« 【くろがね線を読み解く】第178回■150mレール輸送 空車走行試験 出発前入換 | トップページ | ★685000アクセス突破★今年度中に引退する711系 »

2014年5月22日 (木)

【くろがね線を読み解く】第179回■150mレール輸送 空車走行試験

 2014年4月28日より、150mレール輸送用貨車の走行試験が開始された。ゴールデンウィーク期間中は5月1日から6日まで海外へ行く予定があり4月29日夜に福岡を発つことにしていたので、28日と29日の二日間沿線で見物することにした。

150mtest_empty_t00sh

 今回の空車走行試験は、EF81形502号機と503号機のペアで貨車を挟み込んだプッシュプル運転の形態をとっていた。これは、試運転の両端駅(北九州貨物ターミナルと黒崎)での機回しの手間を省くためと思われる。実際の運転時刻を目視でチェックしてみると、両端駅での停車時間はおよそ5分で、非常に短い(1往復目の黒崎を除く)。初日に西八幡から黒崎へ出場してからの最初の上り1本目は、12:18頃に黒崎を発車した。

 戸畑(貨物)駅跡地は2014年現在このように草生しており、工業地帯の中にあって草原のようである。かつては複数の沿線企業が各々専用線を自社工場まで引き込んでいたものである。貨物扱い廃止後のヤード跡地の承継先は調べていないので定かではないが、国鉄清算事業団へと引き継がれたようで、事業団解散後は北九州市土地開発公社の管理下に置かれている。工場等の誘致にはある程度の広さのまとまった土地が必要で、そのような土地を先行確保するのも公社の事業の一つであった。2014年3月には、その公社も解散した。

150mtest_empty_t00wkt

同じ場所から試運転列車を後追いすると、若戸大橋を一望することができた。橋の右手に見えるマンションの場所には、かつて明治製糖戸畑事業所があり、戸畑駅のヤード(左手の空き地)から専用側線を引き込んで貨物輸送を行っていた。列車の右手には、大光炉材という耐火煉瓦の工場があり、現在でも操業中である。大光炉材は、明治製糖(製菓)とともに昭和45年版全国専用線一覧表に掲載されている専用線所有者であった。

150mtest_empty_t01

下に降りると今度は黒崎行の走行試験列車がやってきた。右手に見えるイオン戸畑ショッピングセンターの場所には、かつて日立金属戸畑工場があり、こちらも戸畑駅から専用側線を引き込んでいた。

150mtest_empty_t03

同じ列車の後追い。目視では85km/hより若干早い気がするのだが……。もしかしたら90km/h以上出していたかもしれない。 

150mtest_empty_spw01

スペースワールド駅では、くろがね線の橋梁をバックに高速で迫りくる様子を見ることができた。くろがね線の列車も一緒に写ったら奇跡的だが、人生そうそう都合の良いことは起こらない。リサーチキャビンの妻窓が開いていて、中の人が前方のチキを確認しているのが見えた。 

150mtest_empty_spw02

この日は502号機が黒崎寄り先頭にたち、 

150mtest_empty_spw03

後方幡生寄りに503号機がついた。

150mtest_empty_spw04

黒崎方面へ過ぎ去っていく、後追い。空車の方がより試運転らしいと感じるのは私だけだろうか。 

150mtest_empty_y01

170列車を何度も撮影している場所で。この場所も国道3号黒崎バイパスが完成して景色が変わってしまった。 

150mtest_empty_t05

戸畑近くの陸橋付近。左手に400mほど進むと、Y製鉄所の事実上の正門とも言える「飛幡門」がある。 

150mtest_empty_kmt00

28日の2往復目は雨が上がったので、若戸大橋をバックに別の角度から。

150mtest_empty_kmt02

雨と風の影響で大変だったが、なんとかノルマをこなすことができた。次回福岡に来るときは、レールを積んだ状態の走行試験列車 を実見してみたいものである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第178回■150mレール輸送 空車走行試験 出発前入換 | トップページ | ★685000アクセス突破★今年度中に引退する711系 »

■150mレール輸送」カテゴリの記事

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに拝見しております。
150mチキですが、5/14頃までは西八幡に居ましたが、5/20にはコキ104もあわせて姿を消しております。本州に試験に行ったのか、はたまた積み込みに行ったのかは不明です…。また目撃したら書込みさせていただきます。

投稿: かなでぃあ | 2014年5月22日 (木) 17:07

かなでぃあさん
またのコメントありがとうございます。
150mレール輸送用編成は、リサーチキャビン積載コキを従えて
今週19日月曜日からレールを積んだ状態での走行試験を開始しているようです。
仰るように14日までは西八幡にいたとのことですので、
15日以降週末に積み込んで、月曜から走行試験を開始したのかもしれません。
「貨物ちゃんねる」の書き込みが正しいならば、走行試験は本日も実施されたようです。

なお実施期間中、編成は北九州貨物ターミナルの上下貨線に留置されていますので(私が4月下旬に目撃した際は上下貨2番線でした)、
西八幡に姿が見えないときは、鹿児島本線の上りに乗って小倉→門司間の南側の車窓を眺めてみると、居場所が分かるかもしれません。

投稿: 社長 | 2014年5月23日 (金) 00:35

こんばんは。

チキ走行試験の撮影、お疲れ様でした。
若戸大橋バックでは、どうやらご一緒だったようですね(汗)
(後追いの背後に映っている市営バスが一致してました・・・)

ご挨拶できず失礼いたしました。

投稿: 蓬莱電鉄 | 2014年5月24日 (土) 22:09

蓬莱電鉄様こんにちは
やはり若戸大橋バックでしたかcoldsweats01 お子さんもご一緒だったものでそうかと。
こちらこそあまりお話できずすみませんでした。

それにしても、1日目は雨と風にやられましたね。実はこの記事の冒頭の場所で1日目の上り1本目トライしたのですが、あまりに暗かったのと、リサーチキャビンが架線柱の真裏に来てしまったので、2日目にリトライしましたです。
若戸大橋のあと、くろがね線も撮れたようでなによりです。(実は私も行きました)

投稿: 社長 | 2014年5月26日 (月) 15:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第178回■150mレール輸送 空車走行試験 出発前入換 | トップページ | ★685000アクセス突破★今年度中に引退する711系 »