« 凸型蓄電池機関車と凸型電機 ~こぼれ話~ | トップページ | ◆2012年もどうぞよろしくお願いします◆ »

2011年12月26日 (月)

【くろがね線を読み解く】第99回 ■JR九州チキ輸送用合図台車

 Y製鐵所専用鉄道の条鋼工場-製品倉庫-西八幡駅間では、条鋼工場で生産された軌条(鉄道用レール)が貨車輸送されている。鉄道ピクトリアル2011年9月号掲載の通り、JR東海向け50m長尺レールは、まず条鋼工場から製品倉庫まで製鐵所の40t積台車によって輸送され、倉庫内に一時保管される。その後、JR貨物チキ5500形に積まれて西八幡駅の発送線へ押し出され、JR線経由で西浜松駅のJR東海レールセンターまで輸送されている。

条鋼工場-製品倉庫間には、構内配線の都合により貨車を推進運転する区間がある。推進運転の場合、運転士は製鐵所の40t積台車の簡易運転台に乗り込み、編成の先頭から最後尾の機関車をリモコン制御する。

 いっぽうJR九州向け25m定尺レールは製品倉庫にストックがないため、JR東海向けとは異なり、レールは条鋼工場から西八幡駅まで直送されている。このため、JR九州向けレールを輸送する際は、JR九州の工臨用貨車(チキ6000形・5200形)が製鐵所内を走行する珍しいシーンを見ることができる。JRの貨車には、推進運転用の簡易運転台はないため、推進運転時は専用の控車が編成の先頭に連結されている。それが、今回紹介する合図台車である。

Tete8375 Tete8375_np
■JR西八幡駅の側線に留置中の合図台車テテ8375    2010年

 合図台車(左写真)には「テテ」の記号が付与されている。 以前紹介した貨車命名規則に拠れば、「テテ」は15t積鉄側車をあらわしているから、この貨車は以前紹介した15t積鉄側車からの改造車ということになる。

Tete8375_w_chiki6000_d442

 例えば、製品倉庫から条鋼工場への回送時はこのように運用されている。写真は、製品倉庫東ヤードを機関車牽引で出発したチキ+合図台車が、製鐵所構内でスイッチバックして、合図台車推進運転で工場へ向かっていく様子である。50mレールは4両1ユニットで輸送されるため、「合図台車+JR九州チキ4両」の運用が多いが、まれに「合図台車+JR九州チキ4両+40t積台車4両」のように、製鐵所の貨車とJRの貨車がごちゃ混ぜに連結された編成になることもあり、興味は尽きない。かく言う私自身も、まだそのような編成は一度しか撮ったことがない(→こちら)。

条鋼工場-製品倉庫間のレール輸送は不定期であり、さらに合図台車が連結されるのはJR九州向けの工臨が走るときだけなので、撮影の難易度はかなり高いといえる。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 凸型蓄電池機関車と凸型電機 ~こぼれ話~ | トップページ | ◆2012年もどうぞよろしくお願いします◆ »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事