« 【くろがね線を読み解く】第172回■Y製鐵所小倉地区の機関車 | トップページ | ★670000アクセス突破★鹿児島本線2071レ重連運用と811系特別塗装 »

2014年4月27日 (日)

【くろがね線を読み解く】第173回■奇跡の遭遇

 2014年4月27日日曜日の午後、通常であれば入換の実施されない西八幡駅に、珍しくスイッチャーの姿があった。

Nishiyahata20140427sunday

入換は18時頃まで断続的に実施されていたため、大牟田発北九州貨物ターミナル行き1152列車との奇跡的な並びも実現した。

【黄色タンクコンテナとの並びが奇跡的な理由】

 まず、西八幡の入換は、週2~3回、指定曜日のみ実施される。Y製鐵所のスイッチャーは8時前後に構内から出てくるが、通常14時半~15時までには作業が終わり構内へと戻ってしまうため、15時過ぎに通過する1152列車とスイッチャーが出会うことは、通常あり得ない。

また、黒崎以東を走る1152列車が上のように液化塩素の黄色タンクコンテナのみの編成となるのは、海上コンテナの連結されない日曜・月曜日に限られるが、どちらの曜日も西八幡の入換は休業日であるため、出会うことはない。

 通常お休みであるはずの日曜日に、なぜ入換が必要だったのか。その検証は今後の課題である。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第172回■Y製鐵所小倉地区の機関車 | トップページ | ★670000アクセス突破★鹿児島本線2071レ重連運用と811系特別塗装 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第172回■Y製鐵所小倉地区の機関車 | トップページ | ★670000アクセス突破★鹿児島本線2071レ重連運用と811系特別塗装 »