« 【くろがね線を読み解く】第131回■東田地区継送列車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第133回■60DD-4形D612 »

2013年5月15日 (水)

【くろがね線を読み解く】第132回■前田地区の列車を俯瞰

Nyy_kuro05
■60DD形牽引で奥の工場へ向かうホットコイル編成     2011年12月

 八幡駅近くの某ホテルに泊まると、Y製鐵所構内を俯瞰することができる。列車は早朝から深夜まで24時間365日走っているが、平日は特に本数が多い。

八幡構内のみで完結する輸送は少なく、多くはくろがね線経由で戸畑から到着する貨車の輸送であることから、くろがね線の本数が多ければ多いほど、この場所で見られる列車の本数も多いということになる。誰にとがめられることもなく撮影できるので、初心者にはおすすめのスポットである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

|

« 【くろがね線を読み解く】第131回■東田地区継送列車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第133回■60DD-4形D612 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/57385615

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第132回■前田地区の列車を俯瞰:

« 【くろがね線を読み解く】第131回■東田地区継送列車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第133回■60DD-4形D612 »