« 【くろがね線を読み解く】第152回■落下物で緊急停止 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第153回■八幡構内25Mレール輸送 »

2013年11月11日 (月)

★570000アクセス突破★近鉄モト75形マンモス号

 2013年11月2日土曜日、近鉄の五位堂検修車庫と高安検車区の公開イベントが開催され、両会場を連絡する臨時列車「マンモス号」が運転されました。

Moto77580078_01

 近鉄のEFC(貨物電車)モト75形77・78は、大阪市交通局中央線へ直通するけいはんな線の車両を五位堂で検査する際の回送車両牽引用として使用されていますが、この日は5800系電車6両を間に挟み込み、会場間を移動する乗客を乗せて高安-五位堂間を4往復しました。

Moto77580078_04a

中央線直通用の車両は密着連結器を装備しているため、モトは回送車両連結面側のみ密連に交換されています。しかしこの日の連結相手は密着自動連結器を装備した5800系ですので、連結する向きは通常とは逆、つまり密連装備側が編成の外側に向いて連結されています。密連装備を表す青帯を先頭にして走行するシーンは珍しいですね。


Moto77580078_04b

近鉄沿線のことはよく知りませんが、せっかく知り合いに教えてもらった場所なのでここでも撮ることにしました。スマホを活用すると、GPSから得られた座標データを元に、駅から撮影地までの最短ルートをカーナビの如く懇切丁寧に教えてくれるので、まったく迷わずに来られました(笑)
Moto77580078_03

あまりにも有名すぎるこの橋の南側では、撮影者が溢れて車道にせり出し道路を塞いだため、警察が何度も出動していたそうです。この写真を撮った北側には車道は無く、土手にひな壇も形成できるほどキャパが大きいので、まったく混乱はありませんでした。

Moto77580078_02

モト77と78は、どちらも五位堂寄り(賢島寄り、と言うべきか?)にパンタグラフを装備しているので、行きと帰りでは前パン後パン2通りの表情が見られるのですね。

Moto77580078_05

大手私鉄の象徴とも言える、架線の上の送電線。鉄道事業者がかつて送電事業を行っていた名残で、関東でも京急などでよく見かけます。現在では自社内の変電所間の送電線として使用されているようです。

さて、これで近鉄の貨物電車でまだ走っているところを見たことがないのはモト97・98。3年前のイベントで止まっているところは撮影済 ですが、本線走行をぜひ拝んでみたいものですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第152回■落下物で緊急停止 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第153回■八幡構内25Mレール輸送 »

▼私鉄の希少車輌 5.近畿」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/58559215

この記事へのトラックバック一覧です: ★570000アクセス突破★近鉄モト75形マンモス号:

« 【くろがね線を読み解く】第152回■落下物で緊急停止 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第153回■八幡構内25Mレール輸送 »