« 【福井鉄道200形百景】鉄軌分界点付近 | トップページ | ■北総鉄道■営業運転を開始した9200形 »

2013年2月28日 (木)

【福井鉄道200形百景】鉄道線区間

 福井鉄道200形百景、シリーズ最後は鉄道線区間です。

Fukutetsu20051

福井鉄道福武線の鉄道区間(福井新-武生新間)は大半が単線ですが、最初の1駅だけは複線です。住宅街の複線電化区間を走り抜ける様子は、田圃の中をのんびり走るローカル私鉄路線とはまた違った趣があり、私は好きですね。

Fukutetsu20052

浅水を過ぎると街並みも落ち着いてきて長閑な風景が広がります。

20338

福井鉄道はほぼ全線にわたって西側に架線柱があるため、撮影は午前中に線路の東側からが中心となります。西側からですと信号ケーブル(およびその影)が邪魔になりますが、場所によってはケーブルが架線と同じ程度の高さに上がっていることがあり、午後でものんびり撮ることができます。

20138

F1000形を挟んで続けざまにやってきた201形。私が土日に福井を訪れると、日中はなぜかこの201ばかり当たり、202や203は数えるほどしか撮ったことがありません。なにか理由がありそうですがどうなのでしょうか。

Fukutetsu20053

ここは、ホサさよなら運転のときに撮影した場所。冬期は積雪で立ち入るのが難しくなります。

Fukutetsu20055

サンドーム西駅から徒歩10分の、日野川に架かる有名な橋梁。ここで朝一の便を撮るときには、金曜夜に東京から鯖江まで移動して駅前のホテルに泊まり、翌朝駅前からタクシー(所要3~4分)で行くのが手っ取り早いです。最短コースで行けばワンメーターで行けたはず。朝の200形の列車は続行で次々に来るので、

Fukutetsu20054 Fukutetsu20056

同じ場所でアングルを変えて撮るのが良いです。朝の続行運転時は、クルマで行っても場所を変えて撮影する時間的余裕はまずないです。

スペースが広いですし、近くにセブンイレブンがあり食事やトイレの心配もないため、日中にも運用入りしていれば長居も可能です。便利な場所ですね(笑)

Fukutetsu20057

防雪用の覆いが雪国の鉄道の雰囲気を醸し出します。

●西武生工場

Fukutetsu20061

大型車が運用入りしていない場合は、西武生工場を覗くと検査中の姿を見られることがあります。この時は、工場の入換用機関車として使用されているデキ3の後ろに…

Fukutetsu20062 Fukutetsu20063_2

202形が編成を解かれて留置されていました。右のように、検査中は連接台車を抜き取り仮台車に乗せて移動します。

Fukutetsu20065 Fukutetsu20066

西武生(現 北府)の駅舎。左が2009年8月の姿ですがその後解体され、現在は右のように復元されています。

Fukutetsu20067

駅舎内には、「福井鉄道のあゆみ」と称した展示があり、待ち時間も飽きることはありません。古本屋巡りをして資料を集めるより、ここに来て展示や説明を見た方が、短時間で学習できます(笑)

なおこの展示室の電燈は、閲覧したい人が自分でスイッチを点け、終わったら自分で消すのがマナーです。くれぐれも点けっぱなしはやめましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【福井鉄道200形百景】鉄軌分界点付近 | トップページ | ■北総鉄道■営業運転を開始した9200形 »

▼私鉄の希少車輌 4.北陸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/56732466

この記事へのトラックバック一覧です: 【福井鉄道200形百景】鉄道線区間:

« 【福井鉄道200形百景】鉄軌分界点付近 | トップページ | ■北総鉄道■営業運転を開始した9200形 »