« 【くろがね線を読み解く】第123回■製品倉庫からのレールチキ引出し | トップページ | ■東邦亜鉛号■ダイヤ改正日、最後のEF510牽引列車 »

2013年3月26日 (火)

★長野総合訓練センター★スイッチャー入換訓練

 貨物列車の入換などに従事する専用線・専用鉄道のスイッチャー。日本国内で決まった時刻に動いているものは、甲種・特大輸送時のみ動くものも含めてすべて撮りつくしているので、残っているのは厄介なものばかりです。以前紹介した長野総合車両センターのスイッチャーのように、JRの臨時列車の運行を分析して撮れるものはまだ良い方で、最後に残るのはこのように地元の親切な方に教えていただかないと撮れないものばかりです(苦笑)

Nagano_kunren01

 長野総合車両センターの敷地内には、長野総合訓練センターがあります。ここには、JRの職員が運転や入換の訓練を行うため、訓練用の電車(115系)とスイッチャー、貨車(ヨ8000形)が配置されています。

Nagano_kunren02

電車の方は、本線上でも運転訓練を行うために車籍がありますが、スイッチャーと貨車は機械扱いで、原則として訓練センターから外に出ることはありません。もちろんスイッチャーの方は、以前紹介したように、稀にですが長野総合車両センターのスイッチャーの代替機として使用されることがありますが、車両センターから外に出て本線上を走ることはありません。

Nagano_kunren03

 近所の方によると、2013年1月8日に入換訓練があるとか。昼過ぎに行ってみると、スイッチャーがヨ8000×2両を牽いて動き始めました。まずは、普段は手前にスイッチャーがいて綺麗に撮れない訓練車を撮影。

Nagano_kunren04

引き上げた編成は、一番奥の線路へ転線します。ヨ8000には、車体の下半分にピンク色の塗装が施されており独特な雰囲気があります。

Nagano_kunren05

こちらが長野総合訓練センターのスイッチャー、昭和41年国鉄浜松工場製の20t機です。足回りは車軸配置Bのロッド駆動です。ロッドが赤く塗装されており、SLの保存機みたいですね。

Nagano_kunren06

訓練センター内の長さ50メートルほどの区間を何往復かしていましたが、しばらくすると、

Nagano_kunren07

スイッチャーの反対側に連結されていたヨが切り離されました。

Nagano_kunren08

種車はよく分かりません。もう1両のヨも含めて、17-22-01-202の機械番号が付与されています。2両1セットで機械一式の扱いなのでしょう。

Nagano_kunren09

スイッチャー+ヨは、再び転線して今度は奥から2番目の線路へ入線。

Nagano_kunren10

115系訓練車と並びました。

Nagano_kunren11

しばらくするとまた引き上げて、

Nagano_kunren12

再び連結。

Nagano_kunren13

最後は定位置に戻っていきました。わずかな時間でしたが、めったに動かないスイッチャーの入換作業を見ることができました。地元の方に感謝するほかありません。

 なお本記事には人の姿がほとんど写っていませんが、これはプライバシー・肖像権に配慮したためです。通常の専用線の入換では、至近距離でなければ顔がはっきり判読できるような写真になることはまずありませんが、さすがにここまで車両に近い場所から撮ると、顔だけ写らないようにするのは難しいのです。だからといって、顔にモザイクをかけてまでネットで公開するようなものでもありません。よって公開できるのは、身体ごと写っていない写真に限定されるわけです。

実際の現場の雰囲気は、スイッチャーの運転士以外に、手旗信号を振る方、スイッチャーを誘導してポイントを切り替える方、一連の手順をチェックする方など、総勢7~8名の職員の方々が関わっていました。念のため報告しておきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第123回■製品倉庫からのレールチキ引出し | トップページ | ■東邦亜鉛号■ダイヤ改正日、最後のEF510牽引列車 »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

 K.国鉄工場製のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです 長野訓練センターのスイッチャーは解体線に移動してから姿が見えなくなってしまったみたいです こちらの方のブログに報告されています もう解体処分されたのでしょうか 国鉄工場製のロッドスイッチャーがまた一両姿を消したことは 残念です

http://naganowakaho.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: HN | 2015年7月 1日 (水) 19:17

HNさま
お久しぶりです
訓練センターは無くなることはないだろうと思っていたらスイッチャーだけ解体ですか!
こういった工場の入換動車は年度の変わり目に動きがあることが多いです
(工場の備品扱いのため、処分(除却)するタイミングで資産に計上するかどうかが変わるので、たぶん税金対策)、
期の変わり目である6月末、9月末も要注意ですね。

投稿: 社長 | 2015年7月 3日 (金) 21:01

HNさんこんばんは
長野訓練センターのスイッチャーですが、9月に検査を受けて出場したようです。知人が昨日の長野総合車両センター公開訪問時に確認したとのことです。また動くところが見られそうですね。

投稿: 社長 | 2015年10月13日 (火) 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/57040146

この記事へのトラックバック一覧です: ★長野総合訓練センター★スイッチャー入換訓練:

« 【くろがね線を読み解く】第123回■製品倉庫からのレールチキ引出し | トップページ | ■東邦亜鉛号■ダイヤ改正日、最後のEF510牽引列車 »