« ★イベントの秋★今年の本命は…? | トップページ | ★小田急電鉄★大野総合車両所のスイッチャー »

2011年10月 2日 (日)

★京成電鉄★宗吾車両基地のスイッチャー

 毎日通勤に利用している京成電鉄。スイッチャーを探して全国行脚をしているうちに、灯台下暗し、地元のスイッチャーを撮り逃していることに気づきました。私鉄の車両工場では、機関車や電車(車籍を失って機械扱いとなったものを含む)で車両の入換を行うケースが多く、専用のスイッチャーが使用されることは極めて稀ですが、鉄道ピクトリアル2011年3月号51ページに掲載の通り、京成電鉄宗吾車両基地にはスイッチャーが1両配置されています。

Hjlg20b_1
■特修場前で佇むスイッチャー  2011年5月22日

とある日曜日、成田スカイアクセスの撮影ついでに寄ってみると、外から見ることができる特修場の前に目当てのスイッチャーが停車していました。この週はちょうど水曜日に計画休暇をとっていたので、再訪してみることにしました。

Hjlg20b_2
■特修場へ押し込まれる京成電鉄3700形電車  2011年5月25日

10時過ぎに駅に着くと、もう入換が始まっていました。とはいえ日曜日に特修場内にいた3500形更新車は既に出場済みで、3700形の入場場面です。

全般検査の大まかなフローは次の通りです。まず、西側の入検場へ車両が入場すると、編成を分割して主工場内でのオーバーホールが始まります。再び組み立てられた車両は、東側の出検場から隣の特修場までスイッチャー牽引により移動し、最後に編成を組んで自力出場します。つまり上の車両は、全検を終えて出検場から出てきた車両であることが分かります。

Hjlg20b_3

特修場で3700形2両を切り離します。この3700形は8両固定編成ですから、2両ずつ分割して移動すると合計4回入換が必要になります。押し込んだのは30番線ですが、まだ31番線があいていますので、入換は続きます。

Hjlg20b_4

単機で次の車両を迎えに出てきたスイッチャー。

  • 記号番号 : DL-3
  • 形   式 : ANT 20TON DL
  • 自   重 : 20t
  • 最高速度 : 30km/h
  • 製造年月 : 1997年9月
  • 製造者  : アント工業
  • 製造番号 : 102

銘板はアント工業ですが、これも意匠から判断して北陸重機工業製と思われます。1両しか配置されていないにもかかわらずDL-3なのは、それまで使用されていた2両(DL-1、DL-2)の追番としたためです。

DL-1、2は、かつて宗吾にあった車両メーカー 大栄車両(京成電鉄の協力会社)で入換に使用されていた車両で、DL-1は1967年三菱重工製の10t機(製番1500)、DL-2は1963年日立製作所製の20t機(製番12751)でした。前者の外観は、協三工業・日本輸送機・佐藤工業などが国鉄の貨物駅の入換動車用に製作していた10t半キャブ機と瓜二つのロッド駆動機で、京成電鉄へ新製配置されたものです。いっぽう後者の生い立ちは独特で、国鉄新幹線工事局から譲渡された車両です。時期的に考えて、東海道新幹線の建設工事に使用されたものと考えられます。国内では、製鉄所の機関車を除けば標準軌のスイッチャーはあまり多くありませんから、新幹線用のものを譲り受けるのが好都合だったのでしょう。

なお大栄車両は2000年に鉄道車両部門を串崎車輛として分社化しました。串崎車輛は、新京成電鉄くぬぎ山車両基地 内で車両改造などを担当しています。

Hjlg20b_5

転線して再び出検場へ向かったスイッチャーは、初代スカイライナー用AE形電車の保存車両と並びます。

Hjlg20b_6

次の3700形2両を引き出し、

Hjlg20b_7_2

転線すると、

Hjlg20b_8

再び特修場へ押し込みます。先程2両を押し込んだのは30番線ですが、今度は31番線に押し込みました。特修場の有効長は4両ですから、あと1回31番線に2両押し込むことができます。

Hjlg20b_9

奥まで押し込んで手前に2両分のスペースを確保したスイッチャーは、

Hjlg20b_10

再び出検場から最後の2両を引き出し、特修場へと押し込みます。

Hjlg20b_11

仕事を終えたスイッチャーは動車庫へ戻っていきますが、駅の手前でしばらく停車していました。5分以上たっても動き出しません。どうやら何かを待っているようです。

その何かとは…

Hjlg20b_12

スカイライナー用AE車の宗吾車両基地入場です。2011年現在のスカイライナーは、京成上野-成田空港間を成田スカイアクセス線経由で運行していますが、車内の整備や点検は従来通り宗吾車両基地で実施しているため、このように宗吾参道にも頻繁に顔を出します。

Hjlg20b_13

ファッションデザイナー山本寛斎によるデザインロゴとのツーショット。AE形電車は、2010年の(財)日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞、および2011年鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しています。

Hjlg20b_14

AE車のシックな藍色と鮮やかな白のツートンカラーが、スイッチャーのレモンイエローによく映えます。もし藍色の部分がAE100形のような青色だったら、すごく安っぽい雰囲気になったことでしょう。

Hjlg20b_15

AE車の入場をやり過ごしたスイッチャーは、待っていましたとばかりに

Hjlg20b_16

動車庫へ戻っていきました。

●撮影のコツ

 沿線在住者でなければなかなか工場内の最新動向を把握することはできませんが、少しだけコツがあります。

一つは、宗吾車両基地への入場情報を集めることです。もし、京成車が全検のために宗吾参道に向けて回送されていたとしても、一般の営業車両の回送と区別が付きません。しかし北総車ならどうでしょうか。北総鉄道は、車両の全般検査を京成電鉄宗吾車両基地に委託しており、検査の際は北総車が京成本線の高砂以東を走行します。北総車が営業運転で高砂以東を走行することはほとんどありませんので、もし掲示板等に目撃情報が掲載されていたら全検のための回送ということになります。数日後に訪問してみれば、スイッチャーを見られる確率は高いでしょう。

もう一つ、宗吾車両基地の全検は、4両編成の場合入場から出場までおよそ10日前後で完了します(6両編成の場合は12日)。スイッチャーが見られる出検場から特修場への移動は検査の終盤ですから、回送情報とあわせてある程度あたりをつけることができるでしょう。

●おまけ

 宗吾車両基地には、スイッチャー以外にアントも配置されています。

Ant01_2 

主に、西側にある床下型車輪旋盤庫での牽引用に使用されています。床下型車輪旋盤庫は、車輪を台車から外さずに削正することができる設備で、1991年に新設されました。おそらくこのアントも同じ時期に導入されたものと思われます。

Ant02

屋上には無線用八木アンテナと旋回灯を装備し、テレコン対応です。

※読者の方によると、ANT60EB-T型で、2011年2月24日に導入されたとのことです。

【参考】

  • 『鉄道ピクトリアル』1997年1月臨時増刊号 《特集 京成電鉄》 電気車研究会
  • 『鉄道番外録2』岩堀春夫、ないねん出版

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★イベントの秋★今年の本命は…? | トップページ | ★小田急電鉄★大野総合車両所のスイッチャー »

▼私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

 D.北陸重機のスイッチャー」カテゴリの記事

雑誌記事の補足」カテゴリの記事

コメント

宗吾工場の機関車もDL−3になりましたか。私が宗吾工場を訪れたのは、1994.12.22。DL−1(三菱10t1967−1500)とDL−2(日立20t1963−12751)がいました。あの頃は、アポなしで、すみません、あの機関車撮影したいんですが! でお許しが出た時代でした。DL−3以外に1と2はもういないんでしょうね。 機会があれば、一度訪れたいものです。

投稿: モビリオ | 2011年10月 3日 (月) 21:41

モビリオさんこんにちは
番外録に宗吾のスイッチャーについて情報提供されたのはモビリオさんだったのですね。

京成電鉄は無理ですが、最近でも個別に許可を得て撮影できるケースはありますね。ただ私の場合、そのようにして撮影した写真をブログに出すことはありませんが…。撮影チャンスが不特定多数に対して与えられた場合や、見学会などでオフィシャルに公開されたものは載せています。

撮影地で対面でお会いした方には、ブログで公開していない写真をご覧いただいて情報交換することも多々あります。ネットはどこで誰が見ているか分かりませんからねconfident

撮影方法について細かく言及していますが、独りよがりな自慢話・武勇伝は好ましくないと考え、できるだけ多くの方に撮影チャンスがあるようにと配慮したものです。

投稿: 社長 | 2011年10月 4日 (火) 12:57

番外録を見て宗吾は、行った。と言うのが本当だと思います。どこかに、出てましたっけ?確かに、番外録のリストには、情報提供はしておりますが。今回のコメントに、アドレス付記させて頂きます。

投稿: モビリオ | 2011年10月 5日 (水) 21:55

モビリオさん
コメントありがとうございます。
番外録5の巻末の追加と訂正リストに掲載されています。私は、本に訂正が出たら手書きで本文の該当部分を修正する癖があるので、私の番外録では本文に追記・修正されています(苦笑) アドレスありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 社長 | 2011年10月 5日 (水) 23:34

宗吾にはもう1台アントが配備されているみたいです。
また、床下型車輪旋盤庫のアントですが、あれはまだ動き始めて1年ほどのはずです。
補足情報でした。

投稿: アンタ | 2012年4月27日 (金) 23:39

アンタさんはじめまして
アントがもう1台配置されているとは知りませんでした。
床下型車輪旋盤庫のアントが動き始めて1年とのことですが、具体的にいつ頃のことでしょうか? この写真を撮影してから既に1年が経過しているので、時系列的に合点がいかないのですがcoldsweats01

投稿: 社長 | 2012年5月 3日 (木) 18:11

追伸:本日帰国したため、コメントへの返信が遅くなり失礼しました。

投稿: 社長 | 2012年5月 3日 (木) 18:13

>社長さん
5/6日、社長さんの連絡先アドレスに詳細を送信しましたが、ご覧頂けたでしょうか。

投稿: アンタ | 2012年5月 8日 (火) 23:34

アンタさん
遅くなりましたが、ご返信いたしました。
先週は仕事が忙しくてブログやメールを見ている時間がありませんでした。
土日を過ぎて、ようやく余裕が出てきましたcoldsweats01

投稿: 社長 | 2012年5月15日 (火) 22:59

アンタさん

新橋のISOの件の詳細、
もしご存知でしたら教えていただければ、
それを元に記事の修正を行いますので
ご教示ください。

よろしくお願いします。

投稿: 社長 | 2012年5月15日 (火) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/52893240

この記事へのトラックバック一覧です: ★京成電鉄★宗吾車両基地のスイッチャー:

« ★イベントの秋★今年の本命は…? | トップページ | ★小田急電鉄★大野総合車両所のスイッチャー »