« 【くろがね線を読み解く】第129回■60t積 広幅台車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第131回■東田地区継送列車 »

2013年5月13日 (月)

【くろがね線を読み解く】第130回■80t積 25Mレール輸送専用台車

 八幡地区には条鋼工場があるため、当然ながら軌条を輸送するための専用の貨車もある。条鋼工場から西八幡の製品倉庫へ50メートル長尺レールを輸送する貨車は以前紹介したが、今回は25メートル定尺レールを輸送する貨車を紹介する。

Nyy80t_rail1 80trail_futa2501
■25メートル軌条輸送台車。左が816(フタ2516)、右が801(フタ2501)

 この貨車最大の特徴は3軸ボギー台車を有することだろう。

80trail_futa2517_wheel

3軸ボギー台車は、2つの鋳鋼製スリーピース台車を組み合わせたようなスタイルで、片方に車輪が2軸、他方に1軸ついている。ちょうど、タキ50000形タンク車のTR78台車をイメージしていただくと分かりやすいかもしれない。連結器も車体に直接付いておらず、台車と一緒に動くため、製鉄所構内の急曲線の通過にも対応する。要するに分類的には長物車というより大物車といえるかもしれない。

  • 形 式 : 不明
  • 荷 重 : 80t
  • 自 重 : 36.3t(車両によって異なる)
  • 車軸配置:2+1-1+2

Nyy80t_rail2
■25mレールを4段積みした80t積台車822   2010年
※世界遺産眺望スペース設置のため、この場所からの撮影は不可となりましたのでご注意ください。

25メートルレール輸送専用であるが、どうやら条鋼工場と他の加工工場間の構内輸送専用らしく、西八幡の製品倉庫やヤードに姿を現すことはない。この場所以外に、条鋼工場の南側の屋外に留置されているのを敷地外からフェンス越しに見られる場合がある。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

|

« 【くろがね線を読み解く】第129回■60t積 広幅台車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第131回■東田地区継送列車 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/57363693

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第130回■80t積 25Mレール輸送専用台車:

« 【くろがね線を読み解く】第129回■60t積 広幅台車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第131回■東田地区継送列車 »