« ★安中T社専用側線★新型スイッチャーDB301によるタキ入換 | トップページ | ★375000アクセス突破★ドイツ連邦軍 機材輸送列車 »

2012年9月13日 (木)

【くろがね線を読み解く】第112回■八幡構内の機材輸送

D616_strol
■D616に輸送される圧延ロール             2009年6月10日

 Y製鐵所の構内で輸送されているのは、くろがね線からやってくる半製品ばかりではない。

写真は、八幡の工場から第二操車場へ移送される圧延ロールである。おそらく、八幡構内にある冷延工場・ステンレス工場で熱延コイルやスラブを圧延するために使用されているロールを、くろがね線を経由して戸畑で検査・修理するために移送されているものと思われる。

撮影当時はその正体に自信が持てなかったため、工場の設備に関する余計な情報を暴露するのは控えた方が良いとの判断で公開を自粛していた。その後、とある製鉄所の方とお話しする機会があったので試しに聞いてみたが、このロール自体にはたいした秘密も無いこと、また既に鉄道雑誌において、この圧延ロール積載貨車を敷地外から撮影した写真が記事に採用されていることを教えていただいた。したがって、弊ブログでも公開に差し支えはないと判断した次第である。

私の手元には、正体がよく分からず公開を控えているものがいくつもあるが、問題がないと確認が取れた物に関しては、今後公開することもあるかもしれない。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★安中T社専用側線★新型スイッチャーDB301によるタキ入換 | トップページ | ★375000アクセス突破★ドイツ連邦軍 機材輸送列車 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 A.日車のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/55619666

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第112回■八幡構内の機材輸送:

« ★安中T社専用側線★新型スイッチャーDB301によるタキ入換 | トップページ | ★375000アクセス突破★ドイツ連邦軍 機材輸送列車 »