザインから察するに、手前は国鉄工場製(おそらくは浜松ないし鷹取)の20t機、奥は協三工業製20t機でしょう。この角度からは見えませんが、手前の車両はおそらくロッド駆動のはずです。

Hmlr20b_2e

国鉄工場製スイッチャーの端梁部を拡大。電車を入れ換えるための双頭連結器は、車両工場のスイッチャーの標準装備です。スイッチャーが自動連結器しか装備していない場合は、双頭連結器を装備した貨車(控車など)を連結して使用されることが多いようです。

右上にジャンパ栓納めが2つありますが、その割にはジャンパ線(栓受け)がどこにも見つかりませんね。何のための装備でしょうか。形態的には、国鉄101系電車をはじめとする初期の新性能電車が備えているKE58形ジャンパ連結器用に見えるのですが…。

Kylg20b_2e

ボンネット側は立入禁止区域のため、正面から撮影することができません。そこで、側面から可能な限り情報を拾ってみることにします。

まずは協三工業製20t機から。このタイプには類似のものとして15t機もあるのですが、15t機はボンネット側面の点検蓋が6枚とも同じ大きさであるのに対し、この車両はキャブ側の2枚のみ小さくなっており、20t機で間違いありません。銘板については、通常は台枠部にあるので探してみたのですが、みつかりません。

062899103

仕方が無いので、キャブ側面の機械番号を記録します。この番号は、別工場へ配置換えになると振り替えられてしまうことがあるため、記録として製造番号ほど万能ではありませんが、何も無いよりは役に立つものです。

Hmlr20b_side

もう1両、国鉄工場製の20t機は、現役展示車両の奥にひっそりと佇んでいます。やはり立入禁止ですので拡大してみましょう。

Hmlr20b_siderod

このタイプも15t機と20t機がありますが、このボンネットの長さですと20t機ですね。先程後ろから観察した際にロッド駆動のはずだと申し上げましたが、予想は的中しました。スポーク車輪に赤い連結棒がついているのが確認できると思います。

Hmlr20b_sidemp

後位側の車輪付近を見てみると、車輪に埋め込まれたカウンターウェイトの上に銘板を取り外した跡が見えます。

062899102

機械番号は連番でした。国鉄工場製の方が設計としては古いので、おそらく製造年・導入年も古く、機械番号も若いのでしょう。

 一通り見学を終えると、イベント終了時刻の15時前に工場を出て移動します。大井工場は、まだ小学生の頃に撮れる場所が無いかどうか探して回りを1周したことがありますので、勝手は大体分かります。が、あれから25年がたち、フェンスができてまともに撮影できなくなっていたのは少し残念です。そういえば当時は、ちょうどチェルノブイリの原発事故が起きた直後で、新聞部に在籍していた私は、子供ながらに必死に情報を集めて学級新聞に記事を書いたものです。25年後にフクシマでまた事故が起き、また同じ場所に来ていることに、何やら因縁めいたものを感じてしまいます…。

Ooi_swx2_w_e231

入換は15時半頃から始まりました。最初は上の中央線用E233系が自力走行で入換、続いて重連スイッチャーがクモヤ143を入換えました。いずれも、スタンバイしていた場所が悪く失敗しましたが、何度目かの入換で、ようやくまともに撮ることができました。先頭の機関車のキャブ内に運転士の姿(ヘルメット)が見えますが、次位の機関車には誰も乗っていません。

Hmlr20b_2e_op

大崎駅側へ引き上げた重連スイッチャー。国鉄工場製の方はキャブ側窓下にE-102の表記が見えます。102は機械番号の下3桁と一致しており、入換動車にはお約束の付番ルールですね。ちょうどロッドが一番下に来た瞬間を撮りましたが、どうでしょうか。フェンスが邪魔で分かりにくいですね(苦笑) 画像をクリックすると拡大するのでよく観察してみてください。

Hmlr20b_1e  Kylg20b_1e
■国鉄工場製20t機E-102(左)と、協三工業製20t機E-103(右)  2011年8月27日、東京総合車両センター

フェンス越しとはいえ、車両研究派としては意地でも形式写真を撮っておきたいものです。執念でなんとか撮りました。2両とも、ボンネット端部に旋回灯を2基備え、操車掛が乗るための籠が付いています。これで無線アンテナが付いていたら、もはや製鉄所の機関車ですね(笑) 左のE-102は、国鉄浜松工場・鷹取工場製のスイッチャーに特徴的な左右非対称の前面3枚窓を備え、足回りはロッド駆動です。右のE-103は、協三工業の標準的な顔ですが、端梁にはおそらく連結部を照らすためであろう照明が付いています。

Ooi_ant_tcrc

東京総合車両センター内には、テレコンRRアントも導入済。スイッチャーが置き換えられてしまわないかどうか気になるところですが、重連を組んでいるところを見ると、アントに置き換えられない理由が何かあるのかもしれませんね。大崎駅に向けて勾配があるのも理由の一つなのでしょうか。重連で動くことを最初から知っていれば、工場スタッフに聞き込みをしていたと思いますが、今回は動く時刻や曜日しか聞きませんでした。

 そういえば、このイベントと迷った方の上越線のイベントですが、なんでもSL同士がすれ違う瞬間が木の陰だったそうで(笑)、列車に乗車しない限りすれ違いは撮れなかったようですね。やはりこちらのイベントに来て正解でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第93回■M製鉄所への転属車D610 | トップページ | ★230000アクセス突破★営団地下鉄3000系保存車 広尾行き »

 C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

 K.国鉄工場製のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

社長 さま
国鉄工場製のスイッチャー、味があって良いですよね。
私も以前大宮工場の「ケレン場」の奥に放ってあった20t機を撮らせてもらいました。
工場構内にしか居ないので、チャンスが無いと中々良い写真が撮れませんね。
基本塗色はグレーに黄色の菱形の警戒色がグリル前に塗っているのが標準なのでしょうかね。
工場によってはL〇〇と、形式が書いて有りましたね。

今回のキャブのジャンパー線受、確かにKE53栓ですね。二両は重連総括しているのでしょうか?
ちと気になりました(笑)

そうそう、DD40の形式図発見しました!どうもでした。

投稿: クモハ32000 | 2011年8月29日 (月) 22:20

クモハ32000さま
コメントありがとうございます
仰るように「栓納め」のようですね。ついつい癖で「栓受け」と書いてしまいました。失礼しました。

さてジャンパ栓について。重連総括用ということであればKE53の可能性も考えられますね。私にとっては、大井工場は通勤形電車メインの工場という先入観があったため、このジャンパ栓納めは被牽引車=電車と関係があるのではないかと考えました。

大井工場に入場する電車は、奇数向き車を先頭に入場してくる(言い換えますと引き通し線のある公式側を東に向けて入場する)と思われ、検査のために車両を入換える際は、上のスイッチャーのように東側にジャンパ栓納めがあると、被牽引車に付いているジャンパケーブルがダラリと垂れることなく納められるので、都合が良いのかな?と。あくまでもただの想像です(笑) ただ、ジャンパ栓受けがないのに栓納めだけあるというのは、やはり連結相手側の車両と関係あるような気がしますが、どうなのでしょうか。

重連ですが、一応両方の機関車からエンジン音のようなものが聞こえた気がしますが、周辺の交通量が多いのと、新幹線や横須賀線の騒音もあり、判断が難しいですね。

余談ですが、今回5~6両を牽引して先頭車のボンネット先端だけ工場の門から外に出ました。門の外はフェンスがありませんので、7両以上牽引するときは確実にフェンス無しで撮れると思います。この記事を読んだどなたかに報告していただきたいものですsmile

国鉄工場製のロッドスイッチャーは長野総合車両センターのものも撮影しましたが(決まった日に動くため撮り易い)、それはまた機会をあらためて。

投稿: 社長 | 2011年8月29日 (月) 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/52592709

この記事へのトラックバック一覧です: ★東京総合車両センターのスイッチャー★重連で活躍:

« 【くろがね線を読み解く】第93回■M製鉄所への転属車D610 | トップページ | ★230000アクセス突破★営団地下鉄3000系保存車 広尾行き »