« ★京成電鉄★宗吾車両基地のスイッチャー | トップページ | ★245000アクセス突破★名古屋市交通局東山線のモ »

2011年10月 7日 (金)

★小田急電鉄★大野総合車両所のスイッチャー

 私鉄のスイッチャーシリーズ第2回は、小田急電鉄大野総合車両所のスイッチャーです。大野総合車両所は、2009年に大野工場と海老名検車区大野出張所が統合して発足した車両基地で、小田急電鉄全車両の全般検査を担当しています。

かつて大野工場には、デキ1050形電気機関車(1950年日立製作所製の15.7t機で、小田急が専用線の運行管理をしていた専売公社足柄工場より1959年に車籍編入)や、デト1形電車(1953年経堂工場製)などの入換専用車両が配置されていましたが、前者は2002年に、後者は2003年に運用離脱し、かわりに今回紹介する車両が導入されました。鉄道雑誌ではしばしば「エコサポート21」として紹介されることがありますが、後述するアントにも同じ愛称が付与されていることから、「エコサポート21」は形式や記号番号ではないようですので注意が必要です。

Tmsg38bb_1
■工場から1000形3両を引き出す    2011年8月25日

工場は東側を住宅地に囲まれており、見られるのは西側だけです。平日であれば比較的頻繁に動いているようですが、西側には本線の手前に高さ2メートルほどのフェンスが張り巡らされていますから、それなりに工夫しないと撮ることはできません。

Tmsg38bb_2

トモエ電機工業製の38t機で、蓄電池により直流ブラシレスサーボモーターを駆動します。架線下ではキャブ屋根上の集電装置から、非電化区間では車載の蓄電池から電力を得て走行する「デュアルハイブリッド方式」を採用しています。床下に主平滑リアクトル冷却用と思しきファンをぶら下げていることから、チョッパ制御ではないかと思われますが、どうでしょうか。詳細スペックについては、鉄道ピクトリアル2012年2月号をご覧ください

寸法は、2011年現在メーカーのホームページには(10,300mm×2,600mm×4,100mm)と記載されており、カタログスペックとは異なります。リンク先の西宮後さんによると、落成時はボックスパンタを搭載していたものの、その後現在のシグマパンタに換装されたとのことです。屋根上をよく見てみると分かりますが、素直にシグマパンタを搭載していたらもっとシンプルな構造になっていた筈。

Tmsg38bb_3

相模大野駅側に引き上げるときはこの位置まできますので、うまくすれば線路の反対側の公道から公式側を撮ることができるかもしれません。

Tmsg38bb_4

あまり知られていませんが、この入換機は、駅構内の本線の一部を走行するのに備え、ATSを装備しています。

入換機は時速20km/h程度で時々停止しながら動きますので、身体能力に不安が無ければ走って追い抜いて何度も撮ることができます。工場へ至る引込み線の手前には、電留線への入出場線があり、更にその手前には小田原線の上下本線があります。したがって、せっかく動いていても手前にしばしば電車がかぶってしまい、きちんと撮れるのは50%前後と思ったほうが良いでしょう。とにかく一度の入換で何度も撮れるだけ撮るのが成功の秘訣です。

●反対側から

Tmsg38bb_5
■入換のため駅付近まで出てくる   2013年2月1日、相模大野駅付近

 運が良ければ、このスイッチャーを反対側(東側)から撮れるときがあります。大野総合車両所の東側は工場敷地・住宅密集地となっており撮れる場所はありませんが、入換時に相模大野駅-総合車両所の分界点付近まで出てくることがあり、この時に限り反対側を見ることができます。

Tmsg38bb_6

構造的には左右対称なので、わざわざ反対側から撮る必要はないだろうと思われるかもしれませんが、車両研究派にとってはそうはいきません。反対側を見なければ分からないある事実があるからです。それは…

Tmsg38bb_7

台枠側部に日車のメーカーズプレートがあるということです。別記事にて、トモエ電機製でありながら日車の銘板を付けている福岡市営地下鉄のバッテリーロコを紹介していますが、この機関車も似たような例といえるでしょう。

●おまけ

Oonoant01

大野総合車両所では、車両入換用のアントも何台が使用されているようです。南側で見ることができます。

Oonoant03_2 Oonoant02_2

左の90番線ではくすんだ朱色のものを、右の89番線では鮮やかなオレンジ色に青帯を施したものをよく見かけます。いずれも無線操縦対応、蓄電池駆動のようです。89番線の方には…

Oonoant04

このような表記があります。エコサポート21は、移動機の総称なのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★京成電鉄★宗吾車両基地のスイッチャー | トップページ | ★245000アクセス突破★名古屋市交通局東山線のモ »

▼私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

 Z.バッテリーロコ」カテゴリの記事

雑誌記事の補足」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/52813985

この記事へのトラックバック一覧です: ★小田急電鉄★大野総合車両所のスイッチャー:

« ★京成電鉄★宗吾車両基地のスイッチャー | トップページ | ★245000アクセス突破★名古屋市交通局東山線のモ »