« ■仙石線■宮城野電車区の入換機 | トップページ | ★290000アクセス突破★JR東海キヤ95系DR1編成による軌道検測 »

2012年2月 6日 (月)

■仙台臨海鉄道■復旧間近の仙台埠頭駅

 先月9日、2012年3月の復旧に向けて工事が進められている仙台臨海鉄道仙台埠頭線の状況を確認してきました。

Sd55_de65
■被災復旧したSD55 103と、秋田臨海鉄道より貸与されたDE65 2  2012年1月9日、仙台港

2011年11月25日より西港線が運行を再開したため、仙台港駅構内には2両の機関車が常駐していました。左が、津波で被害を受け復旧したSD55形103号機、右が秋田臨海鉄道より貸与されたDE65形2号機です。

秋田臨海鉄道では近年、全般検査を機に機関車の塗装を国鉄色に塗り替えており、既にDD56 1や無車籍の20t入換動車などが、ブルーの秋田臨海カラーから国鉄色へと変更されています。上の写真のDE65 2も、仙台港へ輸送される前の段階で、同じ経緯により新潟臨海鉄道カラーから国鉄色へと変更されています。

De652

端梁にMR・CPのコックも無く、側面ラジエーター上部に散水口のない姿は、一見するとDE11ですが、自重65tでDE10クラスの機関車です。エンジンにDML61ZA(1250ps)を搭載しているのも特筆すべき点です。衣浦臨海鉄道KE65形はすべてDML61ZB(1350ps)ですし、水島臨海鉄道DE70 1はエンジンが換装(DML61ZA→DML61ZB化)されているからです。私見では、日本国内で唯一残るDML61ZA搭載の動態機ではないかと思うのですが、どうでしょうか。西濃鉄道DE10 501が若干怪しいですが。調べればまだいるかもしれません。詳しい方の報告をうかがってみたいところです。

Sendaikou_w

さて、仙台港駅を西側から見てみると、西港線の運行に最低限必要な線路が敷き直されているのがわかります。突き当たりの機関庫も復旧しましたが、建屋内の線路は本線と繋がっていません。

いっぽう、写真左手に分岐する仙台港駅の荷役線はどうなっているかというと、

Sendaikou_w2

復旧工事真っ只中でした。菫色の軌陸車が作業していますので近づいてみると、

Sendaikou_w3

散布されたバラストを突き固めていました。線路だけは3月には運行できそうな雰囲気でしたが、荷主たる周辺企業が復旧しないと鉄道だけ復旧しても厳しいかもしれません。

Sendaikou_kikanku

津波で大破した機関庫は、新たに建て直されています。震災以前は、事務所は機関庫内に設けられていましたが、現在では屋外(写真左)に別棟を設けて移転しています。

Sendaikou_e

今度は仙台港駅を東側から見てみます。昔ながらの山並が見え、少しホッとする光景です。

ここから仙台埠頭線に沿って進んでみます。

Sendaikou_futou01

大通りを横切る踏切も完全に復旧しています。奥が仙台港駅です。

Sendaikou_futou02

同じ踏切の埠頭駅側。

Sendaikou_futou03

少し進んで仙台港駅方向へ振り向く。

Sendaikou_futou04

埠頭駅方向には、バラストを敷かれた軌道が続きます。

Sendaikou_futou05

埠頭駅へ到着すると、末端部で工事を行ってるようでした。近づいてみると、先程仙台港駅で作業を行っていたものと同型のバラストスイーパーとダンプトラック(いずれも軌陸車)がちょうど動き出しました。

Sendaikou_futou06

まずはバラストスイーパーが踏切を渡ります。キャタピラ走行とは違ってかなり軽快な動きです。続いて、

Sendaikou_futou07

バラストダンプが後退してきます。

Sendaikou_futou08

踏切を渡り終えると、バラストを散布しながら少しずつ仙台港駅方向へ移動していきます。

Sendaikou_futou09

反対側へ回り込んでみました。散布が終わると、今度はバラストスイーパーの出番です。このルーチン作業が絶え間なく続いていました。雪の降らないうちに作業を進めてしまいたいのかもしれません。

Sendaikou_futou10_2

踏切の反対側(仙台港駅側)を見てみると、こちらは枕木設置作業中のようです。移動はトロ手押しでした。

Sendaikou_futou11

仙台埠頭では、新利府の新幹線総合車両センターに向けてE5系を陸送する準備も万端でした。埠頭の機能も徐々に回復しているようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■仙石線■宮城野電車区の入換機 | トップページ | ★290000アクセス突破★JR東海キヤ95系DR1編成による軌道検測 »

コメント

2月22日夜に 陸前山王に、京葉臨海から購入の機関車が到着みたいですね。

投稿: モビリオ | 2012年2月 7日 (火) 23:03

モビリオさんこんにちは

京葉臨海KD55105ですね?
元DD13の新天地での活躍が楽しみです。

1月に平日2日間休みをとったため、2月は平日休むのは難しい状況です。見に行くのは無理そうです。

余談ですが、3月は、所属クラブの有志で北海道ツアーを行う予定です。北旭川、本輪西、室蘭某所、札幌をみてまわる予定です。時間があれば、先日話題になった陣屋町も見てこようと思います。

投稿: 社長 | 2012年2月 8日 (水) 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/53922441

この記事へのトラックバック一覧です: ■仙台臨海鉄道■復旧間近の仙台埠頭駅:

« ■仙石線■宮城野電車区の入換機 | トップページ | ★290000アクセス突破★JR東海キヤ95系DR1編成による軌道検測 »