« ★JR西日本★松任工場のスイッチャー 《さようなら まつかぜ号》 | トップページ | ■東邦亜鉛号■タキ+トキ+タキの変則編成 »

2012年3月 7日 (水)

■弘南鉄道ラッセル■弘南線キ+ED 除雪列車の活躍

 2011年12月末、青森県中南津軽地方に大雪注意報が出続けていたため、排雪列車を撮影しに弘前へと向かいました。詳しい経緯については、以前の記事 をご覧ください。

 さて、この日は朝から空は快晴かつ吹雪が舞っているというおかしな天候でした。しかし前日まで大雪でしたので、ラッセルが期待できます。弘前駅で大黒様きっぷを購入し、弘南線に乗って津軽尾上駅下車、10分ほど歩いて丘の上に立つと、カンッ…カンッ…カンッ……踏切から打鐘式警報機の音が聞こえてきました。旅客列車が走るはずのない時間帯でしたので、これはもしや…と期待していると、

Konan_ki_ed_01

…やはり。ラッセルの登場です。周囲はりんご畑。りんごの木の枝の隙間からのぞく感じで。

Konan_ki_ed_02

角度を変えて何度か撮れます。津軽尾上以北の区間は、戦後の1950年の開業で、このように立派な高架橋もあります。すぐに駅に戻ると、

Konan_ki_ed_03

ちょうど構内除雪のために入換を行っていました。クルマで追いかけると駅間撮影が中心になりがちですから、電車で追いかけるときはこうした駅の入換を記録しておきたいものです。

除雪車は上り側にしか連結されていないため、構内除雪は上下線両方とも行います。まず2番線に到着後、入換扱いで弘前側の分岐器まで進んだ後、黒石側に戻り、今度は1番線を弘前側分岐器まで進み、また黒石側へ戻り、再度2番線に入って出発、という流れです。

Konan_ki_ed_04

2番線からあっという間に出発していきました。後続の電車に乗り、平賀で追い越します。平賀では、ラッセルは普段下り列車が停車する2番線に停車していました。

Konan_ki_ed_05

館田から平賀側に戻ります。この場所で考えるべきことは、変電所を如何に入れないかだけです。

Konan_ki_ed_06

後追い。雪を巻き上げながら走る様は力強いですね。

Konan_ki_ed_07

弘前からの折り返しは新里側で。併走する道路では先程と同じアングルになりつまらないので、線路から10メートル離れて畦から撮影。

Konan_ki_ed_08

この後、後続の電車で弘前駅へ戻り、100円バスで中央弘前駅へ向かうと、12時30分発の大鰐行きに十分間に合います。この列車は、途中津軽大沢駅から除雪列車運転のためのスタッフが乗り込んできますので、大鰐線の運転があるかどうかを簡単に知ることができます。

つづく

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★JR西日本★松任工場のスイッチャー 《さようなら まつかぜ号》 | トップページ | ■東邦亜鉛号■タキ+トキ+タキの変則編成 »

▽私鉄の希少車輌 1.北海道東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/54166454

この記事へのトラックバック一覧です: ■弘南鉄道ラッセル■弘南線キ+ED 除雪列車の活躍:

« ★JR西日本★松任工場のスイッチャー 《さようなら まつかぜ号》 | トップページ | ■東邦亜鉛号■タキ+トキ+タキの変則編成 »