« 【石巻港駅と日本製紙専用鉄道】震災前後定点 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第145回■N社H製鉄所の機関車 »

2013年8月29日 (木)

★535000アクセス突破★姫路市営モノレールを観察する

 2011年5月5日、岡山県東部へ出張した帰りしな姫路駅で途中下車し、オープンしたばかりの手柄山交流ステーションに立ち寄りました。

535000_himejimono01

手柄山駅の跡が博物館として整備され、姫路市営モノレールの車両が静態保存されているのを間近に見ることができます。 

535000_himejimono02

ホームが展示スペースとされており、

535000_himejimono03

駅の雰囲気そのままに、車両をじっくり見ることができます。

535000_himejimono04

姫路市営モノレールには、片運転台の100形2両と両運転台の200形2両、合計4両の車両があったようですが、保存されているのは両運転台の200形2両です。

535000_himejimono06

車体側面のサボも、

535000_himejimono17

時刻表も当時のままです。しかし廃駅跡ではなく博物館なので、時計は正確な時刻を刻んでいます。写真を綺麗に撮るために人が少なくなるのを待っていたので、16:55、閉館間近になってしまいました(笑)

535000_himejimono08

車内も現役時代そのままとか。現役時代に乗ったことがないので、聞いたまま情報ですが。 

535000_himejimono09

製造されたのは1960年代中頃で、世代的には国鉄103系などと同じです。運転台もそんな時代の車両の雰囲気ですね。 

535000_himejimono10

手柄山駅の構内配線図もありました。向かって左手が姫路駅、右にあるのは引き上げ線です。姫路方向にスイッチバックして転線し、駅ホームと反対側に設けられた検車庫で車両の整備をしていたようです。手柄山駅を車止で行き止まりにしなかったのは、免許がさらに南(手柄山南)まであったことと、将来的に飾磨方向まで延伸することを視野に入れていたためのようです。当時は、飾磨で操業していた富士製鉄広畑製鉄所が高炉の増設を行っていた時期で、社会全体の景気も良く、プランとして悪くはなかったと思います。もっとも経営的には、それ以前の問題点が多々あったようですが。

535000_himejimono11

ということで、姫路市営モノレールに使用されていたレールは、まさにその富士製鉄製でした。1964年富士製鉄釜石製鉄所製の50-Tレール(1メートルで重さ53kg)で、フジエスの社紋もバッチリ残っています。フジエスをご存じない方は、こちらの記事を参照。

さて、ここまで見てきて、「え!? モノレールってゴムタイヤ駆動ではないの? 鋼鉄製のレールを走るの?」と思われた方は、ステーションの裏手に回ってみると面白いものが見られますよ。 

535000_himejimono12

そこにはモノレールの台車が保存されているのです。ロッキード式モノレールは、「モノ」と言いながらレールが4本あります。軌道上部にあるのがメインレールで、台車1台あたり駆動車輪2個が上から、上部安定用車輪4個がそれぞれ2個ずつ左右から、レールを押し付けます。軌道下部の左右に1本ずつあるのが安定用レールで、下部安定車輪が1個ずつ左右からレールに接触して走ります。

535000_himejimono13 535000_himejimono14

軌道の南東側側面(左写真)にあるは安定用レール1本のみですが、北西側(右写真)には安定用レールの数十cm上に集電用レールもあります。物々しいインシュレーター(碍子)に支えられているのが、それです。ちなみにこの集電用レールは、4本目のレールでありながら第三軌条と呼ばれているそうです。

535000_himejimono15

 手柄山ステーションの入口付近から姫路城の方角を見てみると、モノレールの廃線跡が見えましたので、姫路駅への帰りは廃線跡巡りといきましょうか。 

535000_himejimono16

ステーションから見えた廃線跡は、手柄山公園の北端にあるバス通り沿いにありました。さきほど解説したように軌道を西側から見ていますので、レールが2本見えます。下が安定用レール、上が集電用レールです。しかし… 

535000_himejimono18

少し北進して山陽新幹線との交差部まで行ってみると……あれ!?

レールがありません。この部分だけわざわざ撤去したとも考えにくいのですが、帰宅後に調べてみると、神戸新聞1984年10月13日版にて、老朽化した送電線が落下する事故が起きたことが報じられていました。レールは事故処理に伴い撤去されたみたいです。まさに「噂の現場」といったところでしょうか。

ともあれ、山陽新幹線の新大阪~岡山開業が1972年3月、モノレールの運行休止が1974年4月ですから、この場所で新幹線とモノレールが動きながら交差していたのはわずか2年ということになります。もったいないですねぇ。 

535000_himejimono19

空中を走るモノレール。この光景を見て思うのは……

どんなに恐ろしいロッキード社製の武器を持っても、土から離れては生きられないのよ! といったところでしょうか。

ちなみに私が好きな飛行機は、ロッキード社製トライスターです。ボーイング社のどの飛行機より乗り心地は良かったですね。生まれ故郷鹿児島との往復でよく乗っていました。トライスターの最終便も、1995年11月30日の鹿児島発羽田行ANA626便だったそうですから、つくづく鹿児島と縁のあった飛行機ですね。 

535000_himejimono20

で、羽田と言えば東京モノレール。 

535000_himejimono21  

昭和島の車両基地の裏手に回ると、昔の車両の台車が敷地外から見える場所に保存されています。日本の跨座式モノレールと言えば、このアルヴェーグ式(日立式)が主流ですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【石巻港駅と日本製紙専用鉄道】震災前後定点 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第145回■N社H製鉄所の機関車 »

アクセス突破記念」カテゴリの記事

トロッコ・保存鉄道」カテゴリの記事

コメント

社長さん、こんばんは~。
車内灯が点いていると現役のようで、車両が生気を取り戻したように感じます。

ロッキード式モノレールといえば国内での製造は川崎航空機(現川崎重工)でしたね。
未来の都市交通機関として鳴り物入りでつくられたようですが製造されたのは試作車とこの姫路市営の車両だけ。
試作車は後に小田急向ヶ丘遊園モノレールに行きデハ500となった車両です。
実際に製作していたのは各務原の岐阜工場、実験線も同工場内につくられたそうで、名鉄各務原線の架線柱をバックに走る後の小田急デハ500の写真が「川崎重工岐阜工場50年の歩み(川崎重工業株式会社航空機事業本部編)」に載ってます。
写真の背景から推測すると実験線は三柿野駅の近く(岐阜方の旧駐留軍専用線跡を利用?)だったようです。

投稿: 西宮後 | 2013年8月31日 (土) 23:45

姫路モノレールの件ですが、地元民で、誤った情報が書かれていますので。

「1984年10月13日に老朽化したレールが落下する事故が起きていたみたいです。」とありますが、事実は、「給電用ケーブルの一部が落下したため」です。レール自体は強固に固定されているので、そう簡単には落下しないです。レールが落下したら、近くに民家もあり、一大事です。で、ケーブルが長距離に渡って脱落して大事にならないようにと、ケーブル撤去と一緒にレールも撤去されたようです。

 宜しければ、修正をお願いします。

 あとは、気になる「くろがね線」があります。某社員です。まあ、八幡以外にも構内にはディーゼルで物流している箇所はありますね。当所のも気が付けば見てみます。(某社員ですので、余り情報は明かせないですが)ちなみに、富士製鉄の生産本拠地は、関西の製鉄所です。富士製鉄での箇所の記載は、生産規模による順です。(これも、社員から見れば違っているのですが)で、関西に居ます。(昭和天皇陛下が宿泊された迎賓館があります)

投稿: たた | 2013年9月 1日 (日) 18:14

たたさんこんにちは
姫路モノレールの送電線落下事故の件は、神戸新聞縮刷版にて確認が取れましたので、修正しました。ありがとうございます。

後半に関しては……正直申しまして、何を仰っているのかよくわからないのですが(苦笑)
富士製鉄でレールを生産していたのは釜石だけですので、仰る「誤記」ではないと思うのですが。日本製鉄との合併時に独禁法に抵触するのを避けるために、レールを日本鋼管福山へ移管しましたよね。
生産規模の順?? ふつう、全国展開している企業で各地域の支店や営業所・工場等の生産拠点を列挙する場合は、北から南へ、東から西へというのが一般的で、新日鉄住金のホームページでもそのようになっており、
http://www.nssmc.com/works/index.html/
生産規模順になっていませんが。
仮に富士製鉄時代の社内的なルールがあったとしても、弊ブログはそれらに縛られることなく、一般的な分かりやすさ重視でいきますので、ご理解をお願いします。

くろがね線の記事に関しては、鉄鋼メーカーOBも含めて何人かに意見を求めたうえで書いています(記事にもよりますが古いものは見たままで書いているものもあります)。

ご指摘いただくのは大歓迎ですが、できれば具体的にお願いします。
でないと修正できませんので。
よろしくおねがしいます。

投稿: 社長 | 2013年9月 5日 (木) 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/58090903

この記事へのトラックバック一覧です: ★535000アクセス突破★姫路市営モノレールを観察する:

« 【石巻港駅と日本製紙専用鉄道】震災前後定点 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第145回■N社H製鉄所の機関車 »