« ★吉原のスイッチャー★2008-2012 | トップページ | ★315000アクセス突破★さようなら長電2000系 »

2012年4月 9日 (月)

【くろがね線を読み解く】第103回 ■2011年初夏のある日の編成

 2011年6月4日土曜日、朝一番で門司機関区を見物 した後、くろがね線沿線を周遊することにした。足はもちろん、以前紹介したこちら。

20110604_08

会員になれば、このような無人スポットで24時間365日レンタル返却自由なので、大変便利。会員にならなくても、スペースワールド駅前と小倉駅前の有人スポットで、平日10時から17時半までのあいだ借りることができる(返却は24時迄、小倉は土日も可)。

土日にくろがね線だけを撮るならスポット利用も悪くは無いが、利用時間に制約があるため、平日に西八幡も含めて狙うなら、あらかじめ会員になっておくことをお勧めする。

20110604_09

 小倉駅で下車し自転車で第一操車場を訪れ、貨車の形式写真を撮っていると、11:45頃、八幡からの列車が到着した。編成の内訳は、90t積熱塊カバー台車4両+ホットコイル台車4両(60t積、80t積各2両)の8両編成で、これをE8501とD704で挟んだお馴染みの姿である。なお2011年10月より、ヤードを跨ぐようにパイプラインが設置されたため、このアングルからの撮影は困難になった。

20110604_01

入換を終え、11:56頃、列車は八幡に向かって発車していった。編成はZ1+K5。Z1は60t積熱塊カバー台車7連、K5は90t積防水フード付台車3連である。

 この後、駅前通り沿いの喫茶店でのんびりランチをしていたら、気づかぬうちに戸畑行を1本逃してしまった。てっきり八幡から来ると思ってスタンバイしていた場所で、急に反対側からやってきた八幡行。

20110604_02

13:23頃やってきたのは、防水フード付台車3両+スラブ用台車。スラブ用台車は固定編成を組まないため、両数は毎回異なる。

20110604_03

防水フード付台車はK2編成のようだ。K2は60t積3連である。

 さて、ここでこの日のダイヤについて考察してみよう。くろがね線の運行は最短で1時間15分ヘッドである。この場所を13:23に通過したということは、逆算すると一操を13:15頃に発車しているはずである。前述の通り、1本前の列車が11:56に発車しているので、この日は容量限界の高頻度運転を行っていることになる。そうと分かれば、安心して待つことができるというもの。

20110604_04

案の定、14:18頃に戸畑行がやってきた。編成は、90t積熱塊カバー台車4両+ホットコイル台車4両。

20110604_05

ホットコイル台車の方はJ3編成のようである。J3は80t積台車のトF80-19、20、21、23から成る4連である。

ここは戸畑から2kmほどの場所であるから、戸畑へ行った列車は、30分ほどで戻ってくるのが経験則。早速、谷の反対側にある陸橋へ移動する。途中で幹線道路を横断する場所にコンビニがあるため、食事やトイレの心配も無用である。

20110604_06

14:56頃、予定通り八幡行が登場。編成は、90t積熱塊カバー台車4両+ホットコイル台車4両。前者は、レールや鋼矢板の元になる半製品「ブルーム」を輸送、後者は電磁鋼板の元になる「熱延コイル」を輸送している。

20110604_07

ホットコイル台車は、後方(DL側)より60t(2個積)+110t(4個積)+80t(3個積)+60t(2個積)の構成である。110t積台車JMは1両しか存在せず、かつて2010年頃はJ1編成(80t積+110t積+80t積+60t積)の一部に組み込まれていたが、この日は組成が変わっていた。

高頻度運転の日は、編成に着目してみるのも面白い。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★吉原のスイッチャー★2008-2012 | トップページ | ★315000アクセス突破★さようなら長電2000系 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 A.日車のスイッチャー」カテゴリの記事

 E.三菱のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/54434809

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第103回 ■2011年初夏のある日の編成:

« ★吉原のスイッチャー★2008-2012 | トップページ | ★315000アクセス突破★さようなら長電2000系 »