« ドイツ鉄道Hanau駅でいまだ現役の腕木式信号機 | トップページ | ◆京成電鉄◆LCC対応臨時アクセス特急、今夏も運転中! »

2013年7月25日 (木)

◆非鉄金属メーカーT社◆2013年夏期休転中

20130525_eh50056
■EH500-56牽引の安中行き貨物列車     2013年5月25日

 非鉄金属メーカーT社の半製品輸送列車として有名な安中行き貨物列車。2013年7月中旬から、小名浜精錬所の工場休転による貨車の減車が頻発し、下旬からは安中精錬所も休転に入り運休が続いています。休転そのものは何か月も前から計画されているものですし、時期・期間の相違はあれど毎年行われるため、運休が続いたからと言って大騒ぎするようなことではありません。

本記事では、今月の休転によって貨物列車の編成にどのような影響があったのかを振り返ってみることにします。編成の記録は、SNSで時々情報交換をさせていただいているスーパーゆうづる2号さんの常磐線内での目撃データを引用させていただきます。

日付 曜日 EH500形車番 タキ車 トキ車
2013/7/1 26   12両 6両
2013/7/2 10   12両 5両
2013/7/3    -
2013/7/4 23   12両 3両
2013/7/5   14両 4両
2013/7/6 77   12両 4両
2013/7/7 75   10両 -#
2013/7/8    - 4両
2013/7/9 15    8両 4両
2013/7/10 35    - 4両
2013/7/11 29    - 3両
2013/7/12    - 3両
2013/7/13 27    - 4両
2013/7/14 33    -
2013/7/15 運休    -
2013/7/16 24    - #1 4両
2013/7/17 51    - #2 4両
2013/7/18 11    - 4両
2013/7/19 運休    -
2013/7/20 34    -
2013/7/21 運休    -
2013/7/22 43    - 4両
2013/7/23 37    -
2013/7/24 運休    -
2013/7/25 62    -
2013/7/26 65    -
2013/7/27 41    -
2013/7/28 66    -
2013/7/29 74    -
2013/7/30 23    - 5両
2013/7/31 運休    -
2013/8/1 13    - #2 4両
2013/8/2 44    - 3両
2013/8/3 14    2両 5両
2013/8/4 42    -
2013/8/5 20    - 4両
2013/8/6 66    6両 5両
2013/8/7 40   12両 5両
2013/8/8 58   12両 5両
2013/8/9 17   12両 5両
2013/8/10 37   12両 5両
2013/8/11 37   12両
2013/8/12 32   12両 5両
2013/8/13   12両 5両
2013/8/14 58   12両 5両
2013/8/15 11   12両 5両
2013/8/16 56   12両 5両
2013/8/17 73   12両 5両
2013/8/18 64   12両

#  … 編成最後尾に検査回送のトキ25000(カバー無)を1両連結

#1 …  編成最後尾に検査回送のタキ1200を1両連結

#2 …         〃              2両連結

 さて、上の運行結果をご覧いただくと、7月中旬に入る頃からタキ車が急に連結されなくなり、7月下旬に入る頃からはトキ車も連結されなくなっている様子が分かると思いますが、これにはちゃんと理由があります。

 タキ車が輸送しているのは、小名浜精錬所の窯で亜鉛精鉱を焙焼することによって生成した亜鉛焼鉱で、平たく言えばZnO(酸化亜鉛)の粉末です。したがって、小名浜の窯(焙焼炉)の火が落ちている間は、運ぶものが一時的に無くなるので、タキ車が編成から外れることになるわけです。

 一方、トキ車が輸送しているのは亜鉛精鉱そのもので、こちらはまだ酸化されておらずZn(亜鉛)にS(硫黄)などが結合したままの亜鉛鉱の粉末です。亜鉛精鉱は、安中の窯で焙焼されZnOとなり、更に還元炉でC(カーボン)により還元されて、Zn(亜鉛単体)ダストになり回収されます。このため、安中の窯(焙焼炉、還元炉)の火が落ちているときは、トキ車が編成から外れることになるわけです。

 また、小名浜からタキ車によって運ばれてきた酸化亜鉛は硫酸溶液に投入され、硫酸亜鉛溶液中で電気分解(還元)されて、亜鉛として析出します。安中精錬所全体が停電しているときには、大電力が必要な電気分解や窯の操業はできませんので、タキ車もトキ車も連結されません。つまり単機回送か運休することになります。

※ちなみに、焙焼炉で亜鉛から引き剥がした硫黄を有効活用するため、亜鉛メーカーのほとんどは硫酸を製造しています。

 安中の方はたまに1次情報が入ってくるので、今回、7月下旬に停電および設備点検・補修が実施されることは何か月も前から把握していました。安中の窯に火が入るのは8月1日の予定ですので、トキ車が連結されるようになるのもその前後からと思われます。小名浜の方は伝聞情報しか入ってこないので、タキ車復活の予定は知りません。小名浜の方はどうしても把握が事後になりがちなのです。

今後は、小名浜に詳しい方からの情報をお待ちしています。

●2013年8月10日追記

 2013年8月1日以降、通常通り毎日トキ車が連結されるようになりました(所定で連結されない日曜を除く)。これは、安中の窯への火入れが予定通り8月1日に行われ、操業を開始したためと思われます。8月7日からはタキ車も所定の両数連結されるようになりました。今後、お盆期間の突発的な運休はあり得ると思いますが、しばらくは安定して運行されそうです。なお次の休転はいまのところ11月の予定ですが、今後変更される可能性もゼロではありませんので、参考程度に。

●2013年8月18日追記

 お盆期間は減車・運休などなく運行されたようです。表に追記しました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ドイツ鉄道Hanau駅でいまだ現役の腕木式信号機 | トップページ | ◆京成電鉄◆LCC対応臨時アクセス特急、今夏も運転中! »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/57864349

この記事へのトラックバック一覧です: ◆非鉄金属メーカーT社◆2013年夏期休転中:

« ドイツ鉄道Hanau駅でいまだ現役の腕木式信号機 | トップページ | ◆京成電鉄◆LCC対応臨時アクセス特急、今夏も運転中! »