« 【くろがね線を読み解く】第148回■八幡地区D627に小変化 | トップページ | ■大阪市交通局30系■邂逅…そしてラストラン~大日から森之宮まで~ »

2013年10月 3日 (木)

【くろがね線を読み解く】第149回■E8502がシングルアームパンタに換装

 くろがね線の電気機関車は2両現存するが、このうちの1両、E8502形の集電装置が今年になって変更された。

E8502_after20130400

ちょうど全般検査が実施されたタイミングで、

E8502_after20130401 E8502sv02
■集電装置がΣ形に換装されたE8502。公式側前位側(左)と後位側(右)  2013年秋

なんと、前位側のパンタグラフがΣ形(いわゆるシングルアームパンタ)に換装されてしまった。もともと2基あった85ED-1形の集電装置は、1990年代に使用頻度の低い後位側(八幡寄り)1基が撤去されていたが、2年前の姿 と比較すると、今回設けられたシングルアームパンタは撤去側へ増設されたものではなく、わざわざボックスパンタを撤去側に移設したうえで、空いたスペースに設置されたものであることが分かる。

E8502_after20130402

シングルアームパンタのサイドビュー。JRや私鉄各社の電車でよく見かける汎用品のようである。

E8502_after20130403

製造者は東洋電機製造。

E8502_after20130405

上から見るとこのような形態である。

E8502_after20130406

反対側後位寄りから見るとこうなる。

E8502_after20130404

移設されたボックスパンタは、めったに使用されることはなく、畳まれたままである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第148回■八幡地区D627に小変化 | トップページ | ■大阪市交通局30系■邂逅…そしてラストラン~大日から森之宮まで~ »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 E.三菱のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

社長さん、こんにちは。

ED8502号ですが、11月に目撃したところ、早くも八幡側のボックスパンタが撤去されていました。以上、ご報告まで。

投稿: うしやん@炭鉄 | 2013年11月16日 (土) 16:19

うしやん@炭鉄さんこんばんは
そうでしたか。もう撤去されてしまいましたか。。
なんとなく高炉の改修が終わる夏頃に撤去されるのかなと思っていましたが、意外と迅速でしたね。

投稿: 社長 | 2013年11月16日 (土) 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/58315709

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第149回■E8502がシングルアームパンタに換装:

« 【くろがね線を読み解く】第148回■八幡地区D627に小変化 | トップページ | ■大阪市交通局30系■邂逅…そしてラストラン~大日から森之宮まで~ »