« 【くろがね線を読み解く】第146回■往復で編成長が異なる訳 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第147回■八幡地区岸壁入換用D619 »

2013年9月17日 (火)

★545000アクセス突破★廃線跡に佇む別府鉄道キハ2

 今年4月、山陽電鉄撮影 と国鉄高砂線&連絡専用線の廃線跡巡り、さらには製鉄所の機関車 撮影も兼ねて、播磨工業地帯を訪れました。足は加古川駅のレンタサイクルでしたが、ノルマをこなして夕方に国鉄高砂線の廃線跡を走りながら加古川駅へ戻る途中、市役所の手前で南東方向へ分岐する、いかにも廃線跡と言わんばかりの歩行者・自転車専用道を見つけました。まだ明るいのでついでに寄ってみると…

545000_befu01

途中、廃線跡脇にある公園に車両が保存されており、それが別府鉄道の廃線跡であることを知りました。帰宅後、鉄道ピクトリアルの私鉄車両めぐりの記事と地図を確認すると、保存車両が置いてあったのは圓長寺駅付近のようです。

545000_befu02

車体は荒廃しており窓ガラスもありませんが、解説板は判読可能な状態で残されていました。


545000_befu03

当時の時刻表でしょうか。

 関東の廃線跡は、再開発や宅地化で消えてしまうことが多いですが、関西では廃線跡が比較的きちんと整備されているというのが、個人的な印象です。もっとも、関東では大震災と空襲があったので、致し方ない面はありますが。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第146回■往復で編成長が異なる訳 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第147回■八幡地区岸壁入換用D619 »

▼私鉄の希少車輌 5.近畿」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

トロッコ・保存鉄道」カテゴリの記事

コメント

社長さん、こんばんは。
キハ2も以前見たときよりもまた荒れてしまいましたね。
三岐鉄道60周年記念事業で102号蒸機が西藤原に里帰りしたとき一緒に帰って来るかも知れないと思っていましたが、流石にそう旨くは行きませんでしたね。
別府鉄道の気動車は廃止まで在籍した3両全部が保存されましたが、近所のキハ101はいつの間にか解体。
キハ3は佐久に帰って屋根付きの場所に置かれ一番まともな状態。
別府で末期に使っていた頻度からみると使ってない方が状態がいいようですね。

投稿: 西宮後 | 2013年9月20日 (金) 23:02

西宮後さんこんにちは
残っていたキハはすべて保存されていたのですね。車歴や保存車両には疎いので知りませんでしたσ(^_^;)
気動車は国鉄型以外はあまり詳しくないので、情報いただき助かります。
佐久の保存車両もそのうち機会があれば見てみたいものです。

投稿: 社長 | 2013年9月30日 (月) 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/58215772

この記事へのトラックバック一覧です: ★545000アクセス突破★廃線跡に佇む別府鉄道キハ2:

« 【くろがね線を読み解く】第146回■往復で編成長が異なる訳 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第147回■八幡地区岸壁入換用D619 »