« ★685000アクセス突破★今年度中に引退する711系 | トップページ | ★690000アクセス突破★大宮工場公開後のSL入換 »

2014年5月27日 (火)

★JR貨物★稲沢機関区のスイッチャー

 2014年2月某日、所属クラブの見学会で稲沢機関区を訪れました。前日から関東地方は大雪で交通機関の乱れが懸念されましたが、幸か不幸かJTBのパックツアーを利用していた私は、東京駅6時台発ののぞみ号しか利用できなかったため、わずか25分遅れで8時半頃には名古屋駅へ到着。1日の行動計画にはほとんど影響はありませんでした。

Inazawa01
■屋上から眺めた稲沢駅構内。二つ見える車輪転削庫は、手前が機関車用で、奥が貨車用。

 日本貨物鉄道(株)東海支社 稲沢機関区はJR稲沢駅構内にあり、機関車検修部門の愛知機関区を併設しています(稲沢機関区は乗務員区)。愛知機関区では機関車や貨車の交番検査と、電気機関車の台車検査を実施しており、車輪転削のための転削庫もあります。転削庫は二棟あり、北側(上写真手前)にある旧転削庫が機関車用、南側(奥)にある新転削庫が貨車用です。車輪転削時には、対象となる車両は自走しないため、牽引用の機械が必要で、機関車の牽引にはスイッチャーが使用されています。

Inazawa04

 機関車用の旧転削庫で使用されているのが、このスイッチャーです。愛知機関区での機関車の車輪転削は一月あたり1~2両しか実施されませんので、このスイッチャーが表に出ることは滅多にありません。このため、存在自体をあまり知られておらず、貴重なスイッチャーといえるでしょう。WEB上で記録を探しても、相互リンク先の西宮後さんのホームページ「西宮後停留場 」のこちらの記事 しか見つかりませんので、如何にレアなスイッチャーなのかがお察しいただけると思います。今回は見学会ということで、特別に外に出していただけることになりました。有難いことです。

Inazawa05

このスイッチャーは、専用線ではない一般の貨物駅で貨車の入換に使用されているタイプ(いわゆる貨車移動機)と同型で、キャブの半分が欠けたそのスタイルから「半キャブ」の通称で知られています。自重は10tのため「10t半キャブ」などと呼称されています。

Inazawa06

国鉄風の呼称で、いわゆる公式側から見ると、キャブ側面とボンネットがほぼ面一になっているのがわかります。キャブの手前のランボード上に置かれている水色の容器には、車輪に塗る潤滑油が入っています。台枠端部に036の記載がありますので、機械番号は06-28-01-036ですね。

Inazawa07a_2

製造者は、貨車移動機製造元として著名な協三工業ではなく佐藤工業富山工場製です。

(弊ブログでは記事分類の都合上、協三工業のカテゴリーに入れています)

Inazawa08

キャブの中にも入れてもらえました。見たところ、協三工業製の移動機と似たような機器配置のようです。

Inazawa09

中でキャブの窓上を見ると銘板がついており、昭和43年9月製造、製造番号は438でした。この手の機関車の製造番号は、沖田さんの機関車表にも掲載されていると思いますが、私の調べた限りでは機関車表のデータは精度に若干問題があることが分かっているので、現物を見られるチャンスがあるときには必ず現物の銘板を確認すべきですね。

いっぽう新転削庫の入換には、アントが使用されています。

Inazawa10

こちらでは写真のとおり貨車の車輪転削を実施しています。貨車は機関車より両数が多いため、稼動頻度も高いようです。アントはリモコン対応で、庫内で旋盤を制御している方が遠隔で動かしています。

Inazawa11

アントの銘板。正式名称は「アント車両移動機」です。

●機関庫内見学

Inazawa21

 機関車の検修設備も見学しました(というよりこちらが本来の目的ですが)。まずは台車検査場から。入場中のEF64形1034号機の台車がモーター・車輪に分解されています。写真右奥に、怪しい機関車がいるのでそちらも見学。

Inazawa22

その正体は、稲沢機関区の秘蔵っ子、EF64形77号機お召し指定機です。ナンバープレートが外されダミーが取り付けられていますが、本物はきちんと保管されているそうです。

Inazawa23

次に交番検査中のDD51形852号機を見学。この機関車は、門司機関区配置で美祢線の貨物列車を牽引していた ほか、東日本大震災直後は東新潟機関区へと貸し出され、磐越西線の臨時石油貨物輸送列車にも使用されていた機関車 です。久々に再会することができました。

Inazawa24

こちらは1146号機の運転台。SG付のため非常に狭いとの話でしたが、スイッチャーのキャブに何度か乗っている者としては、思ったより広いな(笑)という印象です。運転台機器の配置も機能的で、正直あまり機関車っぽくないですね。ブレーキハンドルが自弁・単弁の計2本あるのを見なければ、気動車の運転台と言っても信じる人はいそうです。

Inazawa25

1015号機と1048号機がいたのはEL交検場ですので交番検査中でしょうか。

Inazawa26

そして西側では貨車の検修も実施中です。

Inazawa27 Inazawa28

このコキ106-962は名古屋南貨物へ回送されるようです。上記はその車票で、右のを見る限り車輪転削のためにやってきたようです。なお車輪転削庫と検修庫の間の車両入換は、EF64形やDD51形など、必要に応じてその時に余っている機関車で実施するとのことで、スイッチャーは使用されません。

Inazawa31

 最後になりますが、表に留置されている車両を紹介します。こちらはオフィシャルな保存車両である、コキ72-901です。そういえば川崎貨物駅の脇にある川崎車両所内にも似たような貨車が保存されていましたね。

Inazawa33

こちらは正体不明の保存車両である、ヨ8000形8639たから号塗装と、

Inazawa32

コキ5500形26714。チキ5000形トップナンバーとして落成後、コキ5000に改称、その後デッキが取り付けられてコキ5500形6714となり、コンテナ5個積み→4個積みに改造されて26714となったようです。最高速度95km/hに改造されたタイプではなさそうですが、どうでしょうか(台車銘板まで確認しませんでした。。しまった……)。 他にワム80000形が2両ありました。盛り沢山の内容であっという間に時間が過ぎてしまいましたが、充実した休日を過ごすことができました。雪に負けずに名古屋まで行った甲斐がありました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★685000アクセス突破★今年度中に引退する711系 | トップページ | ★690000アクセス突破★大宮工場公開後のSL入換 »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

 C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

稲沢機関区の見学されたのですね!

ヨ8000の保存車は、たから号タイプに塗装変更してますが、車番ロゴなどを貨物鉄道博物館でお手伝いさせて頂いております。

投稿: 南野哲志(三岐大図鑑) | 2014年5月28日 (水) 19:02

南野哲志(三岐大図鑑)さまこんばんはhappy01
ヨ8639の車番ロゴは貨物鉄道博物館のお仕事でしたか。
持ち主の方もさぞお喜びのことでしょうsmile

投稿: 社長 | 2014年5月28日 (水) 22:10

はじめまして
いつも見させていただいています
去年だったか、このスイッチャーがコキを押して(引いて?)いるのを電車から見ました
どちらの転削庫だったかはよく覚えていないのですが
そんなこともあるんですね

投稿: こばとん | 2014年5月29日 (木) 20:17

こばとんさんこんばんは
コメントありがとうございます。
見学時に聞いたのですが、車輪転削対象の貨車が多いときには、スイッチャーのいる旧転削庫でも貨車の転削を行うそうです。こばとんさんがご覧になったのは、おそらくそれではないかと思われます。

投稿: 社長 | 2014年5月30日 (金) 20:09

社長さん、こんばんは~。
稲沢の半キャブ出てきましたね~。
8:00~17:00の就業時間帯にしか動かないようで通勤中には一度も見たことがないです。

最近は作業頻度が高いのか削正庫前にEF64やDE10が置かれているのを見掛けます。
見た感じでは3~5月頃によく動いているように思います。

アントはほとんど毎日のように削正作業を行っているようで、早番もあるのか通勤時間帯に見ることもありますね。

投稿: 西宮後 | 2014年5月30日 (金) 23:34

西宮後さんこんばんは
コメントありがとうございます
最近また稼動頻度が上がっているのですか。機関車を連結しているのをまだ見たことがありません。
一度岐阜出張のときに名古屋から移動中、転削庫前に出ているのを見たことがありますが、
午後一で取引先に行かなければならなかったので、
稲沢で下車せずじまいでした。
巡り会わせが悪いのか、なかなか見られません。

投稿: 社長 | 2014年5月31日 (土) 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★685000アクセス突破★今年度中に引退する711系 | トップページ | ★690000アクセス突破★大宮工場公開後のSL入換 »