« 【くろがね線を読み解く】第115回■2011年末のある編成 | トップページ | ドイツ・ティッセンクルップ製鉄所の鉄道(3) »

2012年9月23日 (日)

★380000アクセス突破★休日の西金工臨

 毎回、時事ネタ・地元ネタを展開しているアクセス突破シリーズ。今回は、近所で撮影した列車の中から、西金工臨を紹介します。

Ef8181korin
■西金工臨新小岩行  お召し指定機EF81 81+ホキ800 6連      2011年7月9日

水郡線や常磐線交流区間まで出かける時間は無いものの、走る時刻は分かっているので、走れば近所で撮る、という感じです。バラスト輸送区間は、水郡線西金から水戸を経由し常磐線・新金線経由で新小岩まで。この列車を「水戸工臨」と呼ぶ人がいますが、工臨は積み地または揚げ地の名称で呼ばないと何のことやらさっぱり分かりません。

Ef8197korin
■西金工臨西金行  EF81 97+ホキ800 6連    2009年10月25日

首都圏では、バラストをトラックで搬入している保線基地も少なくありません。したがって、ホキ800で輸送する地域は限られます。近場では、金町の保線基地はホキで搬入ですね。

そういえばここ1年以上撮っていないので分かりませんが、近頃はもうこの列車の牽引機はEF510形500番台に置き換えられてしまったのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第115回■2011年末のある編成 | トップページ | ドイツ・ティッセンクルップ製鉄所の鉄道(3) »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

こん××は
首都圏で言う小野上や初狩などバラスト積載地とホキの常備駅が同じならわかりやすいのですが、常磐線ホキは必要時に越中島常備のホキを西金駅まで空車で輸送、積載後千葉支社管内で散布、ということになるので呼び方がややこしいですね。最近は運転要員の確保、軌陸車やモーターカーで散布した方が手間がかからないことなどから千葉支社向けホキは(というよりホキ工臨自体が)減少傾向にあります。また、牽引する釜は水戸に常駐する510、81の共通運用となっています。
ということで、2009年10月25日の画像は、西金に返却ではなく空車の工臨ということになります。

投稿: はいしゃさん | 2012年9月23日 (日) 22:51

はいしゃさんコメントありがとうございます。

以前、中央線国分寺駅だったか、保線基地にトラックでバラストを搬入する場面から保線用ホッパ車に積み込み、MCで入れ換えるところまで撮りましたが、地上区間に保線基地があるとトラック搬入が多い気がします。それも土日に作業してくれるので、私のように土日しか休みの取れない一般のサラリーマンでも容易に撮影できます。
山手線や常磐線など高架区間が長いところはホキが多い印象で、田端駅や東京駅でホキ800の写真を撮ったことがあります。

西金工臨は、新小岩→水戸→西金→水戸→新小岩が4日間のサイクルになっているので、動きを予測しやすいですね。

投稿: 社長 | 2012年9月24日 (月) 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/55722826

この記事へのトラックバック一覧です: ★380000アクセス突破★休日の西金工臨:

« 【くろがね線を読み解く】第115回■2011年末のある編成 | トップページ | ドイツ・ティッセンクルップ製鉄所の鉄道(3) »