« ★福岡市営地下鉄★橋本のバッテリーロコ | トップページ | 【O工場の石灰石輸送】DS-7形ディーゼル機関車 »

2012年10月25日 (木)

★395000アクセス突破★新京成電鉄くぬぎ山車輌検修場公開

 毎年10~11月にかけて日本全国の鉄道事業者で開催されている、車両基地・工場の公開イベント。近所にある新京成電鉄くぬぎ山車両基地でも、毎年秋に公開イベントが開催されています。

Shinkeiseik01

 私は保育園から大学入学までを千葉県松戸市内で過ごしました(高校時代は、松戸から市外の県立高へ電車通学)。松戸市内を走る私鉄で最も馴染み深いのは総武流山電鉄ですが、その次に慣れ親しんでいたのが、新京成電鉄です。新京成電鉄は、沿線に路線網を張り巡らす「新京成バス」と共に、松戸・鎌ヶ谷・船橋・習志野市民の足として重要な役割を担っています。かく言う私も、高校時代は部活の練習試合や大会で他校を訪れる際に、しばしばお世話になりました。

Shinkeiseik02

 くぬぎ山車両基地は、車両の検査・修繕を施行する「くぬぎ山車輌検修場」や、車両改造工事の委託先である串崎車輌などの協力会社を併設しています。串崎車輌は、京成電鉄の車体更新工事で名を馳せた大榮車輌の鉄道車輌部門を分社化した事業者です。

Shinkeiseik03

 この車両基地は、子供の頃何度か敷地外から眺めたことがありますが、午後の遅い時間が順光となりますので、午前中は家で過ごし、午後のイベント終了間際に訪れました。

Shinkeiseik04

 新京成電鉄は、千葉県北西部のみを走る準大手私鉄として地味な存在ではありますが、1980年代中頃からVVVFインバーター制御車8800形を大量投入するなど先進的な試みもあり、侮れない存在です。これに加えて、現在の路線の大部分が、旧陸軍鉄道連隊演習線の軌道敷きを再利用、あるいはそれに沿って敷設されたものであることも、特筆されます。もっともこのエピソードは、松戸市や船橋市の出身者ならば、義務教育のあいだに必ず習う内容ですが。

Shinkeiseik05

 さて、全検を施行する工場があれば、編成を分割して車両を移動する必要がありますので、入換専用の移動機が必ず配置されています。くぬぎ山車輌検修場では、スイッチャーではなく軌陸両用のアントが使用されています。

一般には、アント工業製の車両入換用移動機械をアントと呼びますが、最近ではOEMが増えているので留意する必要があります。アント工業の銘板をつけていても、例えばスイッチャー(2軸機関車タイプの移動機)は北陸重機工業へ外注したものであったり、蓄電池駆動の移動機は神鋼電機(現 シンフォニアテクノロジー)へ外注するケースが増えており、アント工業以外のメーカーが製作していながらアントの銘板を付けている移動機も少なくないのが現実です。したがって、「アント工業以外の移動機をアントと呼称すべきではない」などといった一部の偏狭な鉄道マニアの議論は、あまり意味を成さないといえます。

Shinkeiseik06

 イベントでは、保線用モーターカーの乗車体験も行われます。

Shinkeiseik07 Shinkeiseik09 Shinkeiseik08

 モーターカーは、ボンネット端部に京成グループのロゴをつけていますが、京成ロゴ入りの黄色い保線車両は、実はちょっと珍しい存在です。というのも、京成電鉄の保線車両は通常、コーポレートカラーをイメージした塗装(クリーム色に、電車と同じ赤帯青帯)を纏っており、黄色い車両は多くないからです。京成グループの黄色い保線車両は、新京成電鉄と北総鉄道で見られます。(宗吾車両基地のスイッチャーは黄色ですが、これは保線車両に分類すべきものではありません)

 さて、車体に取り付けられた銘板を確認してみると、諸元は次の通りです。

  • 型   式 : WD-H150CA
  • 自   重 : 15.0t
  • 製造年月 : 1990年8月
  • 製造者  :  堀川工機
  • 製造番号 : 2159
  • 機関番号 : PD6-055697T

水平線では、360t(被牽引車の自重含む)を20km/h以上で牽引する能力があります。これは、堀川工機製の標準的なモーターカー の性能を遥かに上回るものです。動輪径も自重も一般のスイッチャー並に大きいです。ヘビーな使用環境を想定して発注されたのでしょうか。新京成線にはそれほど急な勾配は無かったと記憶しているのですが…。

Shinkeiseik10

 ところで、北陸重機工業のホームページに掲載されている軌道車両の納入実績リストには、新京成電鉄も含まれていますが、沿線及び当車輌検修場内をいくら探しても、これまで北陸重機の銘板をつけた車両を見かけることはありませんでした。いっぽう、このモーターカーをよく観察してみると、キャブや前面窓、ラジエーターカバーの形状のそこかしこに北陸重機の特徴が色濃く出ており、この車両は北陸重機が堀川工機にOEM供給したものではないかと推察されます。納入リストには、「商社経由及びOEMの場合はエンドユーザー名を記載」との但し書きがありますし、本機の性能が標準的な堀川のモーターカーのそれとかけ離れているのも、他社OEM品ならば納得がいきます。

 なお当車両工場には、旧日本陸軍鉄道連隊九七式軽貨車などが保存されており、イベントでも毎年展示されていますが、既に編集長敬白のブログで詳しく紹介されています ので、本記事では割愛します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★福岡市営地下鉄★橋本のバッテリーロコ | トップページ | 【O工場の石灰石輸送】DS-7形ディーゼル機関車 »

 D.北陸重機のスイッチャー」カテゴリの記事

 N.堀川の保守用車両」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/55942281

この記事へのトラックバック一覧です: ★395000アクセス突破★新京成電鉄くぬぎ山車輌検修場公開:

« ★福岡市営地下鉄★橋本のバッテリーロコ | トップページ | 【O工場の石灰石輸送】DS-7形ディーゼル機関車 »