« 【くろがね線を読み解く】第176回■150mレール輸送用貨車 西八幡構内試走 | トップページ | ★680000アクセス突破★瀬野八の押太郎EF210形300番台 »

2014年5月15日 (木)

【くろがね線を読み解く】第177回■2014年春

 2014年4月25日、徳島出張を終えて八幡へ移動し宿泊、翌26日は朝一番で西八幡の貨車留置状況をチェックした後、小倉へ移動しレンタサイクルでくろがね線沿線を訪れた。

20140426_e8502t

国道を戸畑に向かって走っていくと、12時半頃であったろうか、交差部で戸畑行きに遭遇した。待ち時間は20分前後。Y製鐵所は、戸畑の高炉改修を終えたばかりで、高頻度運転を実施しているようであった。スラブを戸畑に向けて輸送していった。

20140426_e8502y

20分ほど待つと、今度は八幡行きがやってきた。熱塊カバー台車と冷延コイル台車を連結。

20140426_d704y

最後尾のD704は、連続上り勾配のため、エンジンを吹かして力行中。後部補機が力行する様子を見られるのは、この近辺だけである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第176回■150mレール輸送用貨車 西八幡構内試走 | トップページ | ★680000アクセス突破★瀬野八の押太郎EF210形300番台 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第176回■150mレール輸送用貨車 西八幡構内試走 | トップページ | ★680000アクセス突破★瀬野八の押太郎EF210形300番台 »