« ようやく脱稿 | トップページ | ★525000アクセス突破★銀座線1000系甲種輸送 »

2013年8月 7日 (水)

◆神奈川臨海鉄道千鳥線甲種輸送◆紅のDD5516+銀座線1000系

 弊ブログではこれまで、甲種輸送や特大輸送に伴って稼働する機関車を紹介してきました。甲種輸送が注目されるのは、輸送される車両が新車・廃車・譲渡車・輸出向けが多く車両そのものが珍しいことに加え、車扱貨物が激減している日本の鉄道貨物輸送の世界において相対的に注目度が高まっていることも遠因といえるでしょう。しかし、私はあくまでも輸送時にしか動かない珍しい機関車の方が目当てで、これまでも甲種・特大輸送にあわせ、専用線の機関車名鉄の機関車(デキ入換デキ3重連入換)、名古屋市交通局の機関車などを撮っています。

神奈川臨海鉄道千鳥線でも、川崎市営埠頭で輸出入される車両の輸送や、JRとは軌間の異なる鉄道事業者向けの新車を埠頭でトラックに積み替え陸送する目的で、甲種輸送列車が運行されてきました。しかし、毎回日曜日に運行されるとはいえ前述の理由でわざわざ撮影しに行くことはありませんでした。数年前に一度計画するも、直前に輸送予定が変わって空振りしたことも足が遠のいていた一因かもしれません(苦笑)

しかし…今回は事情が違います。2013年8月4日日曜日の銀座線1000系甲種輸送は、まさに「珍しい機関車」が牽引するからです。ふつうなら、前日3日に日本車輌製造を出場して東海道本線を上ってくるところから撮影する方が多いと思いますが、3日はなんといっても某製鉄所の公開日。読者のモビリオさんとともに高炉前の撮影場所で機関車を思う存分撮影していました。イベント終了後、東京湾をぐるっと半周し、例によって小島新田駅近くまで自転車を回送。準備も万端です。

Koshuginza01

 この日は、神奈川臨海鉄道50周年を記念して塗装変更されたDD5516が牽引を担当します。塩浜機関区の南側を出発し、銀座線1000系が留置されている川崎貨物駅南側に到着したのは8:35頃でした。

Koshuginza02

引き出してくるのは8:40頃でした。16メートル車6両編成だからかろうじて入りましたが、京王電鉄向けの20メートル車の場合、けっこう正面寄りから撮らないと最後尾まで入らなそうですね。 

Koshuginza03

川崎貨物駅から分岐した直後のカーブへ姿を現すのは、8:58頃でした。赤と黄色の鮮やかな組み合わせが好ましいです。 

Koshuginza04

千鳥町駅の通称西群線へ9:04頃に到着。ようやく紅のDLが充当されて感無量です。ヨの入換を撮影したかったため、早々に移動して… 

Koshuginza05

機回しから 

Koshuginza06

連結、そして 

Koshuginza07

1本北側の線路への移動に、 

Koshuginza07a

切り離し、 

Koshuginza08

銀座線の後ろ側への連結まで楽しみました。ここから先の川崎市営埠頭内は、推進運転でゆっくりと進みます。先頭へ回り込むと、 

Koshuginza09

9:14頃だったでしょうか、銀座線はすぐに動き始めました。

Koshuginza10

埠頭敷地内へ入っていく銀座線。至近距離から撮影できるのはここまでです。この先、門扉の外側から断片的に見える場所が4か所ありますので移動します。

Koshuginza11

1つ目の撮影場所。DD5516がゆっくりと推進していきます。次の場所でも撮影しましたが、このまま同じことを4回続けてもあまり意味がないと考え、3つ目は飛ばして最後の場所へ先回りしました。 

Koshuginza12

すると、先頭で誘導している人より先に着いてしまいました。係員2名が小走りで先導してきました。車両の速度が遅いのは、地上から徒歩で誘導しているためだったんですね。 

Koshuginza13

地下鉄用車両の形式写真が、歪みなく撮れるまたとないチャンス。仮台車を履いているとはいえ、車体の正確な形状や床下機器の配置などが分かりやすいので、将来資料として役立てられるよう撮っておくのが良いですね。まずは先頭の1605。

Koshuginza14 Koshuginza15 Koshuginza16 Koshuginza17

続いて左から順に、1505、1405、1305、1205、

Koshuginza18

6両目の1105.

Koshuginza19

しんがりはもちろん、DD5516.

Koshuginza20

続いて公園へ移動してみると、まだ到着したばかりでした。少し待って9:30頃になると入換が始まり、

Koshuginza21

直進側となる北側の線路へまず6両押し込むと、

Koshuginza22

1605、1505の2両だけ切り離して残りを南側の線路へ移動します。2両ずつ分けるのは、夜間の中野車両基地への陸送を2両ずつ3回に分けて行うためだそうですが、見たことはありません。残り4両も分割するかどうか見守っていましたが、少し待っても動きがないため、あきらめて踏切へ戻ります。 

Koshuginza23

10:00頃、西群線で切り離したヨを引き連れて、川崎貨物へと戻っていきました。

帰りしな、塩浜機関区内でのこの機関車の留置場所を確認した限り、午後に水江線の運用に入りそうな気配がしたのですが、この日は夜までに原稿を修正しなければならなかったので切り上げました。10時半頃に某公園近くへ自転車を返却し、11時過ぎからは銀座のスタバで修正作業に明け暮れることになったのでした。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ようやく脱稿 | トップページ | ★525000アクセス突破★銀座線1000系甲種輸送 »

 L.富士重工/新潟トランシスの機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/57941987

この記事へのトラックバック一覧です: ◆神奈川臨海鉄道千鳥線甲種輸送◆紅のDD5516+銀座線1000系:

« ようやく脱稿 | トップページ | ★525000アクセス突破★銀座線1000系甲種輸送 »