« ★輪西派出のスイッチャー★5273レ東室蘭発前入換 | トップページ | ★590000アクセス突破★鹿児島市電100形 観光レトロ電車かごでん »

2013年12月15日 (日)

【くろがね線を読み解く】第160回■若松車輌製80T積スラブ台車

80t2573
■洞岡地区に留置されていたスラブ台車   2012年8月

 2012年夏、スイッチャーの回送を撮影 した際に、空き時間で西八幡の裏手に回り、留置車両を撮り溜めた。この日は、スラブを積んだ状態の80t積台車が留置されていた。

  • 形  式  : 80B-4
  • 記号番号 : フタ2573
  • 車軸配置 : 2-2
  • 荷  重  : 80t
  • 自  重  : 17.6t
  • 製造年  : 1970年(昭和45年)
  • 製造所  : 若松車輌

形式・記号番号を見る限り、くろがね線で使用されている車両である。

80t2573wakamatsu_2

若松車輌は貨車マニアにとっては有名な車両メーカー。貨物列車好きと一緒に話をするとき、この若松車輌や富士車輌、舞鶴重工などを知っているかどうかで、車両研究の指向がある方なのかどうか、割とすぐに分かる(笑) もし知らなければ、機関車好きか、只の撮り鉄である。

80t257380b4

Y製鉄所に納入された若松車輌製の貨車は台車に特徴があり、上のような独特の形をした鋳鋼製のコイルばね台車を履いていると、すぐに銘板を探してしまう(40t積無蓋車にも若松車輌製が多い→こちら )。もちろん他社製と思しき貨車もこの台車を履いていることがあるので、一般の鉄道事業者と同じく、台車振替は行われていると思われる。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★輪西派出のスイッチャー★5273レ東室蘭発前入換 | トップページ | ★590000アクセス突破★鹿児島市電100形 観光レトロ電車かごでん »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63194/58764152

この記事へのトラックバック一覧です: 【くろがね線を読み解く】第160回■若松車輌製80T積スラブ台車:

« ★輪西派出のスイッチャー★5273レ東室蘭発前入換 | トップページ | ★590000アクセス突破★鹿児島市電100形 観光レトロ電車かごでん »