« ★515000アクセス突破★糸魚川煉瓦機関庫 | トップページ | ◆非鉄金属メーカーT社◆2013年夏期休転中 »

2013年7月21日 (日)

ドイツ鉄道Hanau駅でいまだ現役の腕木式信号機

 2012年のゴールデンウィークに訪独した件は既にいくつかの記事で紹介しましたが、Hanau駅構内で興味深いものを見つけましたので紹介します。午後3時頃にフランクフルト空港に到着後、当日の宿泊地であるケルンへ移動するまで時間があったので、S9系統で最後の活躍を続ける420形電車を撮影することにしたのですが、S9系統の終着駅Hanauでは、なんと腕木式信号機が現役でした。

Hanausignal01

ICEが頻繁にやってくる都市部の電化幹線でまだ使用されているとは驚きでした。上の写真には2つの信号機が写っていますが、日本式に表現すると左がG現示、右がR現示です。Y現示の場合は、上下二本とも斜め方向を向きます。

Hanausignal02

ICEが通過すると、上の腕木が下りてきて…

Hanausignal03

右と同じようにR現示になりました。上の写真は東側の信号機ですが、今度は西側のものも見てみましょう。

Hanausignal11 Hanausignal12

また信号機が2つ並んでいます。まず左の写真ですが、左側がY現示、右側がR現示です。ドイツ鉄道は右側通行なので信号機は線路の右側にあります。したがって、左の信号機は、左側の線路を走行する列車用の信号機です。

本信号(腕木)の下にあるオレンジ色の円盤およびその下のオレンジ色の棒は、一つ先の信号機の現示を現しています。右の写真を見ると、オレンジの円盤が倒れて水平になっているのがわかると思います。円盤が倒れている場合、先の信号機はG現示です。円盤ありで下のオレンジの棒が斜めになっている場合はY現示、円盤アリでオレンジ棒が垂直な場合(左写真が該当)はR現示です。

この機能は、日本でいうと前方予告に相当しますが、JRの色灯式信号機は基本的に前方予告機能は無いのであまり馴染みがないかもしれません。常磐緩行線や山手線、地下鉄各線のATCのように車内信号方式の場合、次の閉塞区間に入る前に目視で信号を確認できないので、前方予告が非常に重要になります。運転台には、速度メーターの外側に次の閉塞区間の現示(というか制限速度)が▼のように表示されるので、これから加速して良いのか惰行が良いのか、ブレーキをかけ始めた方がいいのか、運転士は事前に判断できるわけです。要するに、列車の運行間隔を詰めたい場合は前方予告があった方が都合がよく、列車本数の多い都市部では特に重要な機能ということになります。

なお右の写真では、円盤に隠れていた表示器に「6」が点灯しているのが見えると思いますが、これは発車番線や進路表示ではなく、すぐ先の分岐器の制限速度を現しています。6は制限無しだっと思いますが、うろ覚えです(笑)

Hanausignal13 Hanausignal14

列車が発車すると(左写真)、腕木式信号機と前方予告信号機がそれぞれ動きます(右写真)。

国鉄時代は、ターミナル駅に発着する列車を見ているだけでも楽かったものですが、久々にその頃のことを思い出しました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★515000アクセス突破★糸魚川煉瓦機関庫 | トップページ | ◆非鉄金属メーカーT社◆2013年夏期休転中 »

欧州紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/57838142

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ鉄道Hanau駅でいまだ現役の腕木式信号機:

« ★515000アクセス突破★糸魚川煉瓦機関庫 | トップページ | ◆非鉄金属メーカーT社◆2013年夏期休転中 »