« ★675000アクセス突破★台湾の日本製特急形電車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第177回■2014年春 »

2014年5月11日 (日)

【くろがね線を読み解く】第176回■150mレール輸送用貨車 西八幡構内試走

 2014年4月27日、以前の記事 のとおり15時を過ぎてもスイッチャーがY製鐵所構内へ戻らないというイレギュラーが発生した。その日は八幡駅前のホテルに連泊中であったため、最後まで見届けようと待っていると、

Nishiyahata20140427sunday11

16時を過ぎた頃、スイッチャーに運転士が乗るや否や煙突から煙が出て移動開始。

Nishiyahata20140427sunday12

150mレール輸送編成にリサーチキャビン積載コキ+データ比較用コキを連結した試験編成を側線から引き出してくると、

Nishiyahata20140427sunday13

東ヤードへ引き上げた後、

Nishiyahata20140427sunday14

また元の場所へ戻す作業を断続的に繰り返した。停車場内で試走をしている様子だったが、暗くなって18時近くになると、JRと貨車をやり取りする着発線へ編成を据え付け、スイッチャーはY製鐵所構内へと戻っていった。

着発線へ押し出された150mレール輸送試験編成は、翌月曜朝に170列車として出発する予定の西浜松行き50mレール輸送編成と同じ線路の門司港寄りに留置されていたため、少なくとも出発は170列車の発前入換がある9時40分以降であることがわかる。昨年、同じリサーチキャビンを用いて実施されたチキ5500形の速度向上試験の際は、通常工臨の空車返却に利用される11時前後のスジが使用されたので、今回も同様ではないかと目星をつけ、翌日は朝から張り込むことにした

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★675000アクセス突破★台湾の日本製特急形電車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第177回■2014年春 »

■150mレール輸送」カテゴリの記事

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
いつも読ませていただいています
昨日西八幡を通りかかったら、ロングレールの編成が留置されてました
暗くてよくわかりませんがレールを積んでいたようです
また試運転があるのでしょうか

投稿: DLPP | 2014年10月19日 (日) 19:06

DLPPさまこんばんは。
情報ありがとうございます。ロングレールチキが留置されていましたか。
文面からおそらくリサーチキャビンコンテナの編成と思われますが。
また試運転が実施されるのてしょうね。
今回は運行区間が以前とは異なるかもしれませんが。。

投稿: 社長 | 2014年10月20日 (月) 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★675000アクセス突破★台湾の日本製特急形電車 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第177回■2014年春 »