« 凸型蓄電池機関車と凸型電機 ~こぼれ話~ | トップページ | ◆2012年もどうぞよろしくお願いします◆ »

2011年12月26日 (月)

【くろがね線を読み解く】第99回 ■JR九州チキ輸送用合図台車

 Y製鐵所専用鉄道の条鋼工場-製品倉庫-西八幡駅間では、条鋼工場で生産された軌条(鉄道用レール)が貨車輸送されている。鉄道ピクトリアル2011年9月号掲載の通り、JR東海向け50m長尺レールは、まず条鋼工場から製品倉庫まで製鐵所の40t積台車によって輸送され、倉庫内に一時保管される。その後、JR貨物チキ5500形に積まれて西八幡駅の発送線へ押し出され、JR線経由で西浜松駅のJR東海レールセンターまで輸送されている。

条鋼工場-製品倉庫間には、構内配線の都合により貨車を推進運転する区間がある。推進運転の場合、運転士は製鐵所の40t積台車の簡易運転台に乗り込み、編成の先頭から最後尾の機関車をリモコン制御する。

 いっぽうJR九州向け25m定尺レールは製品倉庫にストックがないため、JR東海向けとは異なり、レールは条鋼工場から西八幡駅まで直送されている。このため、JR九州向けレールを輸送する際は、JR九州の工臨用貨車(チキ6000形・5200形)が製鐵所内を走行する珍しいシーンを見ることができる。JRの貨車には、推進運転用の簡易運転台はないため、推進運転時は専用の控車が編成の先頭に連結されている。それが、今回紹介する合図台車である。

Tete8375 Tete8375_np
■JR西八幡駅の側線に留置中の合図台車テテ8375    2010年

 合図台車(左写真)には「テテ」の記号が付与されている。 以前紹介した貨車命名規則に拠れば、「テテ」は15t積鉄側車をあらわしているから、この貨車は以前紹介した15t積鉄側車からの改造車ということになる。

Tete8375_w_chiki6000_d442

 例えば、製品倉庫から条鋼工場への回送時はこのように運用されている。写真は、製品倉庫東ヤードを機関車牽引で出発したチキ+合図台車が、製鐵所構内でスイッチバックして、合図台車推進運転で工場へ向かっていく様子である。50mレールは4両1ユニットで輸送されるため、「合図台車+JR九州チキ4両」の運用が多いが、まれに「合図台車+JR九州チキ4両+40t積台車4両」のように、製鐵所の貨車とJRの貨車がごちゃ混ぜに連結された編成になることもあり、興味は尽きない。かく言う私自身も、まだそのような編成は一度しか撮ったことがない(→こちら)。

条鋼工場-製品倉庫間のレール輸送は不定期であり、さらに合図台車が連結されるのはJR九州向けの工臨が走るときだけなので、撮影の難易度はかなり高いといえる。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 凸型蓄電池機関車と凸型電機 ~こぼれ話~ | トップページ | ◆2012年もどうぞよろしくお願いします◆ »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私立武蔵高校卒でまだ大学に入ってない41歳のおっさんです。高校生の時、35トン以上のDLを好きで撮影してました。専用レールクラブに入っていました。扇町の三井埠頭は日曜日に撮った記憶が有ります。あと拝島で夕方遠い所に25トンが居た気がします。下松は武蔵高校生と言う事で中で撮影出来て、あと奥の方に25トンも有ると言われましたが、撮ってません。川島は独立した所に小型機がいました。いろいろ思い出が有るんですが、当時のフィルムは残って居ません。レイルマガジンの古い号に郡山の日通のペリカン便のDLの投稿が載った事が有ります。87~89ぐらいでしょうか。それではまた。

投稿: 丸山義幸 | 2012年1月 3日 (火) 13:24

丸山義幸さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
専用レールクラブですか。なかなか広範囲で活動されているようですね。
私は自社系のセメント専用線は入社後に出張ついでに大体撮影しましたが、石油系、化学系はいま一つです。いま残っている専用線はすべて撮りましたが。

郡山の35T以上の日通DLというと、新日鉄釜石からやってきた日通機でしょうか。アウトサイドフレームのロッド駆動。興味深いですね。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 社長 | 2012年1月13日 (金) 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/53356914

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第99回 ■JR九州チキ輸送用合図台車:

« 凸型蓄電池機関車と凸型電機 ~こぼれ話~ | トップページ | ◆2012年もどうぞよろしくお願いします◆ »