« ★355000アクセス突破★モルエランの天岩戸、開く | トップページ | ドイツ・ティッセンクルップ製鉄所の鉄道(2) »

2012年7月31日 (火)

★JR西日本★小郡機関区のスイッチャー

 ブログを長く続けていると、読者の方からいろいろと貴重な情報をご教示いただくことがあります。今回紹介するスイッチャーも、読者の方から教えていただいたものです。

Ogori_01

 JR西日本小郡駅(現 新山口駅)の新幹線上りホームは、在来線の駅構内を俯瞰できることで有名です。東側に配置された旧 小郡機関区の様子も見ることが出来ます。

Ogori_02

小郡機関区は、2012年現在、改組されて下関総合車両所新山口支所となっていますが、地上設備は健在です。ターンテーブルの周りを取り囲むように、広島支社ならではの国鉄型車両がひしめき、まるで模型を見ているような楽しさがあります。

Ogori_03

近くに行ってみると、21メートルクラスの大型気動車に隠れるようにひっそりと佇む、小さなスイッチャーを見つけました。

Ogori_04

1978年(昭和53年)協三工業製の10t機で、キャブが左右非対称なことから「半キャブ」と呼ばれているタイプの貨車移動機です。ないねん出版の鉄道番外録によると、1991年8月の段階で、既にこの車両の配置が確認されています。

Ogori_06

機械番号は、06-28-01-048です。通常、車両工場や車両基地に配置されている移動機の末尾は「1」からの連番ですので(001~ないし0001~)、№48というのはどう見ても貨物駅に新製配置されたタイプですね。どの時点で、そしてどこからここ小郡運転所へ移動してきたのでしょうか。

Ogori_05

背後には広島支社色のキハ40系、その上には九州新幹線さくらと、中国地方を象徴するシーンが展開します。なおこの場所は、山口線と機関区のフェンスに挟まれた私道で、10mほど先に立入禁止の看板があります。しかし状況によっては、この場所にも立ち入れないことがあるかもしれませんので、訪問時は現地の状況を見て自己責任にて行動するようお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★355000アクセス突破★モルエランの天岩戸、開く | トップページ | ドイツ・ティッセンクルップ製鉄所の鉄道(2) »

▼C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/55323718

この記事へのトラックバック一覧です: ★JR西日本★小郡機関区のスイッチャー:

« ★355000アクセス突破★モルエランの天岩戸、開く | トップページ | ドイツ・ティッセンクルップ製鉄所の鉄道(2) »