« 【くろがね線を読み解く】第95回 ■本日のくろがね線 | トップページ | ★255000アクセス突破★馬込車両検修場公開 »

2011年11月 6日 (日)

◆JR西日本◆下関総合車両所のスイッチャー

 事前アナウンスの通り、10月最後の週末はLCCを利用して北九州へ行ってきました。土曜日はくろがね線撮影中にブログ読者のタムタキさんと合流し、関門海峡を越えて幡生駅へ。ほかでもない、『下関総合車両所一般公開』の機会を利用してスイッチャーを撮影するためです。

01festa2011

 鹿児島本線が遅れていた影響で、幡生駅に着いたのはイベント終了30分前。ヒヤリとしましたが、なんとかノルマをこなすことができました。いやむしろ、関門海峡通過時に下り線を走行する上り列車に乗ることができたのは幸運と言えるでしょうか。戦時下に複線化された山陽本線 下関-門司間の信号システムは、現在でも単線並列方式のままです。有事の際、上下いずれか一方の線路を使用して単線運転ができるようにこのような設計になっていますが、現在でも貨物列車の少ない日中に保線作業を行う場合に、線閉していない方の線路で単線運転を行うことがあるのです。

02senshadai

入場して早速出迎えてくれたのは、架線集電方式の遷車台。中央が反り返っているのは、車両が乗ったときに水平になるようにするためですね。

033acct_2

集電装置を見てみると、車両工場でよく見かけるタイプで架線が3本あります。今回は時間の都合で聞くチャンスがありませんでしたが、他のいくつかの工場で伺った限り、電源は3相交流のはずです。

04hm2011_1

更に奥に行くと、懐かしい九州ブルトレのヘッドマークが並んでいました。子供の頃、春・夏・冬に学校が休みに入ると、必ずと言って良いほど鹿児島へ帰省していた私にとって、九州ブルトレでの帰省(旅行)は毎回ドラマの連続でした。鹿児島なのでやはり『はやぶさ』か、とも思うのですが、一番思い出に残っているのは『あさかぜ』ですね。『はやぶさ』はチケットが非常に取りにくく、あさかぜ1号で博多に出て、少しぶらぶらしたあと『有明』に乗換えと、いうのが定番コースでした。

『はやぶさ』は東京発が17時頃で、2時間後の19時に出る『あさかぜ』の方が乗りやすかった記憶があります。関門海峡での機関車付け替えも、ブルトレファンにとっては重要なイベントです。これが『はやぶさ』だと朝7時頃に通過してしまうので忙しないのですが、『あさかぜ』の場合は9時前後なので、食堂車で瀬戸内海を眺めながら朝食(洋食バイキング食べ放題)をゆっくり楽しんでからになるのです。したがって旅を楽しむ向きには断然『あさかぜ』でしたね。

そんなこんなで、東京発着便はすべて乗りましたし、関西発着便もメジャーどころは大体乗っています。筑豊本線経由の『あかつき3号』とか、名古屋発西鹿児島行きの『金星』など、マニアックな列車には乗れませんでしたが(苦笑)

04hm2011_2

 『あかつき3号』で思い出しましたが、寝台特急の旅をより魅力的にしている要素として忘れてはならないのが、西村京太郎の存在でしょう。彼は、1978年(昭和53年)に発表したトラベルミステリー第1作『寝台特急殺人事件』で一躍有名になりました。この作品は、翌年にはもう現在の土曜ワイド劇場枠でテレビドラマ化されており、注目度の高さが伺えます。

未読の方がいらっしゃるといけないのでトリックを詳しくは明かせませんが、『寝台特急殺人事件』のストーリーは、『はやぶさ』『富士』の編成がもっているある特長を生かしたものです。両列車に個室寝台車(オロネ25形)が連結されるようになった1976年(昭和51年)以降にしか成立しないトリックで、明らかにアガサクリスティの代表作『オリエント急行の殺人』を意識した内容になっています。鉄道を知っている人ほど楽しめる「そりゃないだろ~~!」、良い意味での大どんでん返しが…。ブルトレに乗りながら寝る前に読むと、より楽しめます。

その後 1980年(昭和55年)に発表した『終着駅殺人事件』で、西村は日本のミステリー界ではもっとも名誉とされる、日本推理作家協会賞を受賞しています。この後の10年間の作品が私にとっての西村京太郎全盛期です。ドラマの傑作の多くも、原作はこの時代に発表された作品が多いですね。

05ky20b_hi_hk20b_hi

 更に奥に行くと、スイッチャーの展示スペースが見つかりました。以前このイベントを訪れた方のブログを拝見すると、建屋内で撮影はできるもののたまたま置いてあるだけという感じでしたが、今回は展示車両として置いてありました。奥のスイッチャーの手前にいる傘をさした方が詳しいので色々教えていただきました。

06ky20b

 まずは手前においてある2軸機から。1975年(昭和50年)協三工業製の20t機で、機械番号は06-28-01-001です。もっともこれは旧番号で、現在では帳簿上は06-28-01-6001になっているとのことです。形態は標準的であまり代わり映えはしません。しいて挙げれば、2位側に設けられた入換掛用のステップが特徴でしょうか。

07ky20b

3位側から。ボンネットとキャブの間(空気ダメの脇)にも乗降用のステップが付いていますね。協三20tにはこのステップを標準装備しているタイプと、そうでないタイプがあります。

08hi

次に連結されているのが、幡生工場の入換用控車として使用されている、この車両。形式はありませんが、昭和30年新津工場改造、昭和42年鷹取工場改造の銘板がついていました。足回りを見てみると2段リンク化されており、2軸貨車としては一般的な形のようですが、まず一見異様にみえる注目ポイントは、車体幅です。上の写真の角度からでは分かりにくいですが、車体幅≒レール幅(車輪幅)ですね(笑) 連結相手のスイッチャーとは反対側(写真右)だけ、台枠両側面に外付けのステップが取り付けられていますが、ステップの出っ張りを入れても国鉄の車両限界に十分納まってしまうほどの幅です。もっとも、無蓋車や有蓋車の車体を撤去すると、台枠はこの幅ですので、単に既存マスプロ貨車から車体を撤去しただけの車なのかもしれません。

以前トワイライトゾーンマニュアルで、吉岡心平氏が控車の解説をしていたと思い本を見てみましたが、私有貨車でないためか、網羅されているというよりも、ざっくりとした感じでした。この車両の解説を希望(笑)

09hk20b

更に奥に連結されていたのが、幡生工場の現在の主力スイッチャーです。今年導入されたバッテリー機関車で、それまでの主力機であった上の協三20tを予備機に追いやってしまいました。2011年3月堀川工機製の20t機で、形式はEHL-20、製造番号は2762です。堀川は保線車両メーカーとして有名で、JR東海や西日本の保線用にも数多くの軌道モータカーを納入しています。しかし、営業用車両の入換に使用するための、しかも蓄電池駆動のものは珍しいと思います。機械番号は06-28-01-6004。2011年10月現在、後藤総合車両所に、スノープラウを付けた色違いの同型機がいるようです。

10hi

最後がこれまた控車。こちらは車体幅も営業車両並みで、若干新しい雰囲気です。

11meihan

日本国有鉄道の銘板の隣に、「昭和43年三菱重工・舞鶴重工」の銘板がありました。どのような来歴の車両なのでしょうか。先程の傘をさしたスタッフに入換動車のことを色々解説していただけましたが、控車の方はあまり詳しくないとのことで、謎のまま会場を後にしました。

イベント終了後、SL公園を横目に見ながら道を歩いていくと、

12panorama

展示車両全体が見渡せる場所にたどり着きました。着くと5分もしないうちに入換が始まってしまいました。雨なので皆さん仕事を早く終えて帰りたいのでしょうね。

13swx2

協三20tを引き出してきた堀川20t。前後に控車を連結し、手前の控車(舞鶴重工)に入換掛が乗って誘導しています。

14hiswx2

動車+ヒ+バテロコ+ヒの4重連。これだけでも奇妙な編成なのに…

15sw_mc42

そのまま展示車両のクモハ42を建屋へ格納するために引き出してきます。今度は、入換掛は奥の控車(新津工場改)に乗っています。この後、クモハ42+協三20tを切り離すためです。

16sw_mc42

進行方向(手前)から順に、ヒ+バテロコ+ヒ+動車+クモハ42。この奇妙な編成を、奥に佇むクハ117が冷静に見つめています。

17sw_mc42

このクモハ42+協三20tを、建屋に格納します。

18sw_mc42

押し込むと、ヒ+バテロコ+ヒは引き上げて定位置に戻っていきました。

入換終了を覚ったタムタキさんと私は、歩道橋を超えて反対側へ移動、駅に向かってゆっくり歩き出しました。するとどうでしょう。工場内でキヤがアイドリングを始めました。そのうちヘッドライトも点いたので、これは出場があるぞということで戻りスタンバイ。

19_s141_start

ゆっくり出場するキヤ。

20_s141_coming

キヤが動くのは初めて見たかもしれません。

21_s141_stop

外で一旦停止すると、

22_s141_restart

幡生駅に向けて走っていきました。私の経験では、工場入出場車両は幡生駅東1番線(旅客の1番線より1本駅舎寄りにある側線)で、入換動車からJRの機関車に引き渡されますので、自走車両も同じ位置でしばらく停まっているはずです。10分ほどで駅に戻ると、

23_s141_hatabu

ちょうど駅舎寄りの側線から本線へ進入して出発するところに遭遇しました。1度で2度美味しいというヤツですね。あとで調べたところ、車両所を16:43に出場し、幡生駅東1番線を16:58に出発する8483Dという配給列車と同じダイヤのようでした。

●以前の車両

 2011年に上のバッテリー機関車が導入されるまでは、協三20t機が入換動車として使用されていました。

31_ky20b_w_hix2

2010年8月に同じ場所から眺めてみると、協三20tが前後に控車を繋いだ状態で定位置にいました。その頃の予備はというと…

32_ky10b_w_mc

協三10t半キャブでした。クモハ42に連結された状態で格納されていました。

33_hk20b_w_hix2

これは2011年6月に同じ場所から見た様子。定位置には、協三20tではなく黄色い新型スイッチャーが控車を繋いで待機していました。協三10t半キャブがいた場所はというと…

34_ky20b_w_mc123

10t半キャブの姿は消え、代わりに玉突きで協三20tの姿がありました。新型機へ置き換えられてしまったわけです。今回、置き換えを確認してから4ヵ月後に、動く姿を捉えることができたことになります。

下関総合車両所は、以前は国鉄型車両の改造工事などで忙しく動いていましたが、現在では廃車解体の方がメインという雰囲気で、平日でも稼動頻度は非常に低いようです。遠方から駆けつけるには、このようなイベントの機会を狙うしか術がないのが悲しいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第95回 ■本日のくろがね線 | トップページ | ★255000アクセス突破★馬込車両検修場公開 »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

 C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

 N.堀川の保守用車両」カテゴリの記事

 Z.バッテリーロコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/53179326

この記事へのトラックバック一覧です: ◆JR西日本◆下関総合車両所のスイッチャー:

« 【くろがね線を読み解く】第95回 ■本日のくろがね線 | トップページ | ★255000アクセス突破★馬込車両検修場公開 »